最近abemaTVを見まくってる。将棋チャンネル麻雀チャンネルがあるからなのだが・・・これが面白いかつ有用なのだ。なんかのついでにぼーっと見るのに最適だ。寝る前に流すとすぐ寝られるし。

 

少し説明すると、abemaTVはスマホとかで観られる独自多チャンネルシステムなんだけど、無料なのだ。月972円だか払えば過去の番組も見られる(ニコ動プレミアムに似ている)。アプリをインストールするだけでオッケーなので手軽でいい。テレ朝とアメーバの合弁みたいな感じなのでテレ朝の番組もあるし、パラダイスTV製作みたいなスカパーみたいな番組もある。それだけだときついけど、+1にはむっちゃいい、みたいな感じ。

 

藤田晋って人は・・・経営者としてなんかビジョン持っててすごいなぁ~と思う。麻雀にも力入れてるしね。将棋とか麻雀とかお金になりづらいジャンルに注力してくれてるのはものすごくありがたい話であると思う。

 

 

さて、枕が長くなったがそのabemaTVで【炎の七番勝負 第6局】藤井聡太四段 vs 佐藤康光九段【AbemaTV】(←まとめサイトへのリンク)

 

というのを観たのだが・・・むっちゃ凄い一戦だった。藤井四段凄すぎる。まぁ俺レベルではどのくらい凄いのかは正直わからないが、倒した相手が元名人でNHK杯(今回とレギュレーションが似ている早指しの大会)現王者の佐藤将棋連盟会長っていうのが。というか、この7番勝負ですでに強豪5人倒しているというのがもうね。加えて、前回の深浦戦から解説が橋本八段(ヤンキーチックなファッションで有名)になっていて、結構橋本八段好きなので聞いているのだが、まぁまぁ棋士の中でも強い方の橋本八段が「わからない」連発してたり、モバイル解説の藤井9段(元竜王。藤井システムはあまりにも有名)が「よくわからないけど藤井君が指してるということはいい指し手なんだと思う」的な発言していたとか、最新ソフトが読めてなくて、結果からそれが最適手だと後追いしたとか、なんか伝説に残りそうな強さを見せた模様である。

 

俺の感想だと、ここから行けるの????無理くね?あーつながるのか。つか、まだやる(優勢は確定させたので一息入れると思いきや連続攻撃が最後まで止まらず)の???え?行けるの?!!!!まじで!!!すげえええええ詰んだwwwww

 

こんな感じ。すごかった。

 

 

47手目で先手藤井四段が振り飛車。9六銀の段階で棒銀は見えますけど~からの振り飛車で戦端が開かれる

 

 

お互い桂馬を打ち合う。なんかこの前の9六桂馬が凄いって2ちゃんでものすごい言われていた

 

からの

 

 

95手目9四角成で、あああああ、と・・・。

 

プロすげえええええ。というか藤井四段すげええええええ

まだ14歳とか。凄い人がいるものですね。

 

 

触発されてネット将棋(対CPU)をガシガシ打ってます。美濃囲いしかまだ知りませんが。。。wとりあえず将棋、全然お金がかからないのがいいっすねw今まで課金額ゼロ、こんな趣味今までなかったwww