■親切なクムジャさん | ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

映画 [新作・旧作・TRAILER] を中心に、ツボにはまり、ボヤキもチラホラの果てしない
日記になるか、カッカッしながらも、とほほの日記になるか・・・
ツボとボヤキで「ツボヤキ」日記。では参ります!


■親切なクムジャさん

●やっぱり書いておこう。
韓国映画は、あまり見ることがないのだが、「親切なクムジャさん」に関しては書いておこう。映画を楽しまれたいのであれば、公式サイト、Trailerは未見のままが良いデス。
見終わると、「親切なクムジャさん」の邦題で良かったと思うのだが、それにはこれ以上何も見ないまま、ご覧になるのをお薦めしておこう。間もなく公開なので、一応、我慢です。

映画見終わって、公式サイト等をご覧になる方が面白い。それだけです。
あと…添えるなら、この映画を見たから人生が変わるとか、何かヒントめいたことなんぞ、余程の人生を歩んでない限り、ありません。残るものではない、デス。
ただ、この監督、女優がきっちり仕事している、そこに感服するわけです。復讐劇をどうすれば映画として見れる物に仕上げる事が出来るか、そこに粘りのカメラ、笑いどころも押さえた、面白さがある。子役も出ます。子役が出てくる辺りからぐぐっと中身が濃くなる、と思った。泣くよな映画ではないと思うがな~。全く個人的な事ですが、チェ・ミンシク、何度見ても渡辺正行がダブってしまう我の目はイカンです。
今回も復讐劇。しかし、なんでこーゆーの撮りたいんだろ、とは思うデスがね。これしか、ない、わけではないだろうに。それでも映画は巧い、と。これはテレビじゃ~やれない。つまらなくなる。だからスクリーンで見るほうが面白い。スクリーンに収まるサイズの物語に仕上がっている、と思う。見終わって残るのは、そこだけなんですが(苦笑)。これ、陰惨な場面、ぎょぎょっと目を覆いたくなるストレートな場面は避けている。想像は出来ますが、見ながら痛いというのは避けている。そこ、狙いなのか、行儀良くしたのか不明です。これ3部作というから、復讐はこれで〆なのかと。で、いよいよ次、期待できるのではないか、と思わせる。次に何をやってくれるのか、そこが最大の楽しみ。以上、報告終わりッ