昨夜と今日のシンプル化調理

昨夜から意識して「シンプルな調理」を工夫しています。

 

といっても、従来の調理法を簡単にしているだけですが(^_^)

 

昨日の夕飯はこちら。

 

 

 

土用の丑の日でしたが、ウナギは食べる気になれず、パンガシウス(ベトナムの淡水魚)の照り焼きと水菜、お粥です。

 

小さな容器に日本酒・みりん・醤油・ジンジャー(すりおろしを解凍するのが面倒で、粉末で)をやや薄味に少し多めに作り、フライパンでパンガシウスを焼きます。

 

ひっくりかえしたところで、空いている部分にざく切りの水菜を投入してできるだけ平らにならして蓋をし、しんなりして水分が出てきたら蓋を開けて水菜の上下を返して、全体に火が通ったら合わせ調味料を入れます。

 

フライパンを回して全体になじませ、水菜を一度返して全体に調味料が行き渡ったら味見をし、味がついていれば水菜だけをお皿に。

 

火を強めて水分を蒸発させてまんべんなく味をしみこませるようにフライパンを回し、一度パンガシウスをひっくり返して裏表に味をしみこませます。

 

水分がなくなったら、お皿にとってできあがり。

 

短時間でできあがりますから、焦げ付かせないように注意します。

 

昨日は脱水症状を起こしかけたので、お粥はごまに加えて海塩も入れました(^_^;

 

 

 

今朝はライスパスタで、かけ冷や麦を。

 

今使っている四穀つゆは、めんつゆの場合2倍に伸ばします。

 

お水は加えず、だいこんおろしを汁ごと、酢少々、フラックスシードオイル少々でちょうど2倍に。

 

黒ごま、金ごま、削りかつおをかけて。

 

菜種油で素焼きにし、できあがったところに海塩を振っただけのナスと一緒に(^_^;

 

 
ナスの素焼きは最近のお気に入りです。
 
かなり油を吸いますので、途中で補いながら焼きます。
 
そして、今日のお昼はようやく低フォドマップの「傾腸」のフルクタン最終日。
 
タマネギ1/4個の試食です。
 
といっても、タマネギ1/4個は売っていませんし、スライスオニオンでも買ってこようかな~と考えていたのですが、運良く冷凍庫に洋食屋さん風ソースの作り置きがあったので、それを使用し、ハヤシライスにしました(^_^)

 

 
西友のお安い牛小間切れを炒め、タマネギみじん切り・トマトケチャップ・ウスターソース・赤ワインで作ったお手軽ドミグラスっぽいソースで軽く煮てできあがり。
 
キュウリの塩もみとわかめとトマトのサラダと一緒に。
 
さて、この後私の腸がどう反応するのか、怖いような楽しみです(^_^;
 
この次はガラクトオリゴ糖が合うかどうかの試食で、インゲン豆の水煮が控えております。
 
 
 
ところで、午前中に卵もバターも使わない、メープルシロップ・菜種油・ライスミルク・雑穀粉で作るシフォンケーキを試作してみました。
 
本を見ながら試しましたが、小麦粉を雑穀粉に置き換えるのはいいとして、豆乳をライスミルクに置き換えるのは苦しい(^_^;
 
牛乳=豆乳で置き換えはできますが、牛乳・豆乳をライスミルクやアーモンドミルクに置き換えるのは、かなり苦しいですね。
 
カスタードクリームならそうでもありませんが、ケーキ生地やビスケット生地の場合、さらさらしたライスミルクやアーモンドミルクは同量ならまとまらず、多くすればベタベタ・ガッチリになるという難しさがあります。
 
結果として、パサパサのティー・シフォンケーキ(になるはずだったもの)ができあがり、型から出したらかなり崩れていたので、ほぐしておきました。
 
 
お味はいいので、リフォームして他のお菓子に使います。
 
米粉や雑穀粉のケーキの失敗は、ベッタリ・ガチガチのお餅の出来損ないのようになるか、ボロボロに崩れるものになるかのどちらかになることが多いです。
 
ベッタリ・ガチガチはどうしようもないですが、ボロボロになるものは「ケーキクラム」ですから、いろいろと応用が利きます(^_^)
 
不幸中の幸いだわ。
 
というわけで、明日も調理のシンプル化を心がけ、ケーキクラムを使っておやつを作ろうと思いますが……この暑さでどこまで計画通りに行くか疑問です。
 
皆様もどうぞ熱中症にも、暑さでの胃イライラなどの精神衛生面にも、ご注意くださいませ
<(_ _)>
 
 

水分を摂りつつクリックしてくださると嬉しいです。
 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村