~若手建築士による建築基準法のおさらい~《床面積》 | 株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

福島県須賀川市を拠点に地域密着型で高いレベルの建築を手掛ける株式会社・土田建築設計事務所のブログです。

今回のテーマは《床面積》です。

 

床面積とは、

「建築物の各階又はその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積」とされています。

 

ここで注意しなければならないのが屋内的用途です。

一見、外のように見える空間でも床面積に算入しなければならない時があります。

 

例えば

保育園で、保育室から園庭に出る時に、その間に屋根付きデッキがあった場合、

プランよっては床面積に入れなければなりません。

「靴を履き替えるだけですよ~。」というプランならば算入しなくても良いですが、

「ここで遊んだり出来ますよね。」と判断されれば算入しなくてはなりません。

 

床面積の変更は、いろいろと面倒な事になり兼ねませんので

建築主事や確認検査機関に基本設計の段階で相談しておきましょう。

 

 

次回のテーマは《高さ》