羽生選手は平昌五輪に間に合うし、金メダルに4ルッツは不要。っていう解説動画。 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
新年おめでとうございます!!(タイマー起動の記事です)

いよいよ、結弦くんが66年ぶりの五輪連覇を成し遂げる年になりました。

わくわくするね!!!!!



結弦くんとブライアンは今、

どんな作戦で平昌を戦うべきか、

話合ってる頃だろうな。


さて!!!

結弦くんが平昌五輪で金メダルを掴むために、

何をすべきか、

最も新しく公式に跳んだ4ルッツは跳ぶべきかどうか、


全日本の後の諸先生のコメントの中で、

佐野先生の解説とアドバイスは光ってたよね、

納得感があったよね(°∀°)b

わたしら、結弦くんファンの気持ちを代弁してくれてたと言っても良いほどに。


世界最高得点330.43点



動画は放送直後の動画一覧の記事でもご紹介済みですが、

改めて、佐野さんのお話しを丁寧に載せていきますね。ガラケーの方にも読めるように。
りこさん、動画UPありがとうございますした(^-^)/


◆171224 五輪代表決定 稔先生解説
https://www.dailymotion.com/video/x6c6xnd
Going

1ヶ月半休むということは、長い休みで、

(普通の選手は)取り戻すことは大変
(普通の選手は)取り戻すことは大変。

羽生選手の場合は、短期間で仕上げてくる場合もあるので、

足首に負担をかけないような、

氷の上に乗った時に滑れるトレーニングを積んでいると思う。

※ブログ主注
 筋肉を動かすイメージをするだけで、全く筋肉を動かさなくとも、
 筋肉は鍛えられる、ということがわかっています。
(参考)
「運動のことを考えて座っているだけで、筋肉が鍛えられる」(米・研究)


羽生結弦という選手に関しては心配していない
羽生結弦という選手に関しては心配していない

1ヶ月半休むのは、長い休みで、取り戻すのは大変なこと。

でも羽生選手の場合は短期間で仕上げている時ってあるので、

足首に負担をかけないような、

氷の上に乗った時に滑れるトレーニングを積んでいると思う。

ただ、

4回転ルッツは封印すべきと考えている。

ルッツは右足のトウをつくから、(痛めた)右足に負担が大きい。

(そもそも)

4回転ルッツを入れる必要があるか。

4回転ルッツ必要か

330点を出した時、4回転は2種類しかなかった 
330点を出した時、4回転は2種類しかなかった

(4回転)2種類で、330点までだすことができる。


世界中で、そこまで点数を出している人はいない
世界中で、そこまで点数を出している人はいないんですよね、まだ。

2015GPF 4回転はトーループとサルコー
2年前の2015GPFで、

4回転は2種類、トーループ+サルコーで、

今も破られていない世界最高得点を叩き出した。

世界最高得点330.43点

4回転ルッツは、ちょっと置いといて、

トーループ+サルコー+ループ 3種類で 五輪では勝てる
のでは?

3種類で 五輪では勝てるのでは

佐野先生、ありがとうございました。

(佐野さん、選考委員から外れてたから、好き放題言えるのかな?
 代表発表の時、フジのスタジオにいたもんね。
 それまでは、昌磨くんの4回転に対して「低いけど、回れるから質が高い」という、
 ルールに反した謎発言をしてましたが)



プルさまも、同じアドバイスをくれてましたよね(^-^)/

※プルシェンコ氏「五輪では彼が勝つ」羽生にエール[2017年11月15日16時53分


「羽生には今回のケガにつながった4回転ルッツを「やる必要はない」とアドバイスした。「彼は4回転を3回やれば十分だと思います。なんと言っても、羽生選手は他の選手と滑りがまったく違う。これは決して、私がいたずらに褒めているわけではなく、事実を述べているだけです。他の選手とは(ジャンプの)回り方が違う、滑りが違う。観客の心をつかむのも、羽生選手にしかできないこと。

もし、次の五輪も出場するならそのときは4回転ルッツが必要だと思いますが、今回に関しては必要ないと思います」。ケガを治し、「冷静な頭脳でもって、自分の愛することを五輪の場でやればいい」と最高難度に挑戦せずとも、勝てると太鼓判を押した。」


plushenkoofficial



結弦くんは、何年も前から、

寝る前には必ずイメトレするって話してますよね。

そして、クリ家で取り入れているピラティスは、

イメージすることを大切にしたトレーニング。

(私が個人指導受けている先生も、北米でピラティス学んだ方なので、
 多少なりとも、似た雰囲気あるんじゃないかしら?って思ったりも。
 骨折した今でも、ピラティスは休まず続けていますよ、私も。
 ピンポイントで筋肉に刺激を入れていけるので、負傷箇所に負担かけないのも、
 ピラティスのメリット。元々がリハビリから生まれたエクササイズだからでしょう。)


氷上に出るまでの間、

しっかりとイメトレしながら陸トレしてきた結弦くん。


フォート・キシモト 黒い子2


筋力とジャンプのイメージは失ってないだろうと、

安心して良いでしょう。


残るは、体力。

これも、あさチャンで織田くんが教えてくれたように、

2週間あれば間に合うだろうって。


ピークに持ってくる期間も、結弦くんは短い日数で足りてしまうと、

ブライアンも話してたっけ。


フォート・キシモト 黒い子


だから、

今まで、本格的な滑り込みができないからと心配する必要は、

結弦くんに関しては、

全くいらないよって訳ですねo(^▽^)o


ASAHI FS公式練習





結弦くんの平昌金メダルを、一緒に応援して下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q



最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
お写真も沢山お借りしました。感謝と共にUPします。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる方へのお願い事項
※フィギュアスケート関連図書一覧



まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス