北斎殺人事件 高橋克彦

テーマ:

1200円 講談社


 北斎=隠密説はこれが初出?

今でこそ、テレビの世界不思議発見などで

北斎=隠密説が通っているが、これが出版された頃は

ものすごい画期的な説だったと思う。

 北斎は知っていても、何度も改名した事や

日本各地の旅行は、晩年に近い物が多いなどの

普通では見逃す点を、上手く説明。


 登場人物に、一般人である主役だけでなく

上手くまとめてくれる名探偵役が出た点も

前作より読みやすくなっていると思う。

(ちなみにこの後 塔馬はあちこちに

シリーズとして出演している)


 通常に隠密説だけでは、めんどくさいと読み飛ばしてしまい

そうだが、ミステリと絡めた点で浮世絵に興味ない人にも

感心が持てるようになっている。

******************************

高橋 克彦
北斎殺人事件
AD