文藝PIERROT

サブカルに光あれ


テーマ:
「明日は出掛ける用があるので」と、ネットを通じて大富豪で遊んでいた友人らに告げ、ぼくは寝床に入った。
安布団だが、それでも、眠れば都。
じんわりと、それでいて、ぬっくりとした暖かみに包み込まれ、眠りに落ちていく。
はずだった。
ドンッ! ドドンッ!
天井裏から激しい物音が響く。半覚醒して、ぼくは思わず声を漏らした。
「またなのか・・」
ドンッ! ドンドンッ!
子どもが飛び跳ねている。そんな音だ。
枕元においた携帯電話を手に取る。
午前2時。
ドンッ! ドドドンッ!!
「何をやれば、あんな音が‥」
長い棒があれば、ムムッ!くせ者ッ!!よろしく、天井を思い切り突っついてやりたい。そんな衝動に駆られた。
しかし、残念ながら、せせこましく最低限のものしかないぼくのワンルームには、そんなものはない。
清掃具は掃除機だけだ。壊れたら、後悔どころじゃすまない。
そもそも、暴力的アクションを起こしたからといって、問題が解決するわけではない。
ドンッ! ドンッ!
天井裏からの激しい物音は、夜が明けるまで、不定期に絶え間なく続いた。

しかし、不思議なことがある。
ぼくは、隣近所と真上の部屋を引っ越しのご挨拶で回った。
いついっても、誰とも顔を合わせることは無かった。
都会だから近所付き合いがないのは仕方が無いことなのかもしれない。
だが、気になるのは、上の階はチャイムすら鳴らなかったことだ。

あれから8ヶ月が経った。
誰かが引っ越してきた可能性は充分にある。
それでも共同郵便受けのつじつまが合わない。
ぼくの部屋の真上に位置する部屋の郵便受けには、未使用を意味する緑のテープが張られたままなのだ。

天井裏には、暴れまわるダレカが住んでいるのだろうか。
それとも、ダレカですらないナニカが棲んでいるのだろうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「眞怪談」 の記事

テーマ:
 俺は駅のホームであいつを待っていた。あいつから電話があったわけでもメールがあったわけでもない。待っていなくちゃいけない気がして、俺はあいつを待っていた。
 神のお告げ。電波受信。虫の知らせ。
 どれか一つが当てはまるんじゃないかと思うが、どれに当てはまろうが興味はない。あいつがこなければ意味はない。
 あいつ。あいつって誰なんだろう。
 とても大事な人な気がする。俺の人生にとって、凄く重要な意味を持っている人だったはずだ。そういえば、俺は何時からあいつを待っているんだろう。俺は何故ここで待っているんだろう。
 今日は何日だ。8月14日。だが、そんなことに何の意味があるというのだろう。あいつがこなければ日付なんて関係がない。
 そういえば、何時からだろう。俺がこうしてあいつを待っているのは何時からだろう。昨日からのような気もする。去年からのような気がする。あるいは、そんな言葉では例えることが出来ぬほど遠い遠い昔だった気がする。
 だが、そんな昔なら、あいつは既に俺の前に現れているはずだ。つまり、それはない。きっと、数時間前なんだろう。そうに違いない。
 あいつはまだか。あいつを待ち続けることに飽きは来ない。まるで、あいつを待つために俺は存在しているかのようだ。あいつは俺の何なのだろう。恋人か。家族か。親友か。それとも、片思いの相手か。どれかはわからない。関係どころか顔も性別も名前もわからないのだ。
 ただ予感だけがしている。あいつはここに来る。ここに来たら、俺はあいつのことを思い出すだろう。そして、するべきことをするのだ。そのことだけはわかっている。
 また電車が通り過ぎた。この電車というものにも反応してしまう。俺は電車が好きだったのだろうか。電車オタクだったのだろうか。そんな気はしない。
 だが、電車とあいつは関係がある気がする。俺とあいつには電車が欠かせない気がする。やはり、あいつだ。あいつが来なければ何もわからない。あいつはまだか。
 各駅停車の電車が止まった。いや、違う。この電車ではない。凄い速さで走りぬける快速急行の方に俺は興味がそそられる。俺はスピード狂なのだろうか。それとも、あいつがスピード狂なのだろうか。
 普通、快速、急行、準急、急行、急行、快速、準急、普通の電車が止まったり通り過ぎたりしている。だが、あいつは来ない。ずっと待ってるのにあいつが来ない。来ない。何故来ない。来ない。早く来い。
 ぼんやりとして頭がぐにゃぐにゃになってきている気がする。眩暈がする瞬間のような、体が己の意思とは関係なしに動いてくような感覚に襲われる。目の前を通る人にぶつかりそうになるが、なんとかぶつからずに済んだ。照りつける太陽に中てられたのだろうか。それでも俺は待たねばならない。あいつが来るのを待たねばならない。
 太陽は天辺まで昇りあがった。ここは何時でも人がいる。老若男女関係なく人がいる。だが、その中にあいつはいない。何故いない。まだ、あいつが来るのは何時なんだ。
 じりじりとアスファルトを灼く太陽。電車を待つ客たちに汗をたらさぬものはいない。だが、俺には関係ない。俺に関係あるのはあいつだけだ。駅の売店で買った缶やペットボトルのジュースを喉鳴らして飲み干す部活帰りの学生たちを横目に、俺はあいつを待っている。当然だが、あいつはまだ来ていない。
 腹が減らない。喉が渇かない。すべては、あいつを探すことに全身全霊全意識をかけているからだろう。かといって、俺はあいつを見つけたらどうしたいのだろう。わからない。あいつを見つけたらわかる気がする。なので、俺はあいつを探すしかない。
 あいつは来るのだろうか。あいつは本当にここに来るのだろうか。俺は何を信じて、こであいつを待てばいいのだろうか。あいつは、あいつは、あいつは、来る。理屈ではない。あいつは来るのだから待てばいいだけだ。まだ、あいつは来ない。
 日が徐々にだが落ちてきている。電車の数もラッシュに合わせて本数が多くなってきた。俺もこの間まではラッシュの電車に乗っていた気がする。何故、乗るのをやめたのだろう。そのころから俺はあいつを待っている気がする。
 あいつだ。
 あいつだ。
 あいつが来た。階段から降りてきた。そうだ、あいつだ。あいつに、俺はあいつに、あいつは俺を、突き落とした。ホームから突き落としたのだ。そうだ、そうだそうだ。あいつは俺を殺した。電車にミンチにされ、俺の五体をぐちゃぐちゃに飛び散らせたのはあいつだ。そうだ、あいつだ。そのあいつが来た。
 この体ではあいつに復讐することができない。どうするか。あいつは今、目の前にいる。あいつは今、目の前にいる。ああ、くそ、どうしてやろうか。
 そうだ。このちょうど来たこの男の体を借りよう。手だけ借りればいい。次の快速急行が来たときに、ぽぉんと背中を押してやれば、あいつを俺と同じ目に遭わせられる。そうだ、そうだ、そうしよう。快速急行が通ったときが、あいつの寿命。あいつの人生はカウントダウンが始まったようなものだ。
 あいつは死んだ。最後にこっちを見たが、あいつが死んだことに関係はない。
俺と同じようにして死にやがった。俺も突き落とされたときに、あいつの顔を見た。あいつは驚いたような顔をしてやがったな。人を殺して驚いた顔とはふてえやつだった。だが、あいつは死んだ。
 これで心置きなく逝ける。

 この駅ではお盆になると事故が起こる。その前の年のお盆に誤って人を突き落としてしまった人間が、次のお盆には、他の誰かに突き落とされてしまうのだ。
 だが、そんな連鎖があることを知るものはいない。知るときは、己がその連鎖に関わったときなのだから。誰かに伝える暇などあるわけもない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「お前、授業中もずっとゲームやってんな。なんだそれ? DQMJか?」

「違う。新発売の「こっくりさん」だよ」

 ニンテンドーDSの上、タッチペンを滑らせながら友達は言った。目の下には酷いクマが出来ていた。

 俺はそんなゲームを聞いたことがなかった。

「こっくりさんなんてあるのか。どんなゲームなんだ?」

「みんなでこっくりさんをするゲームだよ」

 友達はぼそぼそと言った。タッチペンが止まることはない。

「みんなって誰だよ。お前、Wi-Fi環境ないだろ」

「みんなはみんなだよ。あっちこっちにいるみんなだよ」

 要領を得ない。どことなく目がうつろだ。

「とりあえずゲーム止めろよ。飯でも喰おうぜ」

「止められないんだよ」

「いや、止めれるだろ」

「止められないんだよ」

「なんで止められないんだよ」

「こっくりさんは途中で止めることが出来ないから」

 真剣な目つきだった。背筋がゾッとしたが俺は怯まなかった。

「ゲームだろうがよ! ずっとやってりゃ電池とか切れるだろ」

「もう三日やり続けてるよ」

 友達は諦めたように言った。

「三日は有り得ないだろ、常識的に考えて」

 俺はそう言うと友達がひたすらにタッチペンを滑らせているニンテンドーDSの画面を覗き込んだ。

 何も映ってなかった。真っ黒な画面だった。

「ほら、何も映ってないじゃないか。笑えない冗談はよせよ」

「映ってるよ、止められないよ、映ってるんだよ、止められないよ……」

 友達はずっとそう呟いて画面に目を向けていた。

 俺は友達の目を見て話そうとして下から覗き込んだ。

 友達の目に映る画面には文字盤が映り込んでいるように見えた。

 俺はまさかと思いながらもう一度画面を覗き込んだ。

 そこには、確かにこっくりさんが行われていた。

 友達のタッチペンが滑るようにして文字を選んでいく。

 俺の名前を選び、そして更に言葉は続いていった。

ナ カ マ イ リ オ メ デ ト ウ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。