出場選手 システム3-5-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第19節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 徳重 健太 神戸 1540万 +440万 アップ 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 8fp 12fp
DF 山口 智 G大阪 6400万 -340万 ダウン 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp
DF 加地 亮 G大阪 4540万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 2fp 6fp
DF 藏川 洋平 3200万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp 6fp
MF 栗原 圭介 神戸 1960万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
MF 橋本 英郎 G大阪 5930万 -310万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
MF 二川 孝広 G大阪 6030万 -670万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp -1fp 2fp
MF 大谷 秀和 3400万 -300万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp
MF ディエゴ 東京V 5240万 -460万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp
FW ルーカス G大阪 6760万 -360万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
FW レアンドロ キャプテン 神戸 3550万 0万 変動なし 3fp 0fp -1fp 0fp 0fp 4fp 6fp

ベンチ入り選手
MF ボッティ 神戸 3480万 +260万 アップ 3fp 0fp -1fp 0fp 0fp 5fp 7fp
FW 平本 一樹 東京V 1690万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
FW 矢島 卓郎 清水 1340万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp


59fpでランクダウン。まさか徳重が稼ぎ頭になるとは思わなかった。そこは成功したがあとが…。しかし拓三が9fpでベストイレブンじゃあ全体的に低かったんだろな。

AD

磐田(ヤマハ)□1-1 頑固一[哲]

テーマ:
試合は見てないので多くは語らないが、14に代わって入った拓三のゴールでどうにか引き分けに。
言うと思ったと言われても言わせてもらいます。
最初っから拓三使っときなよ哲さん。
もう14にこだわる理由も無いでしょう。次の新潟でも使ったら起用に関して疑いますよホント。
似たような例を思い出すと松木時代。
何故か廣長が左サイドバックで使われていた。
その年の後半戦、小見さんは本職の杉さんを使い守りが固まりどうにか残留できた。
いかに松木が無能であるかということがこれだけでも十分に証明出来るというもの。
さすがに哲さん次は拓三使うよね。
14を使うなとは言わない。でも適材適所ってものがあるのだから。
次は納得出来る布陣でお願いします。

そういや廣長も14番だっけか。
AD

出場選手 システム3-5-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第19節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 徳重 健太 神戸                  
DF 山口 智 G大阪                  
DF 加地 亮 G大阪                  
DF 藏川 洋平                  
MF 栗原 圭介 神戸                  
MF 橋本 英郎 G大阪                  
MF 二川 孝広 G大阪                  
MF 大谷 秀和                  
MF ディエゴ 東京V                  
FW ルーカス G大阪                  
FW レアンドロ キャプテン 神戸                  

ベンチ入り選手
MF ボッティ 神戸                  
FW 平本 一樹 東京V                  
FW 矢島 卓郎 清水                  


Verdyの選手を入れたかったけれど苦手の磐田相手なのでディエゴのみ。千葉相手に神戸のレアンドロが高fpの予感。Verdyのレアンドロは不在?高い金払った割には外れだな。。

AD

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第18節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 藤ヶ谷 陽介 G大阪 4400万 +330万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 0fp 8fp
DF 山口 智 G大阪 6740万 +610万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 3fp 11fp
DF 加地 亮 G大阪 4540万 +590万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 2fp 10fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4670万 +350万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 0fp 8fp
DF 吉田 麻也 名古屋 2070万 -370万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
MF 安田 理大 G大阪 3640万 +270万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp -2fp 2fp 8fp
MF ディエゴ キャプテン 東京V 5700万 +420万 アップ 3fp 0fp 2fp 1fp -2fp 3fp 7fp
MF マギヌン 名古屋 3220万 +540万 アップ 3fp 2fp 4fp 1fp 0fp -1fp 9fp
FW 大黒 将志 東京V 2700万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 1fp 0fp 1fp 4fp
FW 平本 一樹 東京V 1690万 +480万 アップ 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 3fp 7fp
FW バレー G大阪 6860万 -360万 ダウン 2fp 0fp 1fp 1fp 0fp 0fp 4fp

ベンチ入り選手
DF 中澤 聡太 G大阪 3430万 +250万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 0fp 8fp
MF 谷口 博之 川崎F 2850万 0万 変動なし 3fp -1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 3fp
FW 杉本 恵太 名古屋 3340万 +560万 アップ 1fp 0fp 7fp 1fp 0fp 2fp 11fp


