ようやく、雪も解け

アイスバーンもぽかぽかおてんとうさまで、

ホースで雪をどけ+屋外用協力バーナーでデリート

 

お客様も安心して、お車の降車が出来ます、ホッホッホ

 

やれやれ、一安心です。

 

異常な冷気の雪混じり天候は

体温を奪う寒さで、せっかくの収穫時の野菜を直撃

 

野菜高騰のスーパーを尻目に

 

大きさ、姿、見目はやや劣れど

新鮮さと適正価格では

小さな直売所ですが

 

負けへんで

 

ただ、直ぐに完売が辛いですm(__)m

 

ブロッコリー

大根

ほうれん草

蓮根

椎茸

キャベツ

ナス、牛蒡、芋、

白菜

苺etc

お安いですよ、正直価格です

ラブラブ

 

 

 

花火独り言ですの

信州に所要で行きました時、高速道路が一区間、積雪の為、通行止め。

仕方なく、おそるおっそるのスタッドレスで、山間の「地元の方」しか通らない道路を走りました。

積雪と積雪の間に、雪の化身のように「枝のみの林檎の木」が延々と続きます。

葉は無く、もちろん、白い花もなく、細い細い枝を張り巡らされた網に支えられ、春待つお姿。

 

ああと思いました。

農業は天候にゆすぶられます。

収穫時に台風、大風、雹、雪。それは世界共通の風水害でしょうが

日本ほど「見かけ」にこだわるお国がありましょうや

大切に育てても、こすれれば、傷がつきます。

肥料を規定値に、消毒も最小限・・・虫を殺すほどではありません、食物連鎖です。

 

 

蓮根を思います。氷が張って、収穫できない。

とうもろこし。食べごろを見張っているのは、トウモロコシ泥棒だけではありません、ハクビシンは甘い先端だけを食べ散らかします。

 

花火傷がある・・・・・・一級品ではありません。それなりのお値段です。傷があっても充分、美味しいですよ。

腐っている・・・・・くさりますね、お買い上げの時、くさっていたらわっかります。(高温になる車内に半日以上放置しましたら、人間だってくさりますわよ)

 

花火贈答品ならば、あにはからんや

お饅頭の製造とは違います

去年とお味が違うとクレームを戴いても、農産物がすべて去年と全く味が変わらないなら、クローンじゃんけ

甘さは糖度計で測れますが、「それだけが美味しさの基準」でしょうか?

 

自然の妙味を味わう

 

直売所の「地場産」って

それが 「根本」ではないでしょうか?

 

花火枝だけの林檎の木よ

私は約束します。

傷ものでも

例え、芯が傷んでいても

美味しく食べられるのなら、それは「恩恵」です。

文句は言っても、飲み込みますね。選んだのは自分ですもの

 

1個の林檎が店頭に並ぶまで

生産者は、何10回、あかぎれにバンソコウを張るのでしょうか

 

お金を出せば

林檎が食べられる・・・・・・・北国で、その持つ大きな大きな恵みが胸に浸み込みました。

「冥加に悪」くない、食生活を実行しようと思いました。ラブ  by EN

 

 

 

 

AD