ベレーザ観戦は本当に久しぶり。確か江戸川で北本にボコられた試合を見たのが最後でそれ以来の観戦となる。今年に関しては連覇を目指すのは勿論だが、三人に有終の美を、という思いもある。この試合に勝てば元旦も見届けたい、という気持ちで西が丘に足を運んだ。いつもはメインで見るので最初はそこに座っていたが日陰になり物凄く寒かったため日の当たるバックスタンドへ移動。その際にゴール裏を通ったのだが、あれ?木龍に似た人が、と見ていたらその横に小林詩織の姿が。ゴール裏で頑張るのかな、この二人は。選手がゴール裏に、というのを見て、J2時代の柏ゴール裏で上半身裸の李忠成がいたことを思い出した。



  大野 忍  岩渕真奈
 永里優季    原菜摘子
  澤 穂稀  加藤與惠
南山千明      近賀ゆかり
 須藤安紀子 豊田奈夕葉
     小野寺志保

開始間もない頃、カウンターで左サイドの大野にボールが。どんどん勝負を仕掛けていき角度の無いところから突き刺して先制した。あまりの見事さにただただ首を傾げるばかり。あれで決めちゃうのか、と。このプレーだけでお金払って見る価値は大いにあり。
TEPCOは元々苦戦していた相手だったが若くて巧い選手が入り攻撃的に。トップの丸山は勿論のこと、鮫島・上辻の高い技術とベテラン本間の強さが印象に残った。丸山に巧く抜け出されシュートレンジに入られそうだったが南山がタックルでピンチを切り抜けた。
相手右サイドのCK。上辻のキックをクリアしたボールがこぼれ、後ろに居た田中に廻った。ミドルシュートを打たれDFが頭で防ごうとするも威力があり当たりながらもゴールに刺さった。あれは防がなくても入っていたような気がする。相手のシュートが見事だった。
ボールを奪われ気味だった原を下げて小林弥生を投入。
相手は前線からプレスをしかけ、ボールの出処である澤・加藤を自由にさせなかった。前半は1-1で終了。


 荒川恵理子  大野 忍
 永里優季    小林弥生
  澤 穂稀  加藤與惠
永里亜紗乃     近賀ゆかり
 須藤安紀子 豊田奈夕葉
     小野寺志保


いつ荒川を投入するのかな、と思ったら後半頭から代えてきた。前線でキープ出来る荒川を入れることで周囲が上がれる。ボールが廻り始めた。右サイドでパス交換から抜け出したのは日差しで良く見えなかったが近賀だろうか。グラウンダーのボールを入れて一人囮になり、永里がその後ろにフリーで待っていた。あとは押し込むだけ。あの位置に居たから生まれたゴールだ。
その僅か3分後、相手キックが浅く南山がヘッドで返したところを荒川が巧くトラップすると浮き球のシュート。これがゴールに吸い込まれた。
その辺りから余裕が出来始め遊び心が生まれたようにも思えた。いかにして崩すかを考え色々とテストしているかのように。南山を下げて投入したのが本職の宇津木ではなく永里亜紗乃だったことも、守りに行かず攻めるという姿勢の表れだと感じた。実際亜紗乃も面白いフィードを蹴っていたし姉妹の左サイドというのも面白いものだと感じた。
数回危ないかなという場面があったが1-1で実に須藤が落ち着いていた。鮫島にスペースを与えてから奪ったタックルは見事だった。
試合はそのまま終了。ベレーザが二年連続となる元旦国立を決めた。




最初は、大野のゴールが素晴らしかった、でもそれ以外は…という試合になってしまうのではという不安もあったが、経験のある二人を入れてからは形になっていたかなと感じた。荒川をトップに置くことで後方からロングボールという選択肢が増えた。TEPCOのDFがかなり警戒してると感じたのは気のせいではないだろう。元旦に強いこの選手が再び決めることを期待している。
決勝の相手は有終の美を飾ろうとしたTASAKIを破ったINAC。4-1というワンサイドスコアで勝っているだけに怖さはある。DFはより集中しなければなるまい。