平均を上回り年俸もかなり上がったが、マヤぁぁ…orz。きっちりチェックしておけば良かった。とりあえず今回の勝ち組は清水使った人達のようだ。

柏(味スタ)○2-1 まだまだ差はある相手

テーマ:
元レイソルが多いだけに因縁の相手である柏。それはもう試合前の選手コール時から伝わった。土肥が入場するとブーイング。バウルと福西の時に大きなブーイ ング。過去の柏スレを見ても福西の嫌われっぷりは認識していたが本当に憎まれてるんだな。。そしてディエゴの時は何と拍手。昇格の功労者だし柏サポにとっ ては特別な選手なのだろう。その後特に因縁はないはずのオグリにブーイング。選手紹介時は柏バカ一代を歌っていたためブーイングは無かったが、ちょうどハ ルのところで空白が出来たので大ブーイング。まあハルとバウルに関してはしょうがないか。田辺アナと松尾アナにブーイングしてたがアンパンマンにはさすが にしてなかった。


  大黒将志  平本一樹
      ディエゴ
  柴崎晃誠  福西崇史
      菅原 智
和田拓三      富澤清太郎
  那須大亮  土屋征夫
      土肥洋一


李忠成のポストプレーからアレックスが抜け出しクロスが入った。一度はクリアするも逆サイドに流れていた李がシュート。土肥がどうにか弾いてゴールにはならなかった。。二年前に国立で見た時とは全然違い、石さんの下で本当に成長した、このFWは。
前線から繋いでディエゴがシュートを放つも枠外。
今日先発に抜擢された晃誠。球際に強くなりいい位置に顔を出していた。ディエゴの素晴らしいパスが晃誠に通りクロス。オグリが触るだけだったが惜しくも合わず。
左でパスを受けたディエゴがスペースへパス。一樹に通りライン際からマイナスのパス。オグリが囮となりDF二枚を引きつけていたため後方にいた福西がフリーに。落ち着いてゴールを決めてヴェルディが先制した。


20080720_2924
あれだけブーイングしてた福西に決められちゃ柏サポもたまったもんじゃあないだろな。


この日左サイドに入った拓三。彼が前半効いていたように思える。日立台では右の太田圭輔に好きなようにやられてしまったが、今日は晃誠と共に前半は太田封 じに成功したと言っても良いだろう。同い年で清水で一緒にやってたから相手の動きも分かっていたのかもしれない。その拓三が中盤からクロスを入れてオグリ がトラップ。反転してシュートを放つも菅野にキャッチされる。
同じく左サイドの拓三が前線でボールを持つとワンタッチで前に。センタリングをニアにいたオグリが頭で合わせたが惜しくも外れてしまう。コンディションがよければ決まっていただろう。
前半終了間際、フランサに代わってポポが入った。スペースを消していたのもあるが彼のパスが今日は今ひとつだった。それでも代わったポポも怖い選手だ。油断禁物。


  平本一樹  飯尾一慶
      ディエゴ
  大野敏隆  福田健介
      菅原 智
和田拓三      富澤清太郎
  那須大亮  土屋征夫
      土肥洋一


相手は前半左サイドだった石川を下げて、石崎サッカーの具現者・山根巌を投入。それにより大谷を左サイドに配置してアレックスと共にそこを突こうという意図が見えた。
そのせいか、後半はチームが変わったかのように攻められた。前半全く聞かれなかった「ゴールゴール柏ゴール」の大きな後押し。手強い。土肥のキャッチが流 れポポにキープされる。取ろうとするもボールを奪えず中に居た李がシュート。ゴール真ん中に居た選手も棒立ちだったがポストにすくわれた。また、ポポがニ アに蹴ったボールを大谷がシュート。危なかったがこれはどうにか全員で守りきった。
どうにか流れが変わってくれないものかと思っていたらボールがディエゴに渡り2-2の状況。左に開いた一樹を見てタイミング良くパス。パスが通ったところ を古賀に倒され審判はPKの宣告。そして古賀にはレッドカード。PKをディエゴが決めて2-0に。これで決まったかと思ったがそうはいかなかった。
10人になった柏だが動きが止まる事は無かった。後半にこれだけ動けるとは。そして左サイドからのCK。ポポが先ほどと同じようなボールを蹴り再びニアで大谷が合わせる。これがゴールとなり1点差となってしまう。
アレックスのシュートを防ぎ、李のヘディングも防いだ。まだまだセットプレーは続く。セットプレーのボールがこぼれたところを李に押し込まれ同点、と思っ たらその前にファウルがあった。微妙な判定ではあったがこのまま試合終了。柏サポーターからは大ブーイングと後味の悪い試合となった。


