「ハビがいなかったら、僕は・・」が五輪チャンネルに(ANSWER記事は誤訳かな?) | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!

私たちの大好きな「ハビがいなかったら・・」のハグが、



※お写真としては、Ice Jewels『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2017-2018』の田中さんのお写真が最高だね。→レビュー記事



国際友情デーの象徴として、

「オリンピックの友情」としてUPされ、

またまた胸熱・・・・(゚ーÅ)




ニュースでも紹介されてます。

ただ・・

この時に結弦くんが言った「I can't do it without you.」の意味は、

誤訳かな?って気がするけどね。


(注)セレモニー直前に、メダリスト3人でハビが日本人二人の肩を抱いていた、この動画の場面でのやりとりとしては、

ハビが競技引退を告げたものだから、

結弦くんは、
「ひどいよ、ハビ。僕はハビがいなくちゃ、できないよ」って言って泣いてたんだよね。

↓のANSWER記事では、
「 do it」を「金メダルを掴んだこと」と訳しているが、
(ちなみに、ANSWER記事には、これまでも誤訳が度々指摘されてきた訳であるが)

過去のことを言ってたのか、今後のことを言ってるのか、

たしかに、議論の余地もあるけど(つまりは、これだけの感情の嵐の中で、そもそもいつも結弦くんは、ハビの前でだけは、冷静さを保つ努力を放棄して甘えちゃう訳で・・)


でも、競技引退を告げられて、ハビに憎まれ口を叩いたりもしつつ、涙が止まらなくなった結弦くんのセリフだから、この時の言葉としては、

「キミなしでは、(今後)やっていけない」と、字面通りに解釈すればいいんじゃないかって思ってる。
(追記:翻訳の得意なブロガーさんも、同様の解釈をあげてらしたので、これで間違ってないなと思います。)

でも、

彼らは繰り返し、

いくつものメディアに対し、

互いの存在があったからこそ、

五輪でメダルがとれたのだと、一貫して語っているので、

一般の方々に向けた記事としては、

誤訳だと指摘するのも野暮だよねって思った次第であります。v(^-^)v


◆羽生結弦、拾われていた“友情の肉声” 五輪公式公開「I can't do it without you.」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00031732-theanswer-spo

 7月30日は国際友情デー。世界で多くのイベントが行われたが、スポーツの祭典「オリンピック」は平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦(ANA)に脚光。金メダル獲得後に銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)との間で見せた友情シーンを公式ツイッターに動画で投稿し、実際に羽生が伝えた肉声メッセージを公開している。

「ユヅル・ハニュウとハビエル・フェルナンデスのオリンピックでの友情。国際友情デー」と記し、五輪公式アカウント公開したのは1本の動画だった。

 平昌五輪の順位確定後、表彰台に上る羽生、フェルナンデスと宇野昌磨(トヨタ自動車)の3人が輪になり、リンクサイドで声を掛け合っている。その向こうには背伸びをしながら、感動的な場面をスマホで撮影するブライアン・オーサーコーチ。日本のファンの胸を打ったシーンだが、注目は羽生がフェルナンデスにかけた言葉だった。

 至近距離で撮影していたカメラだから拾えた羽生の肉声の音声を収録している。互いに肩に手を掛け合いながら、一瞬だけボリュームが大きくなった。羽生の震える声を拾っている。

「I can’t do it without you.」――。

「僕は君なしでは(金メダル獲得を)成し遂げられなかった」と言った。その一言だけで2人は十分だった。羽生はフェルナンデスの胸に顔をうずめ、フェルナンデスもしっかりと羽生を抱き締めた。羽生は涙を堪えているようだった。

フェルナンデス「彼は偉大なレジェンドで、多くのことを学んでいる」
 動画では「ハビエル・フェルナンデスが銅メダルを獲得したとき、ユヅル・ハニュウは涙を抑えることができなかった」と記し、羽生の感動のひと言を紹介。「彼らは完璧に互いを知ることはできなくても、何年間も同じリンクの上にいた。また彼らはリンクの外でも親友として知られている」と記している。

 また、過去の羽生とフェルナンデスの2ショットを紹介しながら「彼らはオリンピックに向けてカナダでともにトレーニングを積んできた」と2人のコメントも伝えている。

 フェルナンデス「僕らは長きに渡り一緒に練習してきた。どれだけの努力をしてきたかも分かっている。一緒に表彰台に上がることができて嬉しい。彼は偉大なレジェンドで、多くのことを学んでいる」

 羽生「僕は金メダルを獲った時、ハビエルと泣いていた。なぜなら彼もメダルを獲っていたからだ。カナダで僕らはタフなトレーニングを積み、助け合ってきた。彼との時間がなければ僕はオリンピックでメダルが獲れなかっただろう」

 なかでも、羽生がフェルナンデスにかけた言葉は、中継では肉声を拾えていなかった。今でも感動が甦ってくる、2人の友情シーン。それは、スポーツマンシップの模範ともいうべきものだった。
THE ANSWER編集部



(参考)ちなみに、直後に書かれた記事でも、彼らの言葉そのものは取り上げられてなかったですね。
羽生結弦、海外メディアの視線を集めた試合後の“美しきスポーツマンシップ”とは
2018.02.18 https://the-ans.jp/news/18297/

(追記)
私たちが、ハビ&ゆづの会話を知ることができたのは、
英語の得意な方がブロブやツイッターに聞き取り&和訳をあげて下さってたからです。













ランキングボタンにも、ぽちっとお願いいたします





一昨日からの履歴
「羽生結弦のメディアデー」が今年もあるはずの理由
(文字起こし)震災後の自分と重ねた気仙沼向洋高校へ、サプライズでビデオメッセージ
萬斎さん 東京五輪パラ式典統括責任者/聖火到着は松島基地・・・妄想止まらないっ!!
萬斎さん会見で羽生選手について・・鎮魂と再生と、和の「あり方」と
最新黒い子(*´ω`*)、クリ家から(鎌田詩温くんと西山真瑚くん)

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
アメンバー申請の前に、必ずこちらをお読み下さい。

まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス