国民栄誉賞♪ 彼が受賞に相応しい理由。 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
おはようございます!!

結弦くん国民栄誉賞、ヤッター!!!

ていうか、当然だと思います。
ちゃんと、授賞理由として
①66年ぶりの連覇という、世界規模での偉業
②怪我を乗り越えての金メダルで、国民に感動と勇気を与える快挙

この2点が挙げられていることが、嬉しいですo(^-^)o

※フジテレビ「とくダネ」では、五輪2連覇以上していても国民栄誉賞を貰っていないアスリートを列挙し、「他の選手にもあげて欲しい」「受賞の基準が決まってないのが問題」とか「羽生選手が辞退するんじゃないか」とか水を差す発言をしていました。困ったものです。
連覇した他の選手のことは、個別に検討すれば良いことです。それよりも、
「66年ぶりの連覇という、世界規模での偉業」が、いかに貴重なものであるかを、
きちんと調べて報道して欲しいと思います。

単に、「五輪連覇=国民栄誉賞」ということではない理由がわかるはず。

なぜ、この66年間、多くの五輪覇者が挑戦しても成し遂げられなかったのか、
フィギュアスケートという競技での五輪連覇が、なぜ、そこまで難しいものなのか
その点を、ぜひ、マスコミのみなさんには報道して欲しいと思います。


※簡単に説明すれば・・こんなころでしょうか?ざっと挙げてみました。

①フィギュアスケートは、五輪毎にルール改正が行われる傾向があるため、現五輪王者が次の五輪でも評価されることが困難である。
(フィギュアスケートという競技は、技術と芸術を併せ持つスポーツと表現されるように、多彩な評価ポイントを持つ競技であり、どの点に重点をおいた採点ルールを取るかで、高得点を取れる選手のタイプが全然違ってしまうものである)

②フィギュアスケートは、肉体及び精神面での負担が大きい競技なので、五輪でのメダルを目指して過酷なトレーニングを続けてきた選手は、その後4年間も同じくらいに過酷なトレーニングでトップ選手であり続けることが、非常に難しい。(五輪で金メダルを取った選手、金メダルを期待されて掴めなかった選手が、翌シーズン、あるいは次の五輪直前まで休養をとることも珍しくないことからも、他の競技と同等に語れないことが判るはず。ちなみに羽生選手は、ソチ金の後、休養を取らなかった。このような選手は非常に珍しい。)

③フィギュアスケートの中でも、特に男子シングルにおいてはジャンプ技術の高難度化が激しく、複数種類の4回転ジャンプの習得にトップ選手たちが取り組んでいるが、その技術習得は肉体的な負担(特に下半身)、怪我のリスクが非常に高いため、2連覇に相当する年月を、その肉体的負担に耐えることが難しい。

④フィギュアスケートでは、プレッシャーに負けずに、練習通りの演技を試合本番で成し遂げることが非常に難しいと言われる。2連覇するためには、その4年前の若いうちから、王者に相応しいメンタル的な成長を遂げていなければならない。20代中ごろには引退を考える選手の多いフィギュアスケートにおいて2連覇するためには、20歳前後で1つめの五輪金を獲ることが必要であるが、男子選手で20歳前後で五輪金メダリストとなった選手は、ごくごく僅かしかいない。(女子シングルが10代中頃で世界チャンピオンになることが少なくない点と好対照である。ちなみに女子でも2連覇が56年間ない理由は、10代でトップを取った選手が、その位置づけのまま4年を過ごすことが難しいことも表している。)



話が戻って恐縮ですが、
昨夕にUPした記事でご紹介した「ソチGALAでのバタフライ接触事故について」へのリンクが繋がっていなくてごめんなさい。先ほど、大幅加筆の上、新規記事としてUPしました。→捏造への反論:真実を伝える動画


さて!!!!改めておめでと言わせて下さい(^O^)

結弦くん、国民栄誉賞おめでとう!!!

個人としては最年少での受賞であり、
スケート界では史上初であり、
それどころか、冬季五輪種目では史上初。

これに相応しい偉業を成したのですから受賞は当然ですが、
偉業の内容を、ちゃんと官邸が理解してくれたことも嬉しいです。

だって、金メダル連覇した後のメディアの報道では、
「怪我を乗り越えての金メダル」は何度も何度も負傷の瞬間の映像付きで言及されたけど、

「66年ぶりの連覇という、世界規模での偉業」については、極めて報道が少なく

「日本スケート界初の金銀同時獲得」の方を華々しく報道するという島国根性っぷり。

だから、政府がちゃんと偉業の内容を理解しているかと、心配だったんですよね・・・。
先日の記事でも、そこんとこ理解してくださいと書きましたが、
一緒に首相官邸に進言して下った方もいらっしゃることと思います。ありがとうございました。

ニュース、ご紹介していきます(^∇^)

◆羽生選手に国民栄誉賞授与へ…連覇偉業を評価
 政府は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で前回2014年ソチ大会に続く連覇を達成した羽生(はにゅう)結弦(ゆづる)選手(23)に、国民栄誉賞を授与する方針を固めた。

 この種目では66年ぶりとなる連覇の偉業に加え、右足首のけがを乗り越え国民に大きな感動を与えた点を評価した。1977年の同賞創設以来、スケート界からの受賞は初めて。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。

 政府関係者が1日、明らかにした。安倍首相は2日にも羽生氏への授与を検討するよう指示する。その後、有識者の意見を聞いた上で正式決定する。(以下割愛)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00050129-yom-spo


◆日テレ 動画付きニュース(結弦くんは写真のみ)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180302-00000010-nnn-pol


◆NHK 動画付きニュース(五輪映像あり)https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180302/k10011348591000.htmlより
これを受けて安倍総理大臣は、この種目でのオリンピック連覇は66年ぶりの快挙であることに加え、仙台出身の羽生選手が東日本大震災を経験したあとに、前回、金メダルを獲得し、今回はけがとの闘いを乗り越えて結果を残し、国民に大きな感動と勇気を与えたとして、国民栄誉賞を授与する方向で最終調整に入りました。



◆羽生に国民栄誉賞授与へ スケート界では初/フィギュア
羽生選手は2014年のロシア・ソチ五輪のフィギュアスケートで、日本人男子として五輪史上初の金メダルを獲得した。昨年11月の右足首の負傷を克服し、平昌五輪では2月17日のフリーで4度の4回転ジャンプを含め、ほぼ完璧な演技を披露。日本勢の大会金メダル第1号となった。海外メディアからも大きな称賛を浴びた。
 4歳でスケートを始め、11年に地元・仙台市のリンクで練習中に東日本大震災が発生。避難生活を余儀なくされた経験もある。

www.sanspo.com/sports/news/20180302/fgr18030208350001-n1.htmlより


◆羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ
この偉業を受けて、各方面から国民栄誉賞にふさわしいとの声が出ていたが、政府としても、けがを乗り越えての連覇という点で、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与える顕著な業績があった者」という国民栄誉賞の基準に合致すると判断したとみられる。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00386143.htmlより


◆羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ 政府が最終調整
 国民栄誉賞は、今年2月に受賞した将棋の羽生善治氏と囲碁の井山裕太氏を含め、これまでに25人の個人と1団体が受賞している。
https://www.asahi.com/articles/ASL322HFGL32UTFK001.htmlより


◆羽生選手に国民栄誉賞=フィギュア連覇で政府検討
冬季五輪選手の受賞は初めてとなる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030200372&g=polより


◆羽生選手に国民栄誉賞 政府検討、平昌五輪で2連覇
同賞の受賞はスケート界で初めてで、個人としては史上最年少になりそうだ。
 羽生選手は宮城県生まれ。4歳でスケートを始め、10年の世界ジュニア選手権で優勝。14年のソチ冬季五輪で日本男子として初めての金メダルを獲得した。4回転ジャンプを武器にした滑りで数多くの実績を残してきた。
 国民栄誉賞は1977年に創設。「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」に授与すると定めている。今年2月には将棋で「永世七冠」を達成した羽生善治氏と、囲碁で七冠独占を2回達成した井山裕太氏が受賞した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27597160S8A300C1MM0000/

日刊
◆羽生結弦に国民栄誉賞授与へ 政府が最終調整
羽生は2014年のロシア・ソチ五輪のフィギュアスケートで、日本人男子として五輪史上初の金メダルを獲得した。昨年11月の右足首の負傷を克服し、平昌五輪では2月17日のフリーで4度の4回転ジャンプを含め、ほぼ完璧な演技を披露。日本勢の大会金メダル第1号となった。海外メディアからも大きな称賛を浴びた。
 4歳でスケートを始め、11年に地元・仙台市のリンクで練習中に東日本大震災が発生。避難生活を余儀なくされた経験もある。
 五輪の金メダリストではレスリング女子の吉田沙保里、伊調馨、柔道の山下泰裕、女子マラソンの高橋尚子両氏に授与されている。
 国民栄誉賞は1977年に創設。スポーツや芸能、文化などの分野で功績を上げた26の個人・団体が受賞している。2月13日には将棋界史上初の「永世七冠」を成し遂げた羽生善治、囲碁で初めて七冠独占を2度果たした井山裕太両氏に贈られた。
https://www.nikkansports.com/sports/news/201803020000108.htmlより


オリコンで、”国民の声”
◆“平昌五輪で感動した日本人選手“1位は羽生で2位小平、ケガからの復活や人間性にも支持が
10代から50代の男女に調査。計1,000人の一般ユーザーが選んだ、「平昌五輪で印象に残った・感動した日本人選手」のランキング
■ケガから復活の羽生結弦が1位、感動エピソード満載の小平奈緒が2位に
 堂々の1位に輝いたのは、男子シングルで66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦選手。昨年のケガから見事に復活して五輪出場。「痛み止めなしでは(ジャンプを)飛べる状態ではなかった」という過酷な状況の中、まさに“王者”と言うべき完璧な演技で栄冠を勝ち取り、世界中の人々に感動を与えた。ユーザーからは、「さすが王者! 圧巻の演技。ジャンプの綺麗さが素晴らしく、魅入ってしまった」(福岡県/20代/女性)、「怪我からの復活。期待を上回る素晴らしい幻想的な演技だった。また、素直に喜びを爆発させる表情に、ここまでたどり着くための苦難の大きさが感じられた」(広島県/50代/女性)など、ケガやプレッシャーをはねのけての快挙を称賛する人が多く、中には「国民栄誉賞をあげてほしい」(東京都/50代/男性)との声も。

【平昌五輪で印象に残った・感動した日本人選手】
1位 フィギュアスケート/羽生結弦 ……29.2%
2位 スピードスケート/小平奈緒 ……21.4%
3位 フィギュアスケート/宇野昌磨 ……13.2%
4位 スキー・ジャンプ/高梨沙羅 ……8.3%
5位 スノーボードハーフパイプ/平野歩夢 ……8.0%


Yahoo!のトップ画面も、記念にぺたり(≧∇≦)


まだまだニュースは来そうですが、
ここでUPします。



うん、結弦くん、認められたね、おめでとう。
あなたの成し遂げた偉業、そこまでの努力の歴史は、みな、真実。

でも、何故か、なかなか注目してもらえなかった。

でも、日本より先に世界が認めてくれた。

やっと、日本でも、認められるようになった。

やっぱり、真実は一つなんだよねo(^▽^)o



昨日の履歴
紫キシリ続報、今日出る本/養子・里親のリアル~子育ての壁を乗り越えたい方にも・・・
結弦くんやっと休養、マイレピ、海外解説、国内モヤ記事ほか
ファイテンさんからも、お祝い / フジテレビは非常識で失礼千万。結弦くんに何かあったら
羽生選手サイン入りマグカッププレゼント/平昌男子FS高画質公式動画
アイスジュエルズ表紙!! / もう一つのタラレバ
捏造中傷活動家への反論 そして、いわゆるアンチが何を始めたか


結弦くんの五輪連覇を、心から讃えて下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧

色々お借りしました。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる方へのお願い事項

まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス