こんにちは!

 

雑穀✖️ビーガン✖️美味しい

青森市、八戸市、十和田市、札幌市で

つぶつぶ雑穀料理教室を開催している

 

つぶつぶマザーの石井ともみです。


わたしの一押しは

1日で

食と命の本当の関係と

30種のとびきり美味しい基本レシピを学ぶ

未来食セミナーscene1なのですが


未来食セミナーscene1って

受けてその後・・・みんな実際どうなの?!

というのが気になりますよね。


scene1受講後

1年め~3年めくらいの生徒さんに

ぶっちゃけインタビューシリーズです。

 

このシリーズ

生徒さんたちのリアルなレポがいい!と

とっても好評なんですよ~♪

 

●10Kg痩せてシミも消えた!東北町歯科医師省子さんの場合


●お肉好きなダンナさんも喜ぶベジ料理が増えた!札幌市泉さんの場合


●パンやケーキがやめられなかった札幌市奈都子さんの場合


●お昼はいつもコンビニかカップラーメンだった十和田市Mさんの場合


などなど気になるレポートがいっぱいな 

過去のシリーズはこちらからどうぞ♪

未来食セミナービフォーアフターシリーズ

 

今日のインタビューはscene1受けて

1年目のちえりさんです。

 

セミナーを迷っている皆さんに

ぜひ読んで頂きたいので

2回に分けてじっくりお届けしますね!

 

Q scene1を受けようと思った理由は?

もともと伝統的な生活や食事には興味があり

結婚してからさらに発酵や醸造について勉強し

自分で味噌や漬物などを仕込むことはしていました。

塩や調味料も伝統的な製法のものを使っていましたし、自分の健康にはそれなりに自信がありました。


しかし、妊娠した途端にひどい吐きつわりになり

会社にも全く行けなくなり

起き上がることもご飯を食べることもできない日々が数ヶ月続きました。

その時はスピリチュアルな面に原因を求め

自分の食べていたものには何も問題がないと考えていました。
(今思えば日々の食事に動物性タンパク質が多すぎたのではと思います)

無事に娘も生まれ、

生後半年を目前にして

離乳食の方針について色々と情報を集めていました。


アレルギー体質にしないためにも

できるだけ母乳をあげ続けること

離乳食のスタートは遅ければ遅いほどいいとは聞いていたのですが、

 

最初に食べさせるものは、りんごの果汁がいいとか、おかゆがいいとか、半熟卵の卵黄がいいとか、真逆情報があふれ

 

どの道を進んだらいいのか分からず途方に暮れていました。

その頃にFacebookの広告で

たまたま「つぶつぶ料理体感会」が青森市で開かれることを知り

なんだか面白いことを聞けそうという予感がして

娘と参加してみることにしました。

つぶつぶ料理のことは

妊娠前からチラッとは知っていましたが

情報が少なく当時の私にとっては謎のベールに包まれていて

 

肉も卵も牛乳も使わずに

どうやってオムレツやハンバーグやケーキを作るんだろうという、純粋な好奇心しかありませんでした。


体感会ではともみ先生のお話を聞き、試食をいただき、ビビビと体中に電流が走ったように感動しました。


素直においしい!と思いました。

と同時に

ともみ先生はマクロビ

(つぶつぶのことをマクロビと思っていました)をされてるのに

どうしてこんなに肌も髪もツヤツヤなのかな?と

不思議でたまりませんでした。

肉を食べないと肌の質が悪くなると思っていたからです。

どうしてですかと伺ったところ、

「Scene1を受ければ分かりますよ〜」と返され

これはScene1を受けるしかないなと思いました。

つぶつぶなら離乳食も作らなくていいんだよ〜と

ご飯粒のあげかたや本も教えていただき、

え!そんな簡単なの!とますます興味がそそられました。

 

つぶつぶならいきなり雑穀ご飯でOK!


セミナー料金を見て高いな〜と思ったのですが、

つぶつぶの秘密をどうしても知りたく、

それに雑穀料理がおいしいし体に良さそうなので

とりあえず炊き方だけでも知れれば、との思いがありました。


それでもやはりパッと出せる金額ではなく悩んだのですが、

私にScene1を受けることを決定づける出来事が

体感会の次の日に起こりました。

朝起きて授乳しようとしたら

なんとお乳がシャワーのようにピューッと吹き出てきたのです。
初めての経験でした。

娘もとてもおいしそうに勢いよく出続けるお乳を一生懸命飲んでいました。


びっくりしたのと同時に、

前日ともみ先生が試食の時に

『もちアワはお乳の出を良くします』と教えてくださったことを思い出し感動しました!

