大年神が彷徨う島 藤木稟

テーマ:

848円 徳間書店


盲目の、美探偵(笑)朱雀十五シリーズで

面白いよ~と無条件に勧めたい本の1冊。

(というより、今の所この後からは

 個人的にいまいちっぽい)


 横溝的・乱歩的なアングロ雰囲気と

ほほうと驚いてしまう博学的知識が

あちこちに散りばめられ、ひとつひとつの

殺人のトリックが暴かれて行くと

なるほど、と納得させてくれる。


 探偵自身はほとんど動かず、(目が見えないしね)

出番は後半のみなので、自分で

謎を拾い集めて行く楽しみ要素もある。

 ただ、快刀乱麻・超絶天才系の超安楽椅子探偵なんて

納得いくかっという方には不向きです。

AD