■ランブル・フィッシュ RUMBLE FISH コッポラ マット・ディロン ミッキー・ローク | ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
2005-03-17 13:45:35

■ランブル・フィッシュ RUMBLE FISH コッポラ マット・ディロン ミッキー・ローク

テーマ:映画


■RUMBLE FISH ランブル・フィッシュ

●映画「ランブル・フィッシュ」。ご覧になった方も多いとは思うのだが、ミッキー・ロークがいい。マット・ディロン扮するラスティを主人公した映画だが、彼とその兄とデニス・ホッパー扮する酔いどれオヤジという、底辺を這うような3人家族を見れば、ここからどう這い上がれるものなのか、主人公ラスティの焦燥感も伝わる。

汚れ荒んだダウンタウンで虚勢を張っているチンピラが、最も憧れ慕う兄は、この街の若者達から語り継がれるモーターサイクル・ボーイ。その兄が街に帰ってきた。久し振りに兄の後を追いかける弟は、次第に兄の姿が理解できなくなっていく自分に気づく。

弟より、遠くを見ながら生きている兄モーターサイクル・ボーイの姿。遥かな世界といっても、そこに希望や夢や野心があるわけではない。
加速しながら、たまに止まってしまったかのように時を告知し、行き急がせ、焦らせるような雲の流れる様、その向こう側を醒めた目で見ている。目の前にあるものなど、彼には全て色褪せたものでしかない。何物にも執着しない、そんな男に行き着いた過程をミッキー・ロークは想像させる。で、そーゆー男が、弟に残すものがある。

ミッキー・ロークは、今でこそ怪優扱いだが、いい役者だ。寡黙で自暴自棄めいた所はあるものの、その素の部分の彼をある時期、映画界、世の中が必要としたんだ。見事にそこにミッキー・ロークの魅力を放った。賢そうに見えないのに、大事な生き方を若者に伝える役目を果している。いい奴に違いないわけだ。

映画は、あるカットを除き、見事な質感のモノクロ。なぜ、モノクロなのか、ってのは映画の中にちゃんとある。あるカットにも無論意味があるわけだ。
原作は、フランシス・フォード・コッポラとスーザン・E・ヒントンが書き上げている。音楽は、ポリスのドラマーだったスチュワート・コープランドが担当して話題になった。

マット・ディロンもミッキー・ロークもヴィンセント・スパノも、中でも一等出世株は身内やね(苦笑)ニコラス・ケイジもいい。ケイジ(写真2段下左端)、情けないチンピラなのにヤッパリ巧かった。皆耀いている。で、トム・ウェイツはバーガーショップの男。チンピラの溜まり場だ。トムの焼くハンバーガーはどんな味だったか・・・肉固そうだったがな。

今日も成り行きだワ。「シン・シティ」でミッキー・ローク、「コーヒー&シガレット」にトム・ウェイツとくれば、ここはそろそろアップしておかんといかんだろう。あ、「トスカーナの休日」にはダイアン・レインが出てたか。ん?マット・デイモンでなく、ディロンは何しとんのか。君にとっても愛すべき秀作だね。(1983年/製作国アメリカ/アメリカ公開1983年/日本公開1984年)











▲上記ボタンをクリック後、
同じボタンをクリック

●Directer: Directer:Francis Ford Coppolaフランシス・フォード・コッポラ
●Screenwriter:S.E. Hinton S・E・ヒントン 
 Francis Ford Coppola フランシス・フォード・コッポラ
●Cast:Matt Dillon マット・ディロン Mickey Rourke ミッキー・ローク Diane Lane ダイアン・レイン Dennis Hopper デニス・ホッパー Diana Scarwid ダイアナ・スカーウィッド Vincent Spano ヴィンセント・スパノ Nicolas Cage ニコラス・ケイジ Christopher Penn クリストファー・ペン Larry Fishburne ラリー・フィッシュバーン Tom Waits トム・ウェイツ Sofia Coppola ソフィア・コッポラ


ランブルフィッシュ:DVD


ランブルフィッシュ:The Original Motion Picture

tuboyakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。