【本のこと あれこれ】 since 2004

やっぱり本が好き!2004年11月から本にまつわるあれこれを記録しています。

岩波の子どもの本で、石井桃子さんのオリジナル作品があります。祖父から聞いた話を再話したという昔話です。 

石井桃子 文 初山滋 絵

1954年9月 発行

hoshi* 収録作品

おそばのくきはなぜあかい

おししのくびはなぜあかい

うみのみずはなぜからい 

 

おそばのくきはなぜ赤いのか。それは身分を隠した穀物の神さま(見た目はおじいさん)が川の向こうに行きたいと言い、麦はその願いを断りますが、おそばはおじいさんをおぶって冷たい川の中を歩いて渡ったからなんです。

 

ソバの茎の下はなぜ赤いのか、という由来話は『房総の民話』の中にもありました。

千葉県山武郡で採集した「お月さまのたすけの綱」という話の中です。そのはなんと…人食い鬼の血なんです。

 

おししのくびが赤い理由は、おししがさるとの知恵合戦に負けたから。森の王様だと自負しているおしし。さるが遊ぼうと誘いにきたとき、さるのようなちびと遊ぶのはおかしいと笑います。さるは負けていません。ちいさくたってりこうだと、おししとのかけっこを知恵を使って引き分けに持ち込みます。翌日、おししの方からさるの元にやってきて言うことにはわがはいが どのくらい えらいか みせてあげよう。そうして大きな声で吠えようとします。一度吠えると地面が揺れ出す。二度吠えると木が倒れる。三度吠えると首が飛んでしまう。それを聞いたさるは、おししが三度吠える前に、こっそり両方の耳にこけをつめたのです。おししは真っ赤になって唸り、吠えます。すると飛んでしまったのはおししの方の首でした…さるはその首を唐草模様のふろしきに包み、お友達に見せようとしますが、ふろしきは首にくっついて、もう取れなくなっていました。獅子舞がかぶる獅子頭は、そのときのおししの首だということです。

 

海の水はなぜからいか。それは、海の底に沈んでいる石うすが、ずっと塩を出し続けているから。その石うすは、貧乏な弟がこびとから得たものでした。金持ちでいじわるなにいさんが、お米を借りに来た弟を追い返した道すがら、弟はおじいさんに出会います。困っている弟におまんじゅうをあげ、こびとたちがこれを欲しがるだろうから、石うすと交換しなさいと言ったのです。

その石うすはこびとたちの大事な宝で、右に回すと欲しいものが何でも出る。左にまわすとそれが止まる。貧乏な弟は、そのおかげで立派な家で、たくさんのごちそうでお正月を迎えることができました。村の人たちを大勢呼んで、お祝いしていたところ、いじわるなにいさんもやってきて石うすの秘密を知り、持ち去ってしまうのです。舟に乗って、石うすといっしょに盗んできたごちそうを食べたら口の中が甘くてたまらなくなり、塩を出そうと石うすを回し、どんどん出てきますが、止め方がわからない。よくばりにいさんは舟と石うすもろとも、海の底に沈んでしまうのです。

 

*

あらすじをわたしのことばでまとめてみましたが…

読めば読むほど、石井桃子さんの文章は、やさしいことばで過不足なく、おはなしが語られていることに気づかされます。

すでに63年も前に発行された本ですが、これからも残っていくことでしょう。ぜひ、これからの若い世代の親子にも読んでもらいたいおはなしです。

 

ブログテーマ一覧は本こちら本です

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

読者登録してね

右矢印【産後の読書案内】 産後を見据えて産前に、これからの人生を見据えて産後に。読んでおきたい本をご案内します

右矢印【きょうのパン あしたのパン】 元保護犬・愛犬パンの日々

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。