Sportivaで語られた昌磨くんの言葉 ~ミラノワールド振り返り | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
前記事の続き、というか、『Sportiva』情報の結弦くん以外の部分、昌磨くんについても教えて欲しいというご要望があったので、取り急ぎご紹介します。
※出版流通関係者の方へ:内容のイメージのみが伝わるように画像を加工しましたが、もし問題があるのでしたら善処いたしますので、コメント欄などからご連絡下さい。
※画像の無断転載はご遠慮下さい。

宇野くんは12頁あり、最初の4頁が折山淑美さん取材・文の記事です。

ミラノワールドについての昌磨くん本人の振り返りをまとめたものです。



「本当に完璧にやれば、104点前後は出るという計算でフリップをサルコウ+トーループに変えたけど」

ブログ主注:どのように計算したか、その過程は語られていません。



「今回のショートはサルコウ+トーループではなく、4F-3Tなどを普通に跳んでいればベストに近い点数が出ていたという計算なので」

「試合では僕は大体回りすぎてしまうことが多かったり、高さが出過ぎたりなんだけど」

という言葉が、紹介されていました。


この部分について、ライターの折山氏からの言及はありません。

あくまでも、昌磨くんがどう考えていたのかを、そのままご紹介下さったという記事でした。

選手の言葉を、そのまま伝えてくれるというのは、
ありがたいものだと思います。




Sportiva 羽生結弦 王者の凱旋(集英社ムック) (集英社ムック スポルティーバ)
amazon ※楽天ブックス



結弦くんの五輪連覇を、心から讃えて下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q




昨日からの履歴
結弦くんの言葉が放送されなかった理由と、佐野先生の演技に心揺さぶられた理由と
(追記)これから出るゆづ本情報/Sportiva、フィギュアスケートLife14


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧


最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる前にお読みください。



まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス