ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY -259ページ目
2004-12-06 11:33:38

■只今、オークションでベニシオ・デル・トロのサイン入りステイプル$375!

テーマ:映画

アメリカの「ステイプルズ」オークション、残すところ後15時間余り。
で、現在、ベンシオ・デル・トロサイン入り、入札件数55、375ドルでとまっています。

オークション終了は12月6日です。充分に落札のチャンスはあります。
一時期、パリス・ヒルトンを抜いて、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットがトップに立ちましたが、パリスがまたまたトップに返り咲き。それも2位のビル・ゲイツに、約2500ドルの差をつけた圧倒的な数字4017ドル!ん、なバカな!って数字になりましたが、これまだまだ高値を呼びます。因みに、3位ジェニファー $1,505、4位 タイガー・ウッズ $1,030、5位ドナルド・トランプ $1,005、6位リンゴ・スター $1,000.00です。このオークション、無論チャリティで、落札金額は子供の肝臓癌治療等に関する「Luke Neuhedel財団」へ寄付されるものです。

ベニシオ・デル・トロは、現在34位。ここ1日とまったままの入札件数ですが、Santurce-Girlさんとmermiteさんの競り合いです。あと15時間ちょいで競りは終りますが、いったいいくらまで上がるのか。で、最下位ってのも気になるでしょうね。最後は自分で寄付するつもりで値を少しはあげるのか。コリー・グリーンバーグ140位25ドル、スタート価格から5ドルしかあがらず、入札件数2件は切ないかも。(コリーの横のKat。ちゃんと手にはCD!プロモーションは根性デス)

ま、チャリティ額がどの程度になるのか気になるところ。チャリティの多いアメリカならではですが、このサイン入りステイプルのオークション、アイデアいいです。写真は関係ないんですが・・・コリーを探してたら・・・なんだかドラエモンかい。
2004-12-04 19:52:27

■邦題つけるんなら、クレジットしてくんないかい!

テーマ:映画

■最近、またまた、どーも解せない邦題のつけ方。「Beyond The Sea」は、ケヴィン・スペイシーの製作・監督。・主演の新作で、なんとか1年待たずに公開の運びとなりそーなのは嬉しいが、邦題がついた。
「夢みるように眠りたい・・いや、違う、「~夢見るように歌えば~」だそーだ。これはケヴィン・スペイシーがボビー・ダーリンを好きで、この映画を撮りたくって撮りたくってさ、もうボビーが死んじゃった年齢を超える頃にはああ~どうしたらいいんだろーって、演りたくてでも出来なくって、こりゃもうイカンぞ、待てない、って、年齢的に限界ギリギリ(実は超えてますけどね、でもこの場合は許そう)で、居ても立ってもいられなくない、ってんで自ら製作費も出して、お金集めて、当然ノーギャラ扱いで作った映画ですわな。長いな、前置きが。
で、タイトルはケヴィンのボビー・ダーリンへの思い入れもたっぷりの「ビヨンド・ザ・シー」、このカタナカ表記で何故ダメなんだろー。林海象がおりゃ?って驚きそーな邦題やね。年配者に聞くと「ビヨンド・ザ・シー」だと、おおっボビー・ダーリンですか、って人もいるんだが、若い観客に合わせたのか、どーなのか。別にケヴィンちゃんが夢みた映画ではあるけど、夢みるよーにって、淡雪寒天みたいな夢心地とはちと違うんじゃないかい、って思うんだがな。絶対、カタカナ表記でいいんだって、これは。

ケヴィン・クライン主演のコール・ポーターを描いた「De-Lovely」も「五線譜のラブレター」だと。おかしい!絶対、変。五線譜、ってロマンチック?高年齢を狙ったんだろーか。結構、女性と年配者向け、後は音楽ファン、ってとこを狙ったんなら、もうせめて、原題のカタカナ表記でしょうよ。おかしい。今時、五線譜のラヴレターでいいんだろーか。当方がズレているんだろけど。しかし、あーた、コレ、初の(確か)コール・ポーターがゲイだった辺りをちゃんと描いて、妻の苦悩なんてのがあるんですな。それが、妻の涙・・嗚呼~辛い、献身的な妻が・・・よよ~っと涙を煽るのか、センチメンタルな雰囲気を盛り立てる邦題を狙ったのか。当方には解せない!なんだか古臭い手だ、と思えてイヤだな。カタナカ表記の方が、何倍もラヴリーです。

