秋も深まってきましたね。
空の高さと朝晩の肌寒さに、やっぱり季節は移ろっているんだなぁと感じます。


最近は、日々お稽古で食欲の秋が進んでおりますが…(^_^;)
芸術の秋を彩る観劇のご予定に是非加えて頂きたく、お知らせでございます。


シアターキューブリック
『十二階のカムパネルラ』
作・演出 緑川憲仁

11/21(水)~25(日) 浅草九劇


わずか33年で幻のように姿を消した巨塔『浅草十二階』。
日本一を誇る繁華街のシンボルが崩れ落ち、やがて日本が暗黒の時代に入っていこうとしていた頃ー遠く岩手、花巻の地。37年という短い生涯で多くの作品を残した宮澤賢治。
浅草十二階と宮澤賢治。
流星のように時代を駆け抜けた2つの奇跡に訪れる、切なくもあたたかいクリスマスのお話。


☆役者群☆
高橋茉琴 片山耀将 谷口礼子
千田剛士 榎本悟 眞美
今氏瑛太 金田理佐子 坂本実紅佐藤沙予 品川ともみ 千葉太陽

●公演日程●
21(水)19:30
22(木)19:30
23(金)14:00/19:00☆
24(土)14:00/19:00
25(日)13:00☆/17:00

☆日替わりグッズ店長の日

前売4500円 当日4800円
【全席指定席】


詳細はこちらからどうぞ!
公演サイト⇒qublic.net/12kai

チケットのご予約は⇒
https://www.quartet-online.net/ticket/12kai?m=Odccjec


もしくは佐藤までお申し付け下さいませ。


お忙しいとは思いますが、ご検討頂けましたら嬉しいです。

佐藤もたまにはきらきらします!(o^o^o)
久しぶりにダンスもします!


長文最後までお読み頂きありがとうございます。
朝晩冷えて参りましたので、風邪など召されませんよう。


佐藤沙予
梅雨の時期、舞台に立ちます。
初めて出演する団体です。

毎度ではございますが、
お知らせさせて下さいませ。


ガラ劇 第十九弾
『李氏アドン三世』
~リャード三世を聞きながら~

作・演出 ガラ林



●公演日程●
2018年6月20日(水)~24日(日)
中野ウエストエンドスタジオ


20日(水) 19時
21日(木) 19時
22日(金) 14時/19時
23日(土) 14時/19時
24日(日) 12時30分/16時

☆受付開始は開演時間の45分前、開場は開演の30分前になります。

●チケット●
前売 3800円 当日 4000円
学生割 2500円 高校生割 2000円リピート割 3000円

※学生割・高校生割共、予約のみのお取り扱いとなっております。リピート割はご観劇当日に必ず半券をお持ち下さいませ。


●キャスト●
ガラ林
宇津恵利花

大里冬子 小名木美里
齊藤圭祐 竹田航
朴チャンヒョ 福田航

赤星雨 岩崎舞
佐藤沙予 篠原ありさ
鈴木貴大 関口裕也
辰巳晴彦 仁科亨
雲雀史隆 南川太郎
若山武蔵


西暦7世紀頃
半島では 北を高句麗 南を百済
と国を隔てて争っていた。

北の高句麗の王は二人の妃をめとり、二人の妃から三人の王子が生まれた。
そして高句麗の王は死に、悲劇の導火線に火が着いた。

王位継承権を持たぬ側室の子
三男として生まれたアドンは
汚れた血を呪いながら
高句麗を我が手にしようと
兄を暗殺し、その幼子まで手にかける。

リャード三世が

李氏アドン三世として
蘇る!!


独特な舞台まわり、身体表現で
言葉の調べと遊びと美しさと
ガラ版シェイクスピアを繰り広げて参ります。
久々に濃い佐藤をお目にかけたいと思っております。


ご予約の際は下記フォーム、
もしくは佐藤までお申し付け下さいませ。
http://ticket.corich.jp/apply/91893/015/


長文最後までお読み頂きありがとうございました。
ご検討頂けましたら幸いです。


佐藤沙予
あっという間の梅雨明け。水不足が気になる程に。
今年の夏は長くなりそうですね。
つい最近までシェイクスピアの世界におりましたが、此度は今週からの朗読劇のお知らせです。
目と耳と、両方で楽しんで頂ける作品になりました。


AGE of FLAME 白亜紀篇
song of Dragon -刻の彼方に歌え-
作・演出 佐々木総

2018年7/3(火)~8(日)
東中野バニラスタジオ

3(火)19時
4(水)19時
5(木)14時/19時
6(金)14時/19時
7(土)13時/18時
8(日)13時/18時

前売り・当日 2500円(全席自由)※受付開始・開場時間は開演時間の30分前です。

遥かに過ぎ去った時の彼方、白亜紀の終末。永きに渡って繁栄を謳歌した「龍たち」に迫る、「K-Pg境界」と呼ばれる大絶滅。地球上の生物の99%が死に絶えた滅びの季節を、彼らは如何にして迎えたのか?ただひとつのテーマを追い続ける演劇ユニット-Cleio-が贈る朗読劇、”EPIC-READING”の第一弾。


実は朗読劇に参加するのは初めてなのです!まだまだ演劇的初体験は残っているものですね(^-^)
朗読劇の観劇経験もあまりないものですから、Cleio流朗読劇かなり斬新です。


ご予約は下記フォーム、又は佐藤に直接ご連絡頂けましたら、小躍りしながら承ります!
https://.quartet-online.net/ticket/aof3?m=0ieecga


長文最後までお読み頂き誠にありがとうございました。


ご来場心よりお待ちしております。

佐藤沙予