~若手建築士による建築基準法のおさらい~《敷地面積》 | 株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

株式会社・土田建築設計事務所のブログ(福島県須賀川市)

福島県須賀川市を拠点に地域密着型で高いレベルの建築を手掛ける株式会社・土田建築設計事務所のブログです。

今回のテーマは《敷地面積》です。

 

敷地面積とは、言葉の通り敷地の面積です。

単純に敷地の水平投影面積を算出すればよいものですが、

いくつか注意点があります。

 

その注意点の前に道路の説明をしなければなりません。

まず都市計画区域・準都市計画区域の

敷地は道路に2m以上接しなければなりません。(通称:接道義務)

その道路は幅員4m以上必要で、

4m無い場合は

道路中心線から2m部分を道路とみなして(通称:みなし道路)

道路境界線を敷地内側に後退させる必要があります。(通称:セットバック)

つまり、敷地面積が減ってしまうという事ですね。

敷地面積が減ると建蔽率も容積率も厳しくなりますのでご注意を。

他にも角地の場合にすみ切りによって

敷地面積が減ってしまう場合もあります。

 

通称○○がたくさんあって困りますね(笑)

 

 

次回のテーマは《建築面積》