「愛はさだめ、さだめは死」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア / 消費尽くされたテーゼ | 辻斬り書評 
2006年04月11日

「愛はさだめ、さだめは死」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア / 消費尽くされたテーゼ

テーマ:SF小説・スペースオペラ

初読。

このジェイムズ・ティプトリー・ジュニアという人は、どうやら異色のSF作家であるらしい。

本書は約30年前に発表された短編集で、斯界では著者の代表作を取り揃えた古典的SF小説と評価されている。ネビュラ賞・ヒューゴー賞のSF2大タイトルを獲得していることからもそれは証明されているのだが、僕の所感を問われたならば、「古臭い」のひとことに尽きる。

まだ科学や未来が楽観的にとらえられていた時代においてなら、宇宙規模での文化の相違をメインテーマとし、短編の場面場面でコンパクトにそれを表現するティプトリーの作風はなるほど斬新だったのかもしれないが、いかんせん現代ではその種のテーマは消費され尽くしている。
ほぼ全編を通じて異星間コンタクトを所与のものとし、読者に対する説明的補足を一切いれずに描ききる文体は独特のリアリズムを体現しており、おそらく当時はこういうスタイル自体が新しい価値を持って受け入れられたのではないかと推察するのだが、どうなんだろう?

端的に言って、前衛文学の化石という印象を覚える。

文学性や香気はなお残されているものの、今後ときとともに薄れていくのではないだろうか。



ジェイムズ,Jr. ティプトリー, 伊藤 典夫, 浅倉 久志, 伊藤 典夫
愛はさだめ、さだめは死

オススメ度★★

読みたくなってきた! という方は→ごほうびクリック プリーズ



tujigiriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。