天皇杯決勝 G大阪-名古屋

テーマ:
長年積み重ねたものの差が出たのかなという印象のゲーム。メンバーが変わってもガンバは西野さんのやりたいことが浸透してるんでしょう。一点目の遠藤-二川-山崎-ルーカスの流れは美しかった。そして後半は遠藤が自由にやってたな。まあ三点目の時点でグラの気持ちが切れてしまったのか。点を取りに行かなければならなかったのだろうが、結果的にアレックス投入がモロに裏目。クリアボールからのカウンターで明神を止められず簡単に抜かれてしまったことで戦意を喪失させる三点目が入ってしまったのだから。
これで2009年シーズンのサッカーも終了。2010年はどんな一年になることやら。
AD

リーグ王者を圧倒して三連覇

今年は家にてネットで観戦。
終わってみれば浦和のシュートは僅か二本。スコアは2-0でも相手を圧倒したというのが分かる。見ていて感じたのは球際に対する強さ。それによりキープが出来る。その競り合いの強さが出たのが、澤が決めた二点目。後ろから入ってきて相手より先にボールにあわせたゴール、お見事。パスに抜け出して先制ゴールを決めた大野も見事。
リーグを逃し悔しい思いをしたからこそ、この試合に賭ける意気込みがあったのだろう。相手も安藤を勝利で送りたいという気持ちがあったが、それを上回るものがあったのかもしれない。
またメンバーも少し変わるのだろうが、再び一年間、奪回目指して頑張って欲しい。
AD