時期が時期だけに(・_・; | オフィス白うさぎ(旧名シンシアとリオンのティータイム)
新型コロナウイルスに関する情報について

オフィス白うさぎ(旧名シンシアとリオンのティータイム)

山上翔子です。自身の虐待・発達障害の体験を基にAmazonのKindleで小説を出版しています。
ブログでは小説のお知らせや元気印うさぎとの日々の出来事などを。

今日の夕方、病院へ行って来ました(^_^;
 
朝から寒気と喉が塞がるような感じで、「風邪かしら」と思いつつも、ましろちゃんのお野菜や自分の食料を買いだし。
 
お昼頃から、「こりゃ、いかん」ということで、急いで行きつけの内科クリニックへ。
 
まさか、まさか、コロナじゃないわよね~と願いつつ行ってみると、何ということでしょう、いつも混んでいる待合室がガラガラ。
 
コロナウィルスの蔓延しやすいのは人が集まる場所で、病院もそうよね~らしいです。
 
診察の結果は、熱も咳もなく、喉が腫れて鼻水と偏頭痛という、典型的な喉風邪。
 
こんなに風邪の診断が嬉しかったことはありませんわ。
 
頭の中には「ひょっとしたら、二週間、ましろちゃんとお別れ(;。;)」という懸念がありましたからね。
 
とはいえ、父の入院・転院で振り回されたストレスが引き金になっており、完治するまでは飛行機のような大勢で集まる閉鎖空間、遠方への移動は避けるようにとのことでした。
 
しかも行き先は北海道。
 
寒いし、弱っている身体にさらに追い打ちをかけるようなものですから、当然ウイルス感染のリスクも高まります。
 
ということで、まだ転院日の連絡も来ませんし、今月中は近場でお買い物に出るくらいで、遠出はしないことにしました。
 
処方された漢方薬(普通のクリニックですが、漢方も処方してくれます)を服用し、腕白ウサギを遊ばせながら横になっているうちに、少しずつ喉の違和感がやわらいできました。
 
よかった~。
 
ちなみに、ましろちゃんは元気です。
 
しっかり腹ごしらえをして
 
 
安全第一を確認
 

作業前は準備運動を欠かさず

 

 
工事現場の安全もきちんとチェック

 

 

 

 

休日平日関係なく、今日も熱心に作業中(^_^)

 

 

 
その一方で、ケージ内で白兎アーティスト、マシロン・オモッティ女史として、ケージ内と外という境界を超越する作品を模索

 

 
 

工事現場で大作作り、ケージ内で哲学的作品作りと、日々、アートに励む白兎(^_^;
 
仮予約を入れていたペットホテルは、申し訳ないので正式キャンセル。
 
幸い「繁忙期ではないので大丈夫ですよ」と励まされ、二転三転どころか何転したんだ?状態の父親の入院先からの連絡があり次第、ましろちゃんのムショ行きが決定します。
 
三日で帰ってくるつもりでしたが、うーん、難しそう。
 
いやいや、これで片付かない用事は、もう放り投げて帰ってきましょう。
 
私の身がもたないわ。
 
親身に助けてくれる友人や、コロコロ変わる予約にも対処してくださるペットホテルや、ましろちゃんの変化に的確なアドバイスをくださる方々など、もう本当に人の情けが身にしみますわ(;。;)
 
何と言っても、私が倒れれば、ましろちゃんが可哀想なことになります。
 
できるだけパワーを落として温存し、自分のお仕事とましろ如月おもちのお世話に集中しましょう。
 
今はまず、比較的軽いうちに風邪を治さないと、ですね(^_^;
 
お仕事関係は、協力者の皆様がとても力を入れてくださっていますから、私も負けずに良い物を書きましょう(^_^)
 
しばらくコロナウィルスは収まりそうもありませんが、皆様も過労とストレスにはくれぐれもご注意を。
 
手洗い、うがい、アルコールで消毒(ウサの周囲はもちろん避けていますが)していても風邪をひきましたから、つくづくストレスは怖い物です。
 
 

青菜が好きな方も嫌いな方も、クリックして免疫力を高めませんか?

 ↓


小説ランキング 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村