もし後半の布陣で最初から戦っていたら結果は違っていたのかもしれない。石川が悪かったわけではないが、大谷がサイドに入ったことと山根がボランチに入っ たことにより柏本来のリズムになったことは間違いない。この布陣でなかった前半のシュートは一本だけだった。前節からの期間が短いことでああせざるを得な かったのかもしれない。後半は10人になりながらも柏のゲームだった。最後まで諦めない素晴らしいチームを作ったなと改めて石さんには敬意を表したい。
10人相手に攻め込まれたヴェルディはまだまだ。勝ちはしたものの後半の内容は完敗と言ってよいだろう。CKからの失点はディエゴが戻らなかった事も影響 しているか。最後にカウンターのチャンスがあったもののミスで潰してその後李のシュートに繋がってしまっていた。疲れだろうか。
MOMは那須だったが今日の勝ちは一樹無しには有り得なかった。得点に絡んだ事もそうだが、前線から果敢に守備をして何度もボールを奪っていた。ああして もらうと後ろの選手はすごく楽になる。得点こそなかったが(シュートもか)持ち味は存分に出せたのではないか。徐々にコンディションを上げるオグリと共に あとは結果だけだ。
そして拓三の復活は心強い。左でも十分に対応出来る事が分かった。ゴールはならなかったものの決定的なクロスも入っていたし及第点。次はハットが戻ってき て拓三は右になるから右からの攻撃も期待出来そうだ。今の右サイド?フリーの状態で福田に対するショートパスもミスするような選手は話にならない。現地で あれだけ激怒したプレーもそうそうないわ。


次は磐田。過去三戦は全敗。名波先生にそろそろ意地は見せないとな。




20080720_win

勝利の喜び。



20080720_osama
ディエゴとオサマ。



フードパークでは何も手を出さなかったが、府中で祭りがあったので林檎飴を食した。やはり夏は良い。

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第16節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 藤ヶ谷 陽介 G大阪 4070万 +300万 アップ 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 2fp 7fp
DF 山口 智 G大阪 6130万 -320万 ダウン 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 5fp
DF 加地 亮 G大阪 3950万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 5fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4320万 +560万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 2fp 10fp
DF 吉田 麻也 名古屋 2440万 +410万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 1fp 9fp
MF 安田 理大 G大阪 3370万 +250万 アップ 3fp 1fp 1fp 1fp 0fp 1fp 7fp
MF ディエゴ キャプテン 東京V 5280万 -590万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
MF マギヌン 名古屋 2680万 +240万 アップ 2fp 1fp 0fp 1fp 0fp 1fp 5fp
FW 大黒 将志 東京V 2700万 -300万 ダウン 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp
FW 平本 一樹 東京V 1210万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 3fp
FW バレー G大阪 7220万 +660万 アップ 3fp 0fp 4fp 1fp 0fp 2fp 10fp

ベンチ入り選手
DF 中澤 聡太 G大阪 3180万 +290万 アップ 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 5fp
MF 谷口 博之 川崎F 2850万 -250万 ダウン 3fp -1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp
FW 杉本 恵太 名古屋 2780万 -240万 ダウン 1fp 0fp 0fp 1fp 0fp 1fp 3fp



赤のDFが出場停止で川崎はチャンスだろうがここはガンバとグランパス固めで。ウチの和製ツートップにも期待。

和の心

テーマ:
報知とスポニチにフッキ退団濃厚という記事が載っていた。単なる出産立会いで飛ばしだろうと思いつつも、最悪の事態は考えた方がいいだろう。スポニチの写真にもあったが、哲さんの労いを避けるようにしていた。現地で見ていても雰囲気が良くないなということは十分に分かった。

報知を見て気になったのは、本人と代理人が残留を希望しているということ。しかしながら、続けたいのであれば一人カッカせずに周囲とうまくやっていくことも必要ではなかろうか。レオにも言えることだが審判と戦っていて勝手にイライラしているように思える。その結果守備もおろかになり、味方のミスに対しても感情をむき出しにしてしまっている。途中交代にも納得せず雰囲気を悪くしているのかなと。

この日後半に一つ面白いプレーがあった。PA左にいたオグリが逆サイドにいたディエゴに浮き球のパス。少し長かったが可能性を感じさせたプレー。ナイスプレーだったというのはその後見せたディエゴのリアクションが証明している。と同時に、日本で成功するタイプはディエゴのようなプレーヤーなんだろうなと感じた。アシストした選手のところに先ず駆け寄るところも素晴らしい。ブラジル人でありながら和の心も持ち合わせてる。

能力は素晴らしい。あとは同じ目標に向けて走ろうという気持ちが大切。ベクトルが違っていてはチームにならない。このチームで戦うのなら意識を合わせておくれ。話はそれからだ。