あ、あった!「Shattered Glass」。邦題は「ニュースの天才」。ここまでくると怒る気さえ萎えて、寝込んじまいそーでした。

邦題で、また、少し、独りで怒ります。「MAN ON FIRE」は、「例え、火の中水の中!」ではなく(イヤ、これ冗談デス)、「マイボディーガード」だと!ちょっと待ってくださいよ、配給会社のお兄さんお姉さん。なんで、そーいう安易な事するかな。ダコタ・ファニング演じる少女を守らなきゃなんないデンゼル・ワシントン扮する主人公を端的に表現してみましたぁ~って、待ちなさい!じゃ、何かい、ダコタの視点で「アタシのボディーガードじゃん!」ってタイトルかい?・・・この映画はあくまで主人公であり、その視点はデンゼルやん。「私、ボディーガードなんだけど・・・」ってのがこの映画なんでしょ、違う?で、この邦題は敢えて、というか、知っててわざとつけたんでしょうか。
元々、実はこの映画自体の原題、「Man on Fire」が、1987年製作の同名タイトル米映画があるんだがね、これは仕方ないだろ。法廷で揉めたって話は結局聞かなかったから。
で、邦題ですがね、1980年に同名タイトルの映画がある。それもクリス・メイクピース、アダム・ボールドウィン、マット・ディロン、ルース・ゴードン、マーティン・マル、ジョーン・キューザック等が出たトニー・ビル監督作品「MY BODYGUARD」。当時の邦題は、カタカナ表記で「マイ・ボディガード」です。これって、悪くなかったじゃないか。英題からして、同名のタイトルがあるというのに、おかしいやん。
配給会社は、どーいう神経しているのかわからん。リメイクでもないのに、こんなタイトルのつけ方は、トニー監督等は怒るよ。で、やっぱ内容にそぐわない邦題としか思えません。
嗚呼~ホイットニー・ヒューストンの歌まで聴こえてきたぁ~が、因みにアチラは「THE BODYGUARD」で邦題は「ボディガード」でした。こっちの方の歌のヒットも踏まえて狙ったんでしょう!そうでしょ?!答えなさいよ。

今年は、「Secondhand Lions」なんてのもありました。題名が命!の作品。邦題は「ウォルター少年と夏の休日」でスた。これじゃね、あの映画の良さは伝わらない。とても見惚れた秀作だと思ったな。勿体ない、題名で損したと思いまスた。

まあ、カタカナ表記で助かったのは、「THE MOTORCYCLE DIARIES / モーターサイクル・ダイアリーズ」(原題:Carnets de voyage)ですかね。あれが恐かった。でも原作となったゲバラの訳本、書籍類もあったんですんなり決まったんでしょうね。ほっとしたデスよ。単純に「バイク日記」でもない、やっぱり英題のカタカナ表記でおさまりました。まさか、ね、「バイクで旅した三千里」とか、「バイク道中記」なん~てあるはずはないけど。

それから、良かったんじゃないかい、ってのには、客は入ってなかったけどね、エンキ・ビラル監督の「IMMORTEL」。邦題は「ゴッド・ディーバ」、これ、監督への思い入れがおありだったんでしょうよ。スンナリ受け入れてもいっか、って邦題でした。

で、邦題はどーいう風に誰が決めるのか、邦題を決めた人物のクレジット、配給会社のサイト位にはアップしておいて欲しいやね。コイツとコイツか~なんて恨み節なんぞ歌いませんから、配給会社の皆さんも責任は、邦題つけた方に押し付けていいからさ、クレジットしてよ。みんなでつけました~っていうんなら全員の名前、クレジットしてよ~。ベタ褒めしちゃう事だってあるわけだし。(ま、ほいほい出かける観客もイカンと思います)

さあ~て、今月からプエルトリコで撮影開始予定の「The Rum Diary」(ラム・ダイアリー)。これはもうカタカナ表記で願います。「ラム酒日記」・・・う~ん、悪くはないけど、おとっつぁん達に、ラムザケニッキなんて読まれた日にはやっぱ困る。んなことはないか、いや、日本で公開になるかどーか。そっちが問題だとは思うけど、ま、ジョニー・デップが出れば、ジョシュ・ハーネットが出りゃ、映画は公開にはなる昨今です。デル・トロとニック・ノルティのガタイの良い二人目当てなんて、そうそういませんかね~。あらま~「いるう~って!」と手あげてくれたソコのあーた、エライぞ!嬉しいやね~なんか上げたいやね~。
2004-12-03 15:03:52

■ベニシオ・デル・トロ53位から20位へ!浮上

テーマ:映画
下記のオークション、ほほ~です。ベニシオ・デル・トロのステイプルは、155ドルから375ドルに上がりました。入札件数も17人から一気に55人へ。日本からの入札もあるよーです。頑張ってください!と言うだけにしておこう。
しかし、依然としてパリス・ヒルトンのトップは変わりません。で、現在1200ドルを超えました。急浮上は2位、昨夜紹介してたジェニファー・ラヴ・ヒューイット。なんと2位です。
リンゴ・スターを二人のお嬢が抜き去って独走か!んなことはないわな。ドナルド・トランプやビル・ゲイツもいることだし、6日までまだまだ入札できます。ホッチキス~!オークション速報になってしまった。ステイプル・シンガーズは好きなんだけどな・・・失礼!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス