小塚くんの結弦語り~大絶賛かと思いきや・・・年末のスポーツ〇閣 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
小塚くんが結弦くんの凄さを語るという予告のあった、30日深夜の「スポーツ内閣」(近畿圏、毎日放送の番組。宮城でも放送あり。)について、書いておきますね。

実は年内にUPするつもりで書いてたんですが、結局、書きあがらず。今ごろのUPで恐縮です。どんなだったか気になってる方もいらしゃるかと思うので、。


※つべ動画、第二部全体の1時間27分。結弦くんの話題は0:15:57から。
https://www.youtube.com/watch?v=neFxc6Ue5gI

まず、状況について、ちょっとおさらい。

小塚くんといえば、名前泥棒芸人の「羽生ゆずれない」と懇意にし、「チーム小塚」などと盛り上がっている上、真嶋 夏歩という陰謀論で有名なライターの著作に寄稿したりと、どうにもこうにも、なんと説明したら良いのやら。元スケート選手という肩書でマスコミの仕事をする者としての自覚があるのかしら?という状態。(文春砲については、「青少年のお手本にならない行為」をする際に名前泥棒芸人と一緒だったことで、何の関係もない羽生選手を巻き込むという大迷惑をかけたという点で、絶対に許せないと思っています!!!)

明かなゆづサゲ案件としては、11月に結弦くんが怪我した時には、「不注意」と非難した件がありますが、
◆喜べない羽生らしいV「けが」細心注意を/小塚崇彦(日刊スポーツ2018年11月18日)より 「限界で戦っており、高いレベルで難しいことをやっているから、しょうがないとはいえ、けがには細心の注意を払うべきで、去年も今年も同じようなけがをした。すべてが本人のせいではないが、やはり不注意という部分もあるだろう。
けがをすると、ジャンプの構成を落とすことになる。結果、今回のようにリカバリーもうまくいかず、羽生選手が「滑りたい」と思っていたプログラムもできなくなってしまう。「けがをして頑張る」のではなく、「けがをしない」という予防も含めて、どう克服していくか、今後の五輪王者の滑りに期待したい。(10年バンクーバー・オリンピック代表、11年世界選手権銀メダリスト)」

その後、全日本の公式練習で怪我をし、歩けないほど痛くて棄権も考えながらも出場した昌磨くんに対しても、同じように注意喚起するかと思いきや、絶賛するというダブスタ状態。
◆けが抱えた宇野の信念 ジャンプにすごみ/小塚崇彦



いくら、マスコミの入っていない講演会などで、結弦くんを褒めていたと聞いたとしても、
マスコミの前で、これだけ結弦くんを非難し、迷惑をかけていては、

今さら、アイリン手袋をつけてマスコミの前に出てきてくれても、

結弦くんへの敵意(あるいは、敵意を持った「仕事の依頼主」への忖度)でいっぱいなんだろうなあ、という印象はぬぐえません。


そんな小塚くんが、結弦くんを絶賛するという「スポーツ内閣」。

モルドレッドさんのツイートを元に、内容をご紹介しますね。




小塚くん、解説を始めるやいなや、
いきなりの大絶賛!
「もちろん、この瞬間、私も見てて、鳥肌が立ったんですよ。」

いつもは冷静で集中している羽生選手が、
FSを滑り切った直後に
「これだけ叫んでいる。熱いです。」

その理由は、
「怪我が一番大きかったと思うんですよ」
武井壮「僕はちょっともう、ダメか思ってたんですよ。SPで完璧にこなして、えええっ?って思って。」

「ミスが見当たらない完璧なプログラム」だったが、ソチではフリーでミスがあったことに言及し、

「フリーではミスをしてしまうんではないかと考えられたんですが、それをも跳ねのけて66年ぶりの二連覇。緊張感の中で最後の最後まで持たせて、怪我を感じさせない演技をした。終わって、コレ!

(フリップ)喜びの感情をむき出しに」

あそこまで感情を爆発させるのは、珍しいんでしょうね、に対し、
「僕はいつも、結弦ってよぶんですけど、結弦があんなに叫ぶっていうの、びっくりしました」

(え?結弦呼び?!本田先生の真似?!佳菜子ちゃんも驚いてる・・・)

結弦はいつも、クールなんですか?に対し、
佳菜子「ゆづはいつも、テレビで見るまんまなんです。片づけたり。普段から、ちゃんとしてる。同い年なのに、なんでこうも日がうんだろうと思うくらい」


そして佳菜子ちゃんから、結弦くんの五輪二連覇にかけた思いの解説。
次に、
「スケーターだからわかる羽生選手の超絶テクニック」として、
技術面を小塚大使が解説!!

イーグルからの4S、そしてイーグルを紹介。


フツーにやってるだけじゃない?・・と不思議そうなスタジオ民に、

佳菜子「これ、難しいですよ、私、できない!」

「簡単そうに見えるけど、この中に物凄い技術が詰まっている」
と、技術力の高さを強調。


リンクで実演解説。
まずは小塚大使が「一流の滑り」を披露。(2Aだけど)

まずイーグルを解説。
ポイント「足を180度開く」
(あ、アイリン手袋してる・・・)
バランスと筋力が必要。
それをジャンプの前にやるのがミソ。


次は、サルコウの跳び方を説明し、
イーグルからのサルコウを実演。
「4回転じゃなくて3回転でやらせてもらえますか?」
え?4回転でやってくれないの?に対して、
「4回転できたら、僕、試合に戻ってますから!」
(なんだか、現役の時はできてたよ感・・・)

小塚大使、イーグルから3Sを鮮やかに実演。

羽生選手のサルコウの特徴は?
「高さのある、幅もある綺麗な放物線を描いてる。」


「放物線をキレイに描いてないと、得点(GOE)が出ない。その上で、難しい「入り」や「出」をすることで、より点数が上がっていく。
サルコウとイーグルを繋ぐのが難しいんですか?
他の選手でも、やろうと思えばできる。


え?え?え?
他の選手も、できるんですか????

そんな一般的な技だったなんて、
聞いた事ないよ~びっくり


「ただ、試合の緊張感の中で、ジャンプでミスをしてスピードがなくなったら、イーグルはつけられない。

自信がないとできない。この一連の流れを作り上げるのが難しい。」

そして、イーグルサンド3Sの実演。
「これを4回転でやるのが、彼の凄さ」


でも・・・3回転でできても、それを4回転でやるには、そこに大きな壁があるってことや、

練習でできることを本番で同じように成功させることが、フィギュアスケートの場合はどんだけ難しいことなのかってことには全然触れず、

「自分も、現役の頃はできてた感」を漂わせてるあたりに、

小塚くんらしい負けず嫌いな面が見えてくる・・・というか、

織田くんや無良くんみたいに、

「僕には絶対無理、これ、ほんとに難しいから!」とは言えないところに、

結弦くんの凄さを伝えるよりも、

結弦くんは、メンタル強かったし、
想いも強かったから五輪で金メダルを獲れたんだよって、

そんなに技術に違いはないよ~からの、

自分の得意技、イーグルを披露したかっただけ?みたいな???

むむむむむ・・・。




「少しでも、点数を稼いでいく。
(出にイーグルを付けることで増えるのは)1点くらい。わずか1点のような気がするけど、1点違うと順位が3つ違うこともある。
要素数は決まってるから、いかに点数を積み上げていくかが大切。」
実演解説終了。

その後、小塚くんの技。小塚くんならではの技を見たいです、というリクエストに。
逆回転。
トリプルの後に、逆回転のダブルをつける技の披露。
「回転不足だったけど、自分の中では大満足のジャンプ」と。
以上です。


凄いねえ~、逆回転でジャンプできるなんて!!!



で・・・

結局、何が言いたかったかというと、

メンタルが強いことは認めるけど、技術の差は少ないって言いたかったように感じるよ。

そして、自分の得意技を披露したかった・・・と。

(私の色眼鏡でしょうか?)


もちろん、リンクで実演解説するって企画だったから、

それなりに実演できないと困るというのはわかるけど、

バックアウトカウンターからの3Aでフリーレッグ即上げ、とか、

両手をあげたハイドロとか、

他の選手にはできない技が沢山ある中で、

自分の得意技であるイーグルを用いた、

イーグルサンドのサルコウを選んだあたりに、

小塚くんの内面に潜むなにかを見てしまったような、

なーんか、複雑な気分になってしまったのでした。

(ひとりごと)
小塚くんって、技術さえあれば、それを本番で成功させるメンタル力がなくとも、どうってことないっていう考えの人なのかなあって思いが、また強くなってきました。
2015年世界選手権で、小塚くんはSPグダグダ19位で、総合12位になって、その結果、枠が2つに減ってしまったのだけど、なぜそんなにひどい演技になってしまったかを、「なんかやる気が出なかった」的な理由だと、悪びれずに答えていたのが忘れられません。でも、あまり話題にもならなかったみたいで、一人、頑張って2位だった結弦くんが、枠を減らした張本人みたいにバッシングされてたんですよ、当時。(ちなみに、一緒に出場した無良くんは演技後泣いてました・・・。)


あーーー、なんか、こーんな記事を書くのに、すんごい時間をかけてしまった自分に自己嫌悪。

でも、こういうものは誰かが記録に残しておかないと、なかったことになっちゃうので、それも悔しい。

面白くもない記事で申し訳ないのですが、私の努力に免じて、ランキングボタンをクリックしていただけると、本当に、心から、嬉しいです。




最近の記事
最後に支えたのは、ジスランコーチだった・・
ジスランコーチが、平昌五輪に帯同できるようになるまでの舞台裏
野口美恵氏がウソ記事を書いた証拠 / ゆづ本レビュー(文藝春秋1月号)
ジスランとの熱いハグ / 凄過ぎ(笑)な動画(体操白井くんの女子演技完コピ)
日経原真子記者の記事/全日本後バイキング、とくダネ
新年も、結弦くんを全身全霊で応援していきます!!!
スポニチ付録、GETしましたか?/新年も結弦くんが沢山・・・(*´ω`*)

感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について


まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス