「悪意」 | 横浜 タロット占いとセラピー 月と雨音

横浜 タロット占いとセラピー 月と雨音

横浜,戸塚,センター北,関内,マリナード,伊勢佐木長者町,上大岡,蒲田,品川,神奈川,東京,群馬
・湯快爽快たや
・横浜表参道マリナードDE月の華
・カフェダイニングプラス
・新星堂Style’s caffee
にて占いやセラピーの対面セッションをしています。

 

 

 

 

 

 

傾聴を学ぶ時は、
意識して「自己開示」をするのですが、

この“自己開示”

年がら年中、全てを開示しているわけではないです。


好意とか、愛情の表現は
相手が不快にならない程度であれば
開示しても大丈夫かと思います。

ただ・・・

この中で厄介なのは・・・

「悪意」です。

 

自分の気持ちを伝える

「I メッセージ」というのを聞いた事があるかたもいるかと思いますが
この「I メッセージ」に悪意を乗せている人がいます。
私も以前はそうでした。

世の中、敵か味方しかいない。
100か0かの世界

と思って生きていましたから、
相当、酷いことをしたり、されたりしていました。
でもね、負けたときは、めちゃくちゃ嫌な気分なんですけど
どんなに優位に立っていて
後味の悪さが残るんです。
今でも、人間ですからうっかり乗せてしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、物事は全くと言って良いほど上手くいきません。
なので、
「まだまだだな~~」と、反省しています。
 

また、人からこの「悪意」を感じる時はあることをします。
相手に何かをするのではなく
自分の中のスイッチの切り替えをするんですね。

意識を向けているポイントを変える事 です。

悪意って、誰でも持っていますし
それを外に出すか出さないかは
人それぞれですから。

悪意を出している人って、特徴があるので
観察していると誰でも分るかと思います。

特に、SNSのコメントなどで、
関係ない人に気付かれちゃうんですよ。

ですから、悪意に対しては
 

同じ土俵で“戦う”のではなく

その土俵から降りる

コレが、自分の身を守る方法ですね。


色々と心に関することを学んでいると
普段の生活に役立つことが増えてきます。
これも、全て流れに逆らわないでいることと
自分との約束を守っているからこそなのかもしれないです。
そしてあと一つ・・・

見えないものに対する敬意も
大切にしているからかもしれません。