試合後にチケットを購入し準備万端。元旦は三人に有終の美を。
AD

全ては本人の意思

テーマ:
磐田が那須獲得のオファーを出したとか。それに対して代理人に任せると多くは語らなかったが、悩んでいる事だろう。残る人・出る人といるが、選手が決めること。那須自身が残ってヴェルディでプレーしたいという場合は勿論歓迎されるべきだし、他チームでプレーしたいと言えばその決断は尊重されるべきだろう。彼の一年間を見て愛着が沸くのは当然。出ることになってしまったら勿論寂しさはあるが、本人のためには自分が納得した環境でプレーするのが一番だ。

これはチームにも言えることで、プレーヤー同士が同じ熱を持って戦わなければ一丸さは生まれてこない。また李さん話になるが、当時移籍希望していた石塚がミーティングの席に居たことに気付き「ちょっと待ってくれ。君は出て行ってくれ。」と言ったのが思い出される。その後石塚はヴェルディでやりたいという意思を伝えチームに加わった。もし半端な気持ちでプレーしていたら2000年に見せた活躍はなかったかもしれない。

那須にはじっくり考えて後悔のない決断をして欲しい。それが本人とチームのためだから。
AD

嬉しい残留と嘆かれる残留

テーマ:
報知の記事を見る限りオグリは残りそうだ。これでFWの一角は決まりでしょう。ワントップになるのか、ツートップの場合は彼のパートナーは誰になるのか。連携不足や負傷もあり2ゴールに終わったがパスの出し手と呼吸が合えばゴールは量産できるだろう。最高の相棒である二川の役割を担うのが誰になるのか。残れば当然ディエゴ。あとは使い捨てされないようクラブが改善されなければならないだろう。

昨日契約更新した人は、まあ、競争です。我慢が多かった今年だが、その悔しさを活かすチャンスだろう。長年クラブを見てきて言いたいことは多々有るだろうが頑張れ、と。


ここまでは嬉しい残留話。次は逆に何で?といいたくなるような残留話。最終節で華麗なる無能振りを全国に晒した岡田’非’正義。昨年までは審判定年制があったが、それがなくなり来年も審判をするそうな。あの試合があって「岡田氏の能力は高く」と言ってるのだから全く救いようがない。「若い人たちには負けられない。」引退しろ。私のみならずJサポーターの多くはそう思っているはずだ。
AD

温度差のある会合

テーマ:
ラウンドテーブルを終えて感じたことは、真ん中に座っていたフロント陣営の中でも、サポーターの中でも温度差があったのではないかと。事態を重く見た萩原社長はお詫びをしているかと思いきや、7時間も待たせた張本人のゴ湊は相変わらず態度が大きく、終いには「全力でやるのは当たり前じゃないですか」と逆ギレする始末。話を聞くときも腕組んでふんぞり返ってるし。「ヴェルディは健全な経営」と言ってる人の頭が不健(以下自主規制。)ラモスはラモスで言いたいことは言ってくれたが早く終わらせて帰ろうや的雰囲気が少し見え、その一方では常田さんがシーズンチケット購入のお願いをしていたり。とても大山さんの言う一枚岩には見えなかった。その大山さん、最初は「宜しくお願いしまーす」と軽い挨拶に何だこの人?と思ったが組織の問題点が良く分かっているようで。少人数にもかかわらず十分なコミュニケーションが為されていない事と情報管理の杜撰さに驚いたとか。熱意を持って仕事をするならばこうした悪い慣習に染まらずに組織に刺激を与えて欲しいものだ。

サポーターに温度差を感じたのは終わり間際。これで終わってよいかという常田さんの確認に対する賛同の拍手は両サイドからしか聞こえなかった。正面に居た団体さん付近からの拍手はなかった。私は拍手しなかったが、あの場面は何をもっての拍手だったのだろう。まあこれは考えが様々なんで仕方ないか。シーズンチケットのキャンセル用紙を取りに来た人はあの内容で納得したのだろうし。団体のスタンスとしてまだシーズンチケットを購入しない点に関しては安心した。あの内容で「では来年も頑張りましょう」となっていたら間違いなくその場でずっこけていただろう。