主人もその現場を見ていたので驚き、つぶつぶに興味を持ってくれました。

===================

 

決心してscene1を受講してくださったちえりさん。セミナー直後のご感想はこちらです!

 

↓↓

木村智恵理さん(20代)

 

scene1は始まりからワクワクして

ただ講義を受けたというよりは
生命の大冒険に出かけたような

気持になりました。

 

先生のご自宅で

リラックスして受けることができ
美味しい試食も頂き大満足の1日でした。


この内容で、

料金はとても安いと感じ、

どんな旅行やアトラクションよりも
とても面白く大興奮の連続でした。


つぶつぶは

単に食事を変えるだけでないことがわかり
これからの子育てにも希望が出てきました!
どうもありがとうございました

 

1年前、ちえりさんscene1ご受講当時のブログ記事はこちら

【セミナーレポ】どんな旅行やアトラクションよりとても面白く大興奮の連続でした!

=====================

 

Qそんな大興奮のscene1を受けてから、

もうすぐ1年だけど、

その後はちえりさんにどんな変化がありましたか?

実は、Scene1を受けた直後は

たしかに雑穀料理はおいしいけれど、肉と合わせた方がさらに色々ダシが出てもっとおいしいのでは?と思っていました。


それで、Scene1で習ったヒエのシチューに肉を入れたものを作りました。

自信満々で食べてみると、

「肉を入れたところでそんなに味は変わらないな、これは肉を入れる必要はない気がする」と感じ、自分の味覚の変化に驚きました。


主人にも肉を入れたヒエシチュー、

肉なしのヒエシチュー、

どちらが好きか聞いたところ、

肉なしの方がおいしい気がすると言われ、やっぱりと思いました。

 

それからは、Scene2、Scene3とスイスイと受講しどっぷりとつぶつぶライフにハマっています。


Scene3まで受けたら、

あとはつぶつぶレシピ本を見ながら

自力で進めていこうと当初決めていたのですが

 

ともみ先生に直接教えていただくことで

頭の中の疑問がスッキリと解消され

スラスラ作れるようになるあの達成感が忘れられず、今年から十和田の公式コースレッスンも受け始めました。


こちらも本当に受けて良かったと思っています。

レッスンを一回受けるごとに料理の腕がぐんと上がり、おいしく作れるメニューがどんどん増えていっています。

 


思えば、子供が生まれてからつぶつぶに出会うまでの半年間、

 

主人以外には私の理解者はなく

 

外に出れば私はひとりぼっちだなあと思うことも多く、周囲とぶつかり疲れきっていました。

 

周りから見ても

当時の私はいつも戦々恐々とし心を閉ざしていたと思います。

それがつぶつぶを食べて心がゆるんでいき

もみの木でともみ先生や生徒さんたちと

ワイワイ過ごすことで心が癒されていきました。

もはやもみの木は私の心の故郷、実家のような存在です。

 

 

 

 

 

 

つぶつぶ大好き!な娘ちゃんハート
試食の時はいつも最高の笑顔!

 

そして何よりも、

つぶつぶ料理が誰かに作ってもらう特別な食事ではなく、

自分で作れる日常の食事というのが、とても幸せです。

 

==========

ちえりさん、ありがとうございます!

明日はセミナー受講後の

ちえりさんのダンナさんの変化など…に続きます〜♪

 

~もみの木青森県・札幌の予定~

【未来食セミナーscene1】一押し!

納得の理論と

とびきり美味しい30種の基本レシピとともに

家族が喜ぶベジラーメンやキムチも学べる

1DAYセミナー♪

●青森県十和田市  10/13(日)、12/22(土)

詳細↓

未来食セミナーscene1 青森
 

【未来食セミナーscene2】

40種のノンシュガーノンミルクノンエッグの

つぶつぶミラクルスイーツ三昧で

脱砂糖中毒!

●青森県十和田市

11月9日(土)~10日(日)

詳細↓
未来食セミナーscene2

 

 

【つぶつぶ料理教室】

初めてさん向け

雑穀料理や甘酒スイーツが味わえる♪

つぶつぶ体験レッスン

●県民福祉プラザ(青森市)

10/24(木)

●ポータルミュージアムはっち(八戸市)

10/22(火祝)

●もみの木(十和田市)

10/23(水)

 

他、ひえの鰻丼風、もちあわの月餅など 

詳細、申し込み

つぶつぶ料理教室

 

青森県内、札幌市での最新情報や

つぶつぶのこと

子育てのこと

夫婦のこと

石井家の普段ごはんなど

メルマガとLINEで発信中です♪

 

お好みの方にご登録ください。

もみの木無料メルマガ

 

友だち追加

 

【お問い合わせ】

もみの木お問い合わせフォーム

もしくは090-9429-3184

石井まで。