~若手建築士による建築基準法のおさらい~《地盤面》 | 株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

福島県須賀川市を拠点に地域密着型で高いレベルの建築を手掛ける株式会社・土田建築設計事務所のブログです。

今回のテーマは《地盤面》です。

 

地盤面とは、

「建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面」とされています。

 

前回、高さについてお話しましたが、

地盤面というのは高さの基準となるレベルになります。

平坦な敷地ならば単純に設計GL±0で良いのですが、

斜面の土地で1階からも2階からも出入りが出来るような建物は

平均地盤面を算定しなければなりません。

 

地盤面の算定もあいまいな部分があり、

条文の「建築物が周囲の地面と接する…」、、、地面ってどこだよっ!!(笑)

犬走りは地面ではないよな。舗装するのならばその面で良いのか。とか。

わりと設計者の判断でどうにでも調整できるような気がします。

 

この件に限らず、解釈が難しいときは

厳しい方で設定して設計進めるべきでしょう。

 

次回のテーマは《容積率》