未来のビジョンに関しては、親会社に依存しない経営と、自前で選手を育てるということを強く言っていた。数年先を見据えて若手を育てるという点には賛同するが、ユース育ち中心で来年を臨むのであればそれは賛同しかねる。どんな時でも支えてくれ、というのは甘い考え。プロスポーツなのだから魅せる選手がいなければ一見さんは面白さを感じないし、長く見ている人から見ても面白くないな、となるだろう。あくまで例えなのだろうが名前が出ていた25や14が中心になるならば、少なくとも私は見る気にならない。そんな意味ではディエゴ・那須・土屋・大黒は絶対に手放してはいけない選手。彼らを中心に据えて若い選手も入れて戦うのであれば見ようかなという気にもなる。





あくまで過去の話のようだが、プロのフロントを作るためGM制も考えていたとか。どうにも連想出来るのはあのお方しかいないのだが、どの面下げてあの社長もお願いに行ったのだろうか。不当な評価基準で中心選手二人を解雇してチームをバラバラにしておいてその恩師にGMお願いしますってか。あまり人を舐めるなよあの時二人の首を切らずに彼ら中心のサッカーで臨んだ上でGMのオファーを出したのであれば、もしかしたらもしかしたのかもしれない。残念な話だ。やはりあの二人を切った人間は責任を取るべきだろう。

相手はどう出る

テーマ:
色々なブログでラウンドテーブル公開質問状のコピーが掲載されていた。ここでは記さないが、ほぼ皆の疑問が纏まってるかなという感想。ビジョンなき戦力外通告・補強のみならず、最高責任者に対しどのように考えているかも突っ込んでいる。あとはそれについて萩原・小湊がどう返してくるか。この状況で体調不良はさすがに通用するまい。

今後を左右する対面まであと三日

>>440 中谷

テーマ:
大砲チルドレンということか、横浜FCの滝澤加入が濃厚とのこと。しかしこの滝澤に対しては、あんまりいいイメージを持っていなかったりする。その頃に比べてプレーも違うだろうが、2003年の味スタで名古屋相手に4-4となった試合を覚えているだろうか。こちらの左サイドを当時台頭してきた幸治郎に破られて前半で四失点。後半に酒井の退場で数的優位になりパトリックのスーパーゴールと山卓の二点目で同点に追い着いためちゃめちゃアツい試合だった。MOMに近い働きを見せた幸治郎とは対照的にボロボロだったのが左サイドの滝澤。

あの頃の叩かれぶりを探してみたら、おお、あった。
◇集え!!名古屋グランパスファン part102◇

今見直してみるとやっぱり叩かれてたんだなあと。ずっと記憶に残っているのが表題の内容。

その書き込み。

440 名前:   :03/09/28 17:57 ID:7R8/iRBp
てかタッキー叩いてるけど代わりに誰いるのよサイド。
酒井左サイドで吉村ボランチとか?藤本トップ下でサイドに岡山据えるとか?
直志はまだ怪我から完全復帰してないし正直タッキー以外にもコマが足りないのが現状じゃない?
タッキーさげた場合考えても代わり映えしないよ。
この後に大量の

>>440
中谷

が見られた。

というくらい当時はクソだったが、はてどうなっていることやら。しかし何だかんだで、タカ坊・泰成といいグラのOBって結構来てるよな。

大砲の決意

テーマ:
アジアの大砲、というと李承燁を思い浮かべるので、当ブログでは高木さんと呼ぶことにしよう(同じチームに高木さんがいるという突っ込みはナシで。)

有難い事というのが正直な感想。Jリーグワースト1・2を争うフロントが居るチーム、増して先日の対応を見て酷さが世に晒された中でこのクラブを率いたい、と思う人間はなかなか出るもんじゃない。それでも引き受けたのはチームに対する思い入れ、または残された選手に対する思いがあったということなのだろう。あとはいかに彼の下でやりたいという選手が残るか。フロントが勝手に出すという横槍が入りそうな気がするが今後様子見だ。

高木さんは一年だけ李さんの下でプレーした。90分プレー出来る人でのチーム構想を描いていたためそこから外れてしまったが、その一年で得たものもあるはず。翌年の札幌では岡田さんの下でもプレーし、引退後は勉強を重ね、横浜FCを昇格させた実績は記憶に新しい。チームを一つに纏め上げる手腕は期待できるのではないか。


