■私立探偵ストライク Strike ① | ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
2018-11-21 01:10:44

■私立探偵ストライク Strike ①

テーマ:海外ドラマ

 

 

『私立探偵ストライク』の3章全7話のDVDが本日11月21日リリース。

原題は"Strike"。これ、主人公の名がCormoran BLue Strikeコーモラン・ブルー・ストライクから来たもの。この探偵ドラマが気に入った。ちょっと今風ロンドンっぽい設定と思ってしまうのは年代の性か。
殿堂入りをした伝説のロック・スターを父に、美しく一世を風靡したモデルを母に、エリート教育は受けつつも、どこか親に、世間に反発しながらアフガニスタン派兵に。そこで片足を失い、ロンドンに戻り探偵業を営む・・・
見た目はうだつの上がらない頼りない男、だったはずが物語を見始めるとこれがなかなか雰囲気を持った男で目が離せなくなる。

 

 

原作は小説・映画ともに世界中で大ヒット『ハリー・ポッター』シリーズの著者J・K・ローリングが、2013年に新人男性作家ロバート・ガルブレイスと名を隠し発表。編集者の腕もあったのだろうが、ベストセラーとなった。それが「私立探偵コーモラン・ストライク」。
原作は読んでいないのでなんとも比較しがたいが、ドラマ化がこのキャラクターを深みある面白さに導いたか。無論、キャスティングが的を得ていた、それでより面白くなっているのではないか、と。物語の筋立ては、北欧やアメリカのサスペンス、ミステリードラマを見慣れていれば新しい、という程ではない。斬新な手口や残忍な殺人鬼、といった特別な謎解き、からくりは感じられないのだが、何よりも今のロンドンという街の風情・・・その中でストライクが歩いている姿がいいのだ。

 

 

見てくれが第一^^いや、様になっているのだから仕方ない、これ大事!
ストライクとその助手ロビンの様子を見ていき、周辺の仲間や事件にかかわる人々の様子、いかにも今のロンドン!という・・・行ったこともないコチラを楽しませてくれるのだ。曲もいいやねー^^
主人公のコーモラン・ストライクに扮するのは、トム・バーク。
(Tom Liam Benedict Burke 、1981年6月30日 - )イギリスの俳優。
口唇口蓋裂は、ホアキン・フェニックス同様、役者として問題なし、を証明している。デンマークとスウェーデンの合作ドラマ『ブリッジス』の主役サーガを演じたソフィア・ヘリーンも口元に傷があるが彼女は自転車事故で負った傷。いずれにしても普通の生活上、傷を負って生まれてくる人もいるし、怪我をすることだってある。そういう人たちがいるのは不思議ではない。それが俳優であっても不思議ではない、そういうこと。
無論、演技者として唯一無二、であるから主役を得る。そしてそういった外見上の特徴めいたものを役を演じるうえで個性にしてしまうから、違和感もなくなる。
TVドラマ『マスケティアーズ/三銃士』でアトスを演じていたそうだが、相棒のロビン・エラコット役ロドリーゴ・ボルジア同様に知らなかった・・・。
脇で演じる中には、海外ドラマでもお馴染みの実力派俳優が多数登場し、おお!と嬉しい見知った俳優もいるのだが、主役と準主役の二人、全く知らなかったのがかえって良かったのかな。
キャスティング、勝利であります。
 
アフガニスタンで片足を無くし、フィアンセともうまくいかず、請求書が散乱する探偵事務所に一人・・・コーモラン・ストライク。
そこへかつての知人の弟が訪ねてくる。スーパーモデルの妹(養女)が自殺したという。本当に妹は自殺だったのか、先のない母の気持ちが辛いと・・・。
事件の調査を依頼されたストライクは、成り行きで秘書となったロビンと不可解な事件に向かっていく。。。と、まあこいう辺りから物語は始まっていく。
あ、義足の場面が出てくるが、当初トム・バークを知らなかったので、足の引きずり方や義足を外して手入れする場面やら見て・・・本当に義足だと思い込んで、キャスティングもトム・バークも大したもんだ!と感心したのでありますが、ありゃま、編集しているのだった!巧いもんです。。。参りました!
 
 
 
第一章「カッコウの呼び声」
原題:The Cuckoo's Calling: Part 1-3 (2017年英国放送)
監督:MICHAEL KEILLOR マイケル・キーラー
脚本:Ben Richards ベン・リチャーズ
 
第二章「カイコの紡ぐ嘘」
原題:The Silkworm: Part 1-2 (2017年英国放送)
監督:KIERON HAWKES キーロン・ホークス
脚本:Tom Edge トム・エッジ
 
第三章「悪しき者たち」
原題:Career of Evil: Part 1 -2(2018年英国放送)
監督:CHARLES STURRIDGE チャールズ・スターリッジ
脚本:Tom Edge トム・エッジ
として、三部構成全7話のドラマ。
 
再放送は、スターチャンネルで以下の通り
 12/10(月)より毎週月曜 よる11:00ほか
 12/13(木)より毎週木曜 よる10:00ほか
 

https://www.star-ch.jp/drama/c-b-strike/sid=1/p=t/

 

因みに、好評だった模様で第4作は来年放送。撮影は終了している模様。
次回作の題名は、原題『Strike:Lethal White』Part 1で、来年放送が決定。
2018年10月、BBCは、次回は4部構成のドラマになるだろうと発表した。
新しいドラマは、ロビンが結婚した後に続くのだろうが、秘書兼助手は続行なのか・・・さて、物語は、精神障害を抱える青年ビリーがストライクに助けを求めてくる。ビリーは幼少期にある事件を目撃していた、と言う。その言葉を信じるストライク。ロビンと共に話の裏付けを調査し始め・・・ついにイギリス議会内の隠された事件に繋がっていくのかな・・・
脇に回っているシャンカーは!あの傷のある検視医は・・・!
気になるなぁー。早く見たいなー。頼んますッ!
まずは、未見の方はDVDで、もしくは再放送を是非!
宣伝隊になっているなぁ~^^
 
 
 

tuboyakiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス