スポーツ界の“名声ベスト100”結弦くんが今年も破格のランクイン!! | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日2本目

今日も、朝からウッキウキだったね音譜

そして、もう一つ、

素敵なニュース。


米国スポーツ専門局「ESPN」が毎年発表する、スポーツ界の”名声ベスト100”(ESPN World Fame 100)に、結弦くんが2年連続で、今年も選ばれたんですウインククラッカー
http://www.espn.com/espn/feature/story/_/id/26113613/espn-world-fame-100-2019

「2月の平昌五輪、4分間のFS演技で、ユズル・ハニュウは世界を釘づけにした。
この日本のフィギュアスケーターは、右足首損傷のために数週間前までジャンプの練習もできなかったのに、その怪我を忘れさせるような演技を成し遂げた。そしてウィニー・ザ・プーが雨のように降り注ぎ始めたとき、誰もが金メダルは彼のものだと確信した。AISHWARYA KUMAR(意訳:まさ)」

「Yuzuruはミステリーなんだ。YUZURUは、ミステリアスな部分を残しておくのが好きだから、Yuzuruはいつも、ミステリーだ。ハビエル・フェルナンデス(意訳:まさ)」


この100人のアスリートは、独特な選び方をされるんです。
Web検索数、スポンサー収入、そして、アスリート本人のSMSフォロワー数、この3つを元に、ランキングが決まるんです。



(参考記事は、この記事の最下部に掲載)

去年初めて選ばれた時、
http://www.espn.com/espn/feature/story/_/page/WorldFame/espn-world-fame-100-2018
そもそも、日本人として唯一のランクイン、それだけでも、超絶名誉なことだったんだけど、



そのランクインの仕方が、また結弦くんらしいナナメ上っぷりキラキラ

ランクインした100人のアスリートは、結弦くん以外全員がSNSをやっていて、膨大なフォロワーを持っていた。

結弦くんは唯一、SNSフォロワー数のポイントがゼロって状態で選ばれたってこと。

それだけじゃない。
「スポンサー収入」も、不明だった。

つまり、サーチスコアだけで、他の錚々たる有名アスリートに交じってランクインしたってこと。

この前のローレウス賞にも当てはまることだが、
選ばれたアスリートは、ほとんどが夏のスポーツの選手たち。

2018にランクインしたアスリートの中でウィンタースポーツの選手は、結弦くんをいれて、たったの3人だった。(スノボのショーン・ホワイト選手など)


もちろん、去年も今年も、フィギュアスケート選手で選ばれたのは、結弦くん、ただ一人。

結弦くんの平昌五輪での連覇が、どんだけ世界に衝撃と感動を与えたか・・・ってことだよね笑い泣き


その平昌五輪から1年以上経ってるけど、
忘れ去られるどころか、
順位が上がっている
ところも凄い。

さすがに今年は、スポンサー収入がポイント換算されてるけど、
それでも、SNSをやってない唯一のアスリート。

つくづく、世界から”求められてる”存在なんだなあって実感音譜ラブ


ところで、
一緒にランクインしてるアスリートたちの顔ぶれ見ると、なんていうか、みんな、凄いゴリマッチョ・・・。




結弦くんって、
ありとあらゆる固定概念を打ち崩し、
多様な価値観を生み出す泉のようなアスリートなんだなあラブラブ
またまた、うっとりラブ


これだけ、世界に注目され、

スポンサー収入もフィギュアスケート界ダントツの結弦くんに対して、

スポンサーあってのフジテレビは、

どんな扱いをすべきか、

今、一所懸命に考えてるところかもしれないですね。


そして、

そのフジテレビは、

フィギュアスケートの金メダリストのスキャンダルをテーマにした怪しげなドラマを作ってましたよね。

しかも、そのドラマには、スケ連のフィギュアスケートの「いちばんエライ人」が”協力”してましたよね。

あれって、いったい、どういう意味だったんでしょう?!


結弦くんの美しさと強さとフェアプレイ精神に共鳴した企業がこぞって応援している今、

結弦くんを応援する企業に対して、

どんなメッセージをフジテレビは発信するんでしょうね。

そういう意味でも、いよいよ、楽しみになってきました。






ブログランキングの方にも、ぽちっと1票、
クリックしていただけると励みになります(*´ω`*)


最近の記事
羽生結弦は宇宙だ~「KISS & CRY」レビュー
雪肌精ゆづCM出演と3.11の星空と・・!!
「自分ができること」を「全うしたい」~一人の被災者から始まった結弦くんの心の旅
今日の「えぶり」~ 結弦くん、復興過程から貰った力に
羽生選手にエールを!凄い勢い\(◎o◎)/~コーセーさんありがとう!!
(動画追加)雪肌精ゆづ、ロング版、TV報道、次々とっ!(^^)!
(追記&続報2)”かわいい動物が大好きなんです!” & 昨日一昨日の2番組
今日はホワイトデー! / フモさんに大感謝!!!!


感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について



(参考記事)
◆羽生結弦、2年連続で世界のアスリート名声トップ100入り! 錦織は2年ぶり返り咲き(2019.3.14(木) 9:07)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00054817-theanswer-spo
驚くべきは羽生だ。フィギュアスケート界からは唯一のランク入り。さらに100人の中で唯一SNSを展開しておらず、この項目の加点は0。「サーチスコア」とスポンサー収入だけでランクインしている唯一の存在となっている。

 1位はクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、2位はレブロン・ジェームズ(米国)、3位はリオネル・メッシ(アルゼンチン)と誰もが納得の世界的スーパースターがトップ3に名を連ねている。


◆羽生結弦が世界のアスリート名声トップ100入り! 日本人、SNS展開なしでは唯一
https://the-ans.jp/news/24089/2/
毎年恒例の世界アスリート番付では68か国から600人の候補者を選出。そこからESPNスポーツの分析グループが格付けを行うが、その評価基準は3つ。「サーチスコア」というインターネットなどでの検索回数、スポンサー収入、そして、自身のソーシャルメディアでのフォロワー数で決定されている。
 ソチ五輪に続き、平昌五輪で連覇を果たした「Yuzuru Hanyu」は70位だった。昨年20位だった男子テニスシングルスの錦織圭(日清食品)は圏外となり、日本人アスリートで唯一の選出となった。
 今回のアスリート100傑でSNS展開をしていない唯一のアスリートで、「ソーシャル・フォローイング」の項目はただ一人加点ゼロとなっている。様々なCM出演を果たしているカリスマだが、スポンサー収入も「不明」とされた。
 検索回数でのポイントだけで、100傑入りは、今番付で唯一の存在となっている。平昌五輪前の右足故障という危機的状況を乗り切り、金メダルを獲得したが、世界中で巻き起こした感動の大きさが改めて浮き彫りになった格好だ。

まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