オッサンだって羽生くんが好き~「いい大人」の価値観を変えるほど、心を揺さぶる力があるから | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日2本目

そう、私たちだって、
ほんとは、こう感じてたの。

だけど、
アスリートのセカンドキャリアとか、
考え過ぎちゃって、
ほんとの気持ちを抑えていた。

ごめんなさい!!!!






結弦くんは、消費してはならない宝物だって、
分かってくれてる方が、ちゃんとテレビ界の中にいることが、救い。





このバンキシャとはまた別の回でしたが、
味の素栗原さんに説明受けながらの食事シーンなどの貴重映像や、
スタジオからの感服・絶賛コメントなど、見応えありましたので、
ご紹介します。動画主さまに感謝。

羽生結弦  王者復活までの100日間 真相報道 バンキシャ! 永久保存ダイジェスト
https://youtu.be/Xm2TLSMzKaI






くりいむ上田が羽生結弦について語る


だけど、まだ、こういう流れがある。




しかも、よくあるパターンが、
日本人女性にのみ、人気があるっていうもの。

(この描写の背後には、「どうせ女はミーハーだ」という価値観が透けてみえる)

日本人女性が、大挙して海外の競技会に押し寄せ会場を占拠している、

そんなステロタイプな描き方。

(もちろん、合間には、外国人のファンへのインタも紹介するメディアも、以前よりは増えたが、大方は「マダム」(=日本人の暇なオバサン)が入れあげてる」という報道が多く、残念だ。「ユヅリスト」というファンへの蔑称を今だに使い続けているメディアには、悲しささえ感じる。)



でも実際には、

海外の試合でプーさんを投げ込んでいるファンの多くは、

日本人以外のファンだし、

(それは、現地応援した友人たちから沢山聞いていること。
 そして、その報告はツイッター上などに沢山あがっている!!!)

一般的に「日の丸に敵愾心を抱いている国」とされている国々で育ったファンが、

結弦くんのために日の丸を掲げて応援してくれてるという姿も沢山あるのに。




観客席の日の丸は、日本人が会場を占拠した証拠みたいに扱うのも、

現状を正しく認識していないメディアの罪。


メディアでも、

結弦くんを賞賛する声が、

男性の有名人からも、沢山あがってることも、

もっと認識されて欲しい。



ステキなタグだね(^∇^)

#オッサンだって羽生くんが好きなのである











上田さんが、平昌のフィギュアの会場で、
結弦くんの戦う姿を自分の目で見てくれたこと、
心から、ありがとうと言いたいです。

(宮根さんもだよね!!!コメントありがとうございます。あと、スッキリの加藤さんも現地観戦って言ってたね。)

誰かが切り取った映像からでは伝わってこない、
選手たちの極限の戦いが、正真正銘、人生を賭けて行われていることを

そして、結弦くんのスケーターとしての、さらに人間としての凄さを、

身をもって知ってくれたことは、
日本のメディア界にとっても、大きな進歩になるのではないかと。


平昌で見たあと、明らかに、フィギュアスケート選手への対応、態度、言葉が違ってきましたから。


出会ったひとの価値観を、人生観を、

変える力のある結弦くんの凄さを、

改めて、感じています。








結弦くんの五輪連覇を、心から讃えて下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q




本日の履歴
震災のシーズンを戦い抜き、今、還ってきた結弦くん



※amazon フィギュアスケート関連図書一覧


最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる前にお読みください。



まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。