二年目の園田が契約満了となった。昔のスカウトからは変わっているのだろうが、新人獲得・育成に関しては満足出来るものではない。スカウトの眼力に問題なのか。それとも育てられない環境に問題なのか。森勇介が川崎で躍動している姿を見ると当初は育てられない環境に問題がありだと思っていたが、その森と小林大悟を除いては高卒選手が出てこないことを考えると眼力やコネクションの問題か。その二人も李さんが取ってきてるんでそのコネがないとなると、さっぱり・・・。清水が4年前のオフに獲得した岡崎・青山・岩下が主力になっている姿を見ると、やっぱり差は歴然だなあと。

ビッグクラブへの道程

テーマ:
世界クラブ選手権の準々決勝はガンバが勝利した。二川からのパスを播戸が落としたところに左から走ってきた遠藤がきれいに流し込んだ見事なゴール。セットプレーやミドルで危ないシーンはいくつかあったが、完封勝利で次のマンチェスター・ユナイテッド戦にコマを進めた。

思えば数年前はこのガンバもいいチームながら客が来なかった。そしてゴール裏は分裂応援。そんな頃もあったが気付けばゴール裏は一つにまとまった。そしてリーグ優勝してからお客さんも入るように。まあその優勝した時の攻撃サッカーは見事だったからなあ。7点取られたっけ。大黒・アラウージョのツートップは本当に強かった。その優勝から三年を経て、世界の強豪と戦うまでになった。メンバーを見ると殆ど移籍組でその中にユースで育った素晴らしい選手が絡んでいる。宮本の代わりにと獲得した山口、そして稲本の海外移籍に備えてと獲得した遠藤がしっかりとチームの柱になっている。その後も毎年補強しているけれどもチームのサッカーがぶれないというのは大したもの。一時期西野さんも叩かれていたけれどもうそんな声もすっかりなくなった。気付けば今年で七年を全うしたことになるのか。

四年前は上回っていたんだけどな。何がどうしてこうなったのか。

時の人になるのか

テーマ:
入れ替え戦の結果を見ると磐田が松浦の2ゴールで残留を決めた。さて、この松浦、アウエーでも貴重なゴールを決めている。どんなプレーヤーなのだろうと興味を持ち、Youtubeを漁ってると、ゴールシーンが出てきた。うめぇぇ~。ジュビロはこんな選手が居て何でこの位置なんだと単純に思ってしまった(ちなみに今日の2点目で抜かれた富田と田村はヴェルディユース育ちだったりする。)英雄が出たとはまさにこの事。経歴を見ると浜名高出身で和田さんの後輩か。良かったんじゃないでしょうか、地元のスター候補が出てきて。
これで天皇杯を除いては一年終了。あとはストーブリーグ。ガンバが何やら清水の高木に手を出してるみたいだけれど、あのチームは中澤といいやらかしDFが好きなんだろうか。それにしてもあの華麗なオウンゴールは・・・。

金田さん良く言った

テーマ:
2chでリンクされていたひかりTV SOCCER Jステーションなるものを見ると、最終節が流れていた。全部は見ていないが前半に出た疑惑のジャッジ二つを金田さんがおかしいと言ってくれた。平本がPAに突入した際に森勇介に倒されたシーン、「これはファウル」うむ、後から見てもやっぱりファウルだ。
そして問題の福西赤紙が出たところでは
「これニュースで見たんだけど、何だったの?この福西の退場は」
「かぁんがえらんないよ」
「これで退場は無いだろうなと思ってたんよ」
「ただのブロックやで?」
「意図的に操作しちゃいけないよ」
「ヴェルディの置かれてる立場考えてみいや」
「11対11でフェアにゲームを競った上で落ちたならしょうがないというところまでの度量を見せないとゲームは成り立たないって」
「こんな酷いこと無いよ」
元々オジー時代に金田さんはヴェルディのサッカーを買ってくれていたので好感は持っていたが、すぱっと言ってくれたことが嬉しかった。

まあ、ジャッジに異を唱える人がいるうちはまだ良いのかもしれない。一年J1を見ていたが、出る審判出る審判が本当に糞だったという印象しかない。年々酷くなってるという印象を抱いたが実際そうなのだろう。これはおかしい、と言える人がいなくなった時が危険だ。ただでさえ無能な審判がSRとしてのさばってるのだから。しね問題も有耶無耶にされるし。

今のチームはそれどころじゃあないだろうが、審判問題も深刻である。