フィンランド大会の視聴率がダントツ!! 結弦くんが日本シリーズを押さえて首位的な数字 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日4本目

先週は、スポーツ観戦好きにとっては、
見たい試合が沢山あって、時間も、テレビの画面も、
全然足りない週末でした。

ウチの場合、夫は日本シリーズの応援のために、
仕事のスケジュール調整をする勢いだし、

以前からブログに書いてたように、
私は体操の応援にも気合込めてますし、
駅伝は、夫が毎回、テレビの前に陣取って動かなくなるやつ。
テレビ画面を2分割で見たり、
泣く泣く、寝室のちっこいテレビで見たり、
大変でしたよ、もう~ショック!

唯一の救いは、北米での試合が何もなかったこと。
もし、これがカナダやアメリカの試合と重なっていたら、
仮眠すらできなくなり、
倒れてしまったでしょう。
(ま、今回も、誤って、書いた記事を削除してしまう等、
 体力の限界スレスレのワタクシでしたが。)

そんなこんなで我が家は目いっぱい、観戦してましたが、
世間では、どうだったのでしょう?

ちょうど視聴率が出たそうです。



おおおおお!!!!

凄いっ!!!!!




◆週間高世帯視聴率番組 VOL.44
  2018年 10月29日(月)~11月4日(日)


(ピンク、緑、紫の囲み線は、ブログ主が加えたものです)
https://www.videor.co.jp/tvrating/


・・・す王冠1王冠1い・・・!!


プロ野球の日本シリーズよりも、フィンランド大会の方が高いじゃんラブ

マイナースポーツ扱いだったフィギュアスケートが、

それも、世界選手権や五輪とか全日本とか、
そういう最高レベルの決戦大会でもない、
GPSの一つの試合に過ぎないのに、

日本シリーズの最終決戦よりも注目度が高く、
沢山の世帯でリアルタイムで観戦していた人が多いってこと。

最も高い世帯視聴率を叩き出したのは、
結弦くんが優勝を決めたFS放送の4日夜
で16.2%。


これは、他のジャンルと比べても、凄い。
同日同時間帯では、ダントツ1位だし、

この1週間の中でも、上回ったのは、
朝ドラと笑点、イッテQ!だけ。

すごい~!!!


なかでも瞬間最高視聴率は、結弦くんのFSの得点が出た瞬間で、20・7%だったと。

SPでダントツ1位の点が出た瞬間が21.2%!!ちなみに、このSPは、日本シリーズで優勝が決まった日の放送の裏番組だったのに、この視聴率。

野球の日本シリーズはこのSPに次いでの4位と7~9位でした。
SPの最高瞬間視聴率こそ、3日の日本シリーズの21・4%に0.2ポイント及ばなかったものの、
まだSPなんだもん、それと最終決戦の比較ということだったら、
充分に驚くべき快挙って言って良いと思う。

高視聴率を叩き出し、
国民への影響力ハンパないスポーツとして、
フィギュアスケートの地位を、
これまでにないレベルまで高めてくれた結弦くん。

日本スケ連から感謝状が出ても良いレベルかと。

尤も、結弦くんの出る試合の視聴率が高いのは、今に始まったことじゃない。私がブログで記事として取り上げるエネルギーが足りなかっただけで・・。


結弦くんが出ていない、他の試合も、同じくらい視聴率が取れたら良いのにね。

ちなみにカナダ大会(宇野選手、友野選手、樋口選手、山下選手、松田選手 出場)では、 

●10/27(土)23:20-01:25(日本シリーズ延長後)
 男女ショート 5.8% (スポーツで9位、裏番組「下町ロケット」14.7%)

●10/28(日)21:00 - 23:05
 男女フリー 8.7% (スポーツで5位、裏番組「プロ野球日本シリーズ」9.8%)

SPは、ゴールデンタイムだったら、もうちょっと高かったかもしれないけど、そしたら「日本シリーズ」の12.8%に食われてしまったかもね。

結弦くんが出なくとも、他のスポーツよりも視聴率がとれるスポーツになって欲しいな、フィギュアスケート。

そのためには、もっと、スポーツとしての面白さが、しっかり伝わるように、メディアは頑張って欲しい。

フィギュアスケートの試合を
今だに、
顔芸や腰フリ、髪かき上げといったお色気作戦で得点が掴めるお遊戯スポーツだと誤解させるような物言いや記事が、今年も沢山出ていますが、

そういった記事は、興味半分に読み捨てられるだけで、実際に視聴者を、彼・彼女らの貴重な時間を使ってテレビの前に座らせる力には、なりません。

競技としてのルールの面白さを、もっと知らせるべき。

ルールの中で、
技術と強さ(人間の究極の身体能力とメンタルコントロールのぶつあり合い!!)の極限状態を発揮する戦いが行われていることを、
そのために、
選手たちがどれだけ、信じられない厳しい努力を重ね、
肉体的に己を追い込んできたのか
を、をきちんと伝えることからのリスタートが必要。

海外メディアが羽生選手を絶賛する理由の一つは、
これらの努力の結果、正しい強さと技術を身に付けたアスリートだということが、判るからだ。



たとえば、直前特集などで伝えるべきは、

ダンスやミュージカル等舞台芸術に”表現力向上”を求めて練習に行く姿や、音楽家と交流する様子よりも、

ジャンプの高さを掴むための宮原選手のドキュメントだったと思う。

(いやもちろん、ポーズの取り方一つとっても、美しいに越したことはないよ。でも、まず、取り組むべき点は、そこじゃない、というか。ポーズの美しさよりも、ジャンプやスピんの技術力で順位に差が出ることは、スケカナのキーガン・メッシングくんと米国ジェイソン・ブラウンくんを見れば、一目瞭然。)

さっとんが今季、スポーツとして正しい努力をした結果、しっかりと得点を伸ばしたし、長年の悩みだったエラー判定もなくなったこと、こういうのを、しっかりとメディアは伝えて欲しい。


視聴率については、
ニュースも来ていました。


◆羽生、圧巻Vのフィンランド大会、瞬間最高視聴率20・7%
11/5(月) 9:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000074-spnannex-ent

(優勝した羽生は日の丸を手に笑顔を見せる(撮影・小海途 良幹))

 4日夜にテレビ朝日で放送されたフィギュアスケート「GPシリーズ第3戦・フィンランド大会 男女フリー」(後9・25~同11・05)の平均視聴率が16・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。瞬間最高は午後10時50~51分の20・7%。男子フリー羽生結弦(23=ANA)が演技を終え、今季世界最高の得点が出た場面だった。

 同大会では、今季GP初戦の羽生がショートプログラム(SP)に続いてフリーでもルール改正後の世界最高得点をマーク。合計297・12点で2位に40点近い大差をつけて優勝した。世界初の4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)の超高難度の連続ジャンプを降りた羽生は、インタビューで「(初の大技は)加点がつかなかったのは残念だけど、全部のジャンプを立てたことは大きな収穫になる。初戦としてはいい出来だった」と話していた。


◆羽生が今季世界最高VのGPフィンランド大会、瞬間最高はSP21・2%、フリー20・7%(11/5(月) 10:27配信 )
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000056-sph-ent
 3日に放送されたテレビ朝日系「フィギュアスケートグランプリシリーズ2018フィンランド大会」男女ショートプログラム(後6時56分)の平均視聴率が13・5%だったことが5日分かった。4日に同局系で放送された男女フリー(後9時)は平均16・2%を記録した。

 SPの瞬間最高は午後9時3分、羽生結弦(23)=ANA=が今季世界最高の106・69点をマークし、トップに立った場面で21・2%を記録。フリーでも午後10時50分から51分にかけ、20・7%の瞬間最高をマーク。羽生の演技が終わり、今季世界最高の190・43点をたたき出した場面だった。

 羽生は合計297・12点で優勝。SPを含めフリー、合計すべてでルール改正後の世界最高得点をそろえ、世界初の大技となる4回転トウループ―3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)も着氷させた。自身初のGP初戦V、通算9勝目。次戦は16日開幕のロシア杯に出場する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


(参考)
ソフトバンクが2年連続日本一決めた日本S中継、瞬間最高21・4%(11/5(月) 10:27配信 )
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000057-sph-entより
 3日に放送されたTBS系「プロ野球SMBC日本シリーズ2018第6戦 広島―ソフトバンク」(後6時)の平均視聴率が13・3%だったことが5日分かった。

 瞬間最高は(中略)2年連続9度目(前身の南海、ダイエーを含む)の日本一に輝いた場面で21・4%をマークした。
(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)






ランキングボタンにぽちっと投票、お願いしますm(__)m




昨日からの記事
今日のスポニチは、天女さま(*^-^*)
週刊朝日11/16号の謎記事っぷりについて
「もう死ぬしかないの?」-妊娠葛藤相談の現場から にんしんSOS東京
能登さんのお写真たくさん

感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー

まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス