ほんとに最後列まで魅了するスケートだったんだよ!!って伝えたくて。 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日2本目

ショピンさんの記事で紹介されてた結弦くんの言葉、それ、私が身をもって体験したよ!!!って伝えたくって。

◆”遠い席からでも、素晴らしく見えるスケートを・・・。”

https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12395601190.html


凄いな、結弦くん・・。

アイスショーでは、試合とは違って、
「どの席から見ても、2階や3階の遠い席からでも、素晴らしく見えるスケートをしなきゃいけないな」って意識して演じていた結果だったんだ、あの吸引力。

実は私、アイスショーも試合も、正真正銘の最後列から見たことが何度もあるのだけど、

特にショーの時は、結弦くんって、すごく近くに感じるの。

遠くて、細部までなんて見えてないはずなのに、
すぐ近くから見たような錯覚に陥ったこともあるの。去年の新潟楽とか。

自分の意識が結弦くんに集中していたからかと思ってたのだけど、

結弦くん自身が、その最後列にいる人の心にまで届くようにと、意識して演技してたからだったんだね。

見ている人のため、全ての人に楽しんでもらいたいっていう気持ちが、

じゃ、どうやったら、楽しんでもらえるかな?って考えて、

その結論として「2階3階から見ている人にも、素晴らしいスケートを見せてもらえた」って喜んで貰えるようにってことだったのね。

そのような考え方ができるってこと自体、凄いと思うのだけど、
(だって、彼の本業はアスリートなんだもの。)

さらに、それを実現させちゃったってことが、もっと凄い・・・。

やっぱり、只者じゃないってことなんだな~(*゚ー゚*)


だからこそ、
ただ伝わってきたものを、
その人の人生の中のひとコマとして、

その人なりに受け止めてくれればいいって、
言えるんだね。

一期一会のアイスショー。

ただ単に、
「何に見えたか」っていう外見的なものだけじゃなくて、

一人一人の観客の人生までと繋がれるようにって。

私たちが、1回の試合やアイスショーに行くために、どれだけの労力を費やしているのか、ってことを知ってるからこその責任感も、あるんだろうなあ・・・。

これについては、
もひとつ紹介したい記事があるのですが、
それはまた、改めて。。。(*゚ー゚*)






ランキングボタンにぽちっと、今日もありがとう(*´ω`*)




一昨日からの履歴
アイスショーが一つの階段を昇った瞬間~清塚さんの破けた指が伝えたもの
品川での8K 平昌バラ1、SEIMEI,明日午前まで!(9月から全国巡回)
最新ゆづ&24時間TVの予感!&ロッテさんから

いろいろ、感謝してお借りしました。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー

※アメンバー申請の前に、必ずこちらをお読み下さい。

まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス