ベレーザの試合は久しぶり。カップ戦の過去二試合を見ると、代表がいないせいか、じっくりプレーを見たことがない選手が多々入っていた。そういった選手達のプレーを見られるカップ戦は貴重な場なのかもしれない。メンバーを考えると伊藤中心のベレーザになるのかな、と思っていた。


 永里亜 岩渕
小林弥   伊藤
  四方  原
佐藤      南山
  須藤 中地
    小野寺

小野寺さんがスタメンで久々に見れて少し嬉しくなった。

狭山の攻撃、左サイドからのパスを見事にカットしたのは



審判




これを伊藤が拾い、小林・永里と渡りPAに居た岩渕へ。ワントラップして左足で蹴り込んでベレーザが早い時間に先制した。岩渕のシュートもお見事だったけれど、これ応援しているチームがやられたらたまったもんじゃないな…、あのパスカットは酷いわ。

ボールが左サイドに流れ拾ったのはオーバーラップしていた佐藤。距離はあったが直接シュート。これをキーパーが弾くもゴールの中へ。あの位置からのゴールって、8年前に杉さんが広島相手に決めたやつがあったな。シュートは見事だがキーパーとしては枠外に弾きたかったところだろう。
その佐藤のミドルで行けると思ったのかベレーザはミドルを果敢に狙っていた。左から持ち込んだ永里がグラウンダーのミドルを見事に決めた後に小林のミドルも決まった。その後に再び永里が決めて5-0となった。
その永里が能力の高さを見せたのがこのシーン。ニアに蹴り込まれたCK。クリアしようとしたDFに岩渕が寄せてボールが中へ。その浮いたボールを永里が反転ボレーでゴール逆側に決めハットトリック達成。
高い位置でボールを奪って伊藤がミドルを決めて7-0。
が、相手のパスが通ってしまった。一旦は小野寺がナイスセーブを見せるもこぼれたボールを必死に押し込まれ一点を返されてしまった。
前半終了前にパスを受けた伊藤が落ち着いて流し込んで8-1となった。


  井関 岩渕
 伊藤   小林弥
   原  四方
松原      南山
  須藤 中地
   小野寺

後半は相手も修正し中を固めてきた。ベレーザは繋いで繋いでゴールを狙おうとするがなかなかフィニッシュまで持ち込めなかった。
点が入ったのは20分経ってから。伊藤がミドルを落ち着いて決めてハットトリック。女子W杯でFK二発決めた宮間が女俊輔と書かれているけれど、利き足からみてもその名に相応しいのは伊藤でしょう、と思っている。
右サイドから原が仕掛け中に残っていた井関に絶好のパスが通る。シュートを放つが選手に当たり後方へ。待っていた小林がミドルを決めて10-1。
そして最後に小林が魅せてくれた。中盤でボールを持つと相手キーパーが前に出ているのを見てシュート、これが何とゴールに入り本人も会心のガッツポーズ。三人目のハットトリック、最後はあまりにも美しいゴールだった。


カテゴリーの違うチーム同士だから勝つのは当然だろうが、見ていて本当に面白かった。特に中盤の飛び出しが凄いこと凄いこと。ゴールはならなかったものの原は色々なところに顔を出し、簡単にボールは奪われないし見ていて楽しかった。テクニックだけでなくボールへの執念、泥臭さもあるのは非常に良い。やはり将来中盤の女王となるのかなと思える内容だった。
動いたのは中盤だけでなくFWもそう。実際に今日の何点かはFWのボール奪取から取れたものだし。スピードのある岩渕が果敢にプレスをかけるもんだから相手DFも疲れることだろう。二年前駒場で7-0だった試合の大野を思い出させる前線からの守備だった。これでまだ中学三年生。将来どうなるのだろうか。
中盤にファンタジスタを三人抱え、前線との絡みも面白く飽きさせない内容だった。これまで出ていなかった選手も楽しそうにプレーしていたし。近くに居たお客さんも言っていたけれど、これでタダというのもおいしすぎるよな。
さて本番は週末の準決勝から。ここからはデイヴィジョン1との戦いだし今日のようにはいかないだろう。今日の一失点を反省し次は守りも素晴らしいものを魅せて欲しい。


実は、今日の相手だったエルフェン狭山は地元の近く。地元の人間としてはもうちょっと頑張れと思いつつも、ベレーザと戦えたのは素晴らしい経験になったのではなかろうか、と今後に期待しようかと思う。
一部に上がれば近場だしアウエー見られる試合が増えるじゃないか。