「嘆ききった・・・」先には | 横浜 タロット占いとセラピー 月と雨音

横浜 タロット占いとセラピー 月と雨音

横浜,戸塚,センター北,関内,マリナード,伊勢佐木長者町,上大岡,蒲田,品川,神奈川,東京,群馬
・湯快爽快たや
・横浜表参道マリナードDE月の華
・カフェダイニングプラス
・新星堂Style’s caffee
にて占いやセラピーの対面セッションをしています。


テーマ:

夜明けが来る
というカードがあります。

 


だけど、みなさん嫌がるのですけどね。
 

 

 

私も・・・苦手です。
なぜか
自分が傷つく感覚になるからです。
(人それぞれに感じているものは違うかもですけどね)

大人になるまでの段階で
「いつまでも落ち込んでいてもいけない」

「暗い顔をしていても何も良くならない」

確かにそうなのでしょう

でも、そこに
‟無理矢理思い込ませる”
という感情が関わっていたら

暗い人だと思われたくない
嫌われたくない
など他者の視線を自分の意識の
中心に持ってきていたら・・・

自分の気持ちに嘘をつくことになりますね
大人になるにしたがって
これを無意識にやってしまいます。

これが抑圧になるわけで
物事を二元化(白か黒かに)して考える人にありがちで
ついポジティブ・ネガティブと2つに分けちゃう人は
どんどん深みにはまり苦しい状況に・・・

いつもこの感覚になりやすい人は
自分が
二元化して考えるタイプ
と自覚してみる
そして、その上で
ネガティブ・ポジティブと分けられた感情に
どっぷり浸ってみる。

そうなんです。
ポジティブだけしっかり感じるのではなくて
ネガティブにもじっくり浸りきるってことですね。
そうするとその先の世界が広がってきます。

この浸る事を途中でやめて
「さぁ~先に行ってみよう」
と先に進んだ先と
しっかり浸りきってから

「さぁ~その先に行ってみよう」
と進んだ先

雲泥の差になります。
これはやった本人にしか分からないのだけど。
ネガティブも必要なこと
そして、そもそも物事を
ネガティブ・ポジティブに分けるのは
必須ではないですから。

自分の感情を見ないことにして
苦しくなるなら
あえて反対の事をやってみませんか?

案外良い答えが待っていたりしますよ。

 

【いつも自分が感じている感情と ちょっと違った感情を体験できる】

ふんわり風船ハートカードセラピー

は、対面鑑定で出来ます。

おススメは60分ですが
お時間が無い時は30分から承ります。 

対面鑑定)
・湯快爽快たや
・マリナード
・Style's coffee

・カフェダイニング プラス

詳しい日時はお問い合わせ下さい。
お問い合わせ・ご予約 
手紙

 

 

悩める人の背中を押し続け25年トコトン寄りそい占い師月と雨音さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス