犬と私の10の約束 | 今、想う事。感じる事。

今、想う事。感じる事。

気ままに不定期更新中★何を言いたいんだかわからないレビューや日々の色んな事を私なりの言霊に乗せて。


テーマ:

犬と私



犬と私の10の約束(2008年、松竹)汗汗汗ドキドキ
http://www.inu10.jp/
監督:本広克英
出演:田中麗奈、加瀬亮、豊川悦司、福田麻由子、高島礼子、他
  
  
  
北海道・函館で暮らす14歳の少女あかりの家の庭に、
ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの
子犬が迷い込んでくる。
その子犬に“ソックス”と名前をつけたあかりに、
母は犬を飼うときは犬と「10の約束」をしなければならないと教えるが…
  
  
北海道の函館を舞台に、一匹のゴールデン・レトリバーと少女の
かけがえのない10年間を描く感動作。
犬と人との約束事を記した作者不詳の短編詩「犬の10戒」をモチーフに、
『ゲゲゲの鬼太郎』の本木克英監督が切なくも温かなドラマを描き出す。
ヒロインあかり役に『夕凪の街 桜の国』の田中麗奈、
幼なじみの青年に『硫黄島からの手紙』の加瀬亮。
犬はペットとしてだけでなく、
かかわった人々の心を癒す大切な存在だと気付かされる。
(Yahoo!ムービーより引用)
  
  
  
この作品は、加瀬亮くんが出るため(笑)
ずっとチェックしていた作品。
またしても、会社のツッチーが試写状をくれたので、
汐留の会社の友達を誘って、スペース汐留にて鑑賞!
  
  
油断していた。
加瀬くんが出るというだけで、かなり油断していたのだが、
私は犬と子供が出てくる映画には滅法弱い。
始まって10分も経たないウチに涙が出てきた。
何の事はないシーンでもついついジーンときてしまうのだ。
  
  
我が家では、ペットを飼った事がない。
理由は簡単。自分達よりも先に死んでしまうからだ。
だから私はペットがいる人の気持がわからない。
というよりも、昔から羨ましいとさえ思っていた。
  
  
この映画の中では、ペットではなく、家族として、

同じ時間を過ごした犬のソックスとあかりの物語を描いている。

一人っ子で、早くに母を亡くしたあかりの、

忙しい父に代わって寂しさを埋めてくれる存在だったソックス。

ソックスの成長とあかりの成長を解りやすく描いていると思う。

  

  

しかも、子役の福田麻由子ちゃんと、成長した役の田中麗奈さんが

本当にソックリで、何の違和感もなく、一人の少女の物語に入り込めた。

時折登場するピエール瀧さんの存在が笑いを誘うのだが、

全体的にはとても暖かい物語である。

  

  

もちろん、我等が加瀬くんもクラッシックギターを奏でるシーンは見事だし、

”世間と挫折を知らない優しいお坊ちゃま”に成り切って、好演している。

田中麗奈さん、加瀬くん、福田麻由子ちゃんの、どこかおっとりしていて、

毒されていない役柄が、北海道の人を連想させるのだから、不思議である。

そうそう、加瀬ファンの方、今回加瀬くん歌ってますよ!

これも見所かな(笑)

  

  

ひとつどうしても気になるのが、父演じる豊川さんの黒さ。

恐らく前作が「サウスバウンド」辺りだったのでは?と思わせる程の日焼け具合。

北海道のお医者さんが、あそこまで黒いっていうのは…大人の事情?(笑)

  

  

とにかく、とにかく、ハンカチ必須!

絶対に油断しない様に!!!(笑)

この作品は、3/15(土)から全国ロードショー。

ハンカチ持参で是非劇場へ!

    


ランキングに参加しています↓

良かったら、ポチっと押して下さいね^^

  ビジネスブログ100選 

NORIKO SATOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス