マキシマミリスト | トミーは虫の息

トミーは虫の息

40代半ば仕事で身体を壊し50歳で会社を辞めたトミーさん!
悲しいことに未だに身体が動かない。5分も歩けばへたり込む。
この世知辛い世の中で再就職もままならず、ただひたすら引篭り
ニートを決め込む毎日。


エッセイ・随筆ランキング

 

 

 

 

 

無意味な物や無駄な物、役立たずな物達・・・。

 

 

 


そういった物たちに囲まれているのが好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


そういった物たちに囲まれていると、何となく


心が落ち着いてとても居心地良く感じるのだ。

 

 

 


そういった物たちに囲まれていないと、妙に


不安で落ち着かず何やら挙動不審になって

 

精神不安定気味になってしまったりさえする。

 

 

 

 

 

 

 


ただ、どんな物でもいいから物に囲まれて


さえいればいいのかというとそうではなくて


高価だったり貴重な物だったりでは駄目で


陳腐でありきたりで自分の身の丈に合うか


それ以下の物でなければならぬのが掟だ。

 

 

 


多分、最低限の自尊心を担保せんが為だ。

 

 

 

 

 

 

 


機能的で合理的で無駄の無いスッキリした

 

部屋とか空間は確かに素敵に見えるけど、

 

僕はそういう雰囲気の場所がどうも苦手で

 

尻の座り具合が悪いというか居心地が悪い。

 

 

 


それはまるで華やかでお洒落で煌びやかな

 

女子達が大勢いる輪の中に突然投げ込まれ

 

その中に一人ポツンと取り残されたみたいな

 

妙に場違いで身の置き場の無い感覚に近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな物たちが絶妙なバランスで乱雑に

 

散らばっている様なそんな感じの佇まいとか

 

空間とかが、どうも僕には居心地良いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エッセイ・随筆ランキング