見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日3本目。
ゆづ本記事の途中ですが、
先にこちらを。


今日の日刊です。Web記事も来ています。




◆2017年10月6日20時9分 紙面から
98年4回転サルコー初成功「常に挑戦したかった」

<ティモシー・ゲーブル氏語る1>
 「4回転キング」と呼ばれたスケーターがいる。02年ソルトレークシティー五輪男子銅メダルのティモシー・ゲーブル氏(37=米国)だ。今と同じように4回転ジャンプの競争が繰り広げられた当時の状況や、果敢に挑戦した理由などを語った。【取材・構成=高場泉穂】
 98年に世界初の4回転サルコーを成功させ「4回転キング」と呼ばれたゲーブル氏は06年の現役引退後、名門コロンビア大を卒業し、会社員へと転身した。今年からは米グーグル社で、データ分析員として世界中を飛び回る。そんな中でも、時間を見つけては試合をチェック。羽生結弦や宇野昌磨、米国のチェンらが多様な4回転ジャンプを競う男子の戦いを「すごく面白いよね」と評する。
 思い起こすのは、まっただ中にいた02年ソルトレークシティー五輪前後の「4回転時代」だ。
 ゲーブル氏 15年ほど前の自分たちの時代にも、今と同じような事が起こっていました。僕たちの時は、(エフゲニー)プルシェンコ、(アレクセイ)ヤグディン、(本田)武史…みんなが競い合って、レベルの「バー」をどんどん上げていった。今も、羽生選手ら複数の選手がバーを押し上げている。1人ではなく2人以上の選手が引っ張ることで、さらにみんなが追いかける状況になるのだと思います。
 88年に米国のカート・ブラウニングが初の4回転トーループを成功。それからちょうど10年後の98年にゲーブル氏が2種類目のサルコーを成功させた。翌99年の全米選手権では、フリーで初めて史上初の4回転ジャンプ3本をそろえた。なぜ、果敢に高難度の4回転ジャンプに挑んだのか。
 ゲーブル氏 自分が出来たからというのもありますが、単純に難しいプログラムに常に挑戦したかったからです。失敗するリスクは承知の上でした。限界値を超えようとすること、これはフィギュアスケートだけでなく、すべてのスポーツにおいて普通にあることです。私は「ここまでしかやらない」と安全策を取る判断をしたことはありませんでした。
 02年ソルトレークシティー五輪では8選手が計14度の4回転に挑戦。ゲーブル氏は3本の4回転を決め、ヤグディン、プルシェンコの2大スターに次ぐ銅メダルを獲得した。(つづく)
 ◆ティモシー・ゲーブル 1980年9月10日、米イリノイ州生まれ。4歳で競技を始めて、98年ジュニアGPファイナルで世界初となる4回転サルコーに成功するなど「4回転キング」と呼ばれた。世界選手権は02、03年大会で銀メダル。
https://www.nikkansports.com/sports/column/figurekoi/news/201710060000214.html


結弦くんの平昌金メダルを、一緒に応援して下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q



最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる方へのお願い事項
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。