夫婦刺客 白石一郎

テーマ:

440円光文社


 戦乱の世を生きる男女の縁が色々と込められた短編集。


てだれの忍びの兄の嫁と暮らす愚鈍な弟、人質となって嫁いでいった

姫様の守り役、暗殺の命を受けた二組の夫婦が、駆け落ちと

その追い人として故郷を出るお話と設定が色々。


 中には儚い最後を迎えてしまう二人もあるが、どれも

共通してどこか綺麗で潔く、読後感がいい。


 たまに男性作家の書かれるお話では、女性が同じパターン

ばかりで心理描写もなく、読み手として感情移入を

しにくい場合もあるが、この作者さんの女性は見事と

言っていいぐらい女性視点に違和感がなく、物語が

悲しい結末でも、幸せな結末でもすんなり受け入れられる。


 全部で七編のお話が納められていて、その中で男女の情愛

絡みでないお話は一つのみ。

 そのお話も、愛でこそないけれど人の感情が

共感しやすく書かれていて読みやすいです。


 しっとりとしたお話を読みたい方向け。

白石 一郎
夫婦刺客(めおとしかく)
AD