ちょっと気になったから、記事に残しておく件(プーさんを描き込んだ絵の件) | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
ちょっと気になったから残しておくだけの記事です。

(追記)
話題として取り上げた画像(絵画)に描かれたプーさんについて
「合成では?」というご指摘(疑問)がありましたが、
たぶん、合成ではないと思います。
何故なら、そのプーさんを好意的に受け止めた週刊女性の記事が先に出ているからです。
2018/2/24 週刊女性プライム





孫可愛さなら、何をしても良いかってことです。


この記事で記された文言については、
当ブログの過去記事でも、
羽生選手に対する侮辱的なニュアンスが語られていることを指摘しましたが、


※その記事の中で取り上げた週刊女性の記事は、Web記事にもなっています。
http://www.jprime.jp/articles/-/11717





よく見たら、絵そのものも、なんだかなあって・・・。
モヤモヤしたものを感じずにいられないので、記事に残しておくことにしました。
お暇な方は、お付きあい下さい。


面白くもない記事ですから、
ランキングボタンをクリックして離脱していただいて構いません。




◆祖父も宇野の健闘称える 洋画家・藤雄氏「銀は優勝ではないが優賞に値する」
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/02/18/kiji/20180218s00042000080000c.html


この記事には、このような写真がついていて、
「氷上の舞」と名付けられた絵の中には、プーさんが転がしてあるんです。


昌磨くんの足元です。


日本男子フィギュアスケート関連のネタの中で、
プーさんを持ちだしたなら、

羽生選手をイメージするなっていう方が無理な話でしょう。



宇野昌磨くんのお爺さん、

昌磨くんをテーマとして描いた作品の中に、

その、昌磨くんの足元に、プーさんを転がしておくって、

どういうこと?って気になってしまって。


舞妓とスケートしてる昌磨くんを描いた絵の中に、

何気なく、特に意味もなくプーさんを描き込むなんて、

あり得ない。

あまりにも唐突過ぎて。


画家というのは、芸術家だから、

常人には理解できないような発想で作品作りをするものだっていうのは、

知ってます。


でも、画家だからこそ、

絵の中に「唐突に思えるもの」を書き込むことで、

その人なりの主義主張を行うことも多いということも、知っています。



宇野昌磨くんのお爺さんである宇野藤雄氏は、

一体、何を描きたくて、

わざわざ、昌磨君の「足元」に、世界のメディアが「羽生選手の象徴」と認めるプーさんを転がしたのでしょう。


『「2018年オリンピック優賞記念 氷上の舞」と記している。「銀は優勝ではないが優賞に値する」』と言いながら。


プロの画家ですよね?

描いた作品には、号数に応じた値段のつくような。

『藤雄氏の洋画は1号あたり120万円の評価額で、販売されるなら20号の「氷上の舞」は2400万円となる。』


プロなのに、

取り分け商標権に厳格なディズニーのキャラクターを描き込むって、

かなりの決意を感じます。


私の友人で、私は洋服関係の仕事をしている方がおっしゃってたんですが、

ディズニーのキャラを商品に描くことなんて、

あり得ないと。使用許可を取るのは、ものすごく大変だと。

正式な手続きをして、
(ディズニーにかかわらず商標登録されたものを使う場合必ずその権利を持った会社に正式に文書で許可申請をして版権料を支払います。)

普通のゆるキャラとかで商品1点に付き売値の5~6%程度とのこと。

ディズニーはもっと高いかも知れません。

だから、あの大きさの絵だと使用許可のためには、数十万円にもなるかということです。


そうまでして、描き込む意味は?


いや、この方、商標のことなど、全然ご存じないのかもしれませんが。


この方も、どんな天然か分かりませんが、

五輪銀メダリストの祖父として注目される立場になったのですから、

ご自分の発信される内容には、もっと気を付けられたら良いのにと思うのです。


トヨタ社長と愛知県知事の、「可愛い」発言とも重なるのですが、

いい大人は、

他の選手に敬意を払うとか、

侮辱的な行動は慎むとか、

普通は、そういう気遣いをするものでしょう。


そういったものが存在しない中で、

昌磨くんは育ってしまったのでしょうか。


人間社会の中で生きていくために必要な常識、

その中には、他者に敬意を払うということも含まれますが、

そういったものを教えないことは、

虐待の一つと、捉えられています。


ハタチを過ぎた大人に、

今からどのくらい教えられるのか、判りませんが、

名古屋に近しいスケーターOGOB諸氏は、

昌磨くんの発言を「こういう意味で言った」的な擁護を繰り返し、

捏造すれすれの発言で守るのではなく、


本人にきちんと、

他者へのリスペクトというものを、

教えてあげて欲しいと思いました。






結弦くんの五輪連覇を、心から讃えて下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧


最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
お写真、沢山お借りしました。感謝と共にUPします。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる方へのお願い事項

まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。