浦和(埼玉)●2-3 チャンスを逃している現状

テーマ:
勝てる試合を落としてしまった、という思いと、今のチームでは妥当な結果かな、という思いが混在している。今の状態で浦和に勝てるとしたら今日が最大のチャンスだったのではなかろうか。エジミウソンの出場停止に、ロビーとアレの怪我。この三人がいなくてようやく今日のスコアなのだ。そこまで強いチームだという印象は無かった。実際得点は阿部のCKからトゥーリオの頭と、セットプレーで富澤がファウルを犯して与えたPKと、阿部のCKからトゥーリオのヘディングがDFに当たりうまく対処出来ずにゴールに吸い込まれた、というもので流れからの得点は無かった。数年前の山瀬やエメが絡んでいた時の方が怖かった。それくらい今の浦和も決して良いわけではないのだろう。だからこそ勝ちたかった。


妥当な結果だと思った理由は細かいミスの多さと視野の狭さにあった。前半にハルがフリーのレオに渡そうとしてパスが長すぎて駄目だったり、土肥とハルの呼吸が合わず投げたボールがそのまま浦和へ、というシーンがあったり勿体無いミスが多かった。そして視野が狭いと感じたのは三点目に繋がるCK。右サイドから大きなサイドチェンジが相馬に通ったわけだが誰も相馬に行っていなかった。バウルがCKにしたものの結局はそこから決められている。ボールウォッチャーにならずに逆サイドをケア出来る人間がいたらこうはならなかったのかもしれない。


気付けば下は4チームだけ。川崎が頑張らなかったら下は3チームのみだった。確かに団子状態で一気にランクアップしてもおかしくはないが、危機感を抱いて臨まなければならないだろう。攻撃に関してはオグリがフィットしてくればそれほど悲観する事はない。今日のようにセットプレーで繰り返しやられないよう守りを大切に。


それでは今日の締めは、見事にハットトリックを決めたあの人風にいってみましょう。














































「アノ14バンカエテヨ!!!」

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第16節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 土肥 洋一 東京V 3430万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 2fp 6fp
DF 服部 年宏 東京V 3760万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 1fp 5fp
DF 土屋 征夫 東京V 3760万 0万 変動なし 3fp 1fp 1fp 0fp 0fp 0fp 5fp
DF 那須 大亮 東京V 3150万 -270万 ダウン 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp
DF 内田 篤人 鹿島 4130万 +310万 アップ 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 2fp 8fp
MF 小笠原 満男 鹿島 7610万 +360万 アップ 3fp 0fp 1fp 1fp 0fp 4fp 9fp
MF 中村 憲剛 川崎F 8800万 -460万 ダウン 3fp -1fp 0fp 0fp 0fp 3fp 5fp
MF マルシオ リシャルデス 新潟 2240万 +200万 アップ 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 2fp 7fp
FW 平本 一樹 東京V 1210万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 3fp
FW フッキ キャプテン 東京V 6310万 -330万 ダウン 3fp 0fp -1fp 0fp -2fp 3fp 3fp
FW レアンドロ 東京V 2710万 +250万 アップ 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp 6fp

ベンチ入り選手
MF 菅原 智 東京V 2130万 +190万 アップ 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp 5fp
MF 福西 崇史 東京V 2120万 -240万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp 1fp 2fp
MF 河野 広貴 東京V 1150万 +190万 アップ 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp 4fp

まあフッキの日じゃないとこんなもんだな。ボーナスでどうにか平均近くまでなったけれど、ボロボロよのう。

京都(味スタ)●0-1 敗戦は自分達の責任

テーマ:
このチームはまだまだ脆いという事が分かった試合だった。セットプレーからのクリアボールで菅原がフェルナンジーニョを前に向かせてしまい駆け上がった柳沢にパスが通ってしまった。服部が相対していたがフェイントで抜かれて難なく決められてしまい、これが決勝点となった。こういうお粗末な失点をしているうちはまだまだ。他にも渡邉のシュートやフェルナンジーニョが抜け出してシュートがポストを叩いたシーンなんかはどちらも入ってもおかしくなかったし守りはそれほど良くなかった。

ヴェルディもチャンスが無かったわけではなく、前半は右からのクロスに平本のヘッドが惜しくも外れたり、バウルのヘッドもあと少しであったり。最大のチャンスであった後半右からのクロスが流れフッキがフリーだったシーンはシュートが水谷にぶちあたってしまった。あれが入っていれば、という思いもあったが今日はフッキの日ではなかった。確かに大久保の執拗なマークや試合を壊す害虫に苛立っているのは良く分かった。が、カッカ来て期待していたパフォーマンスが出来ていなかったのも事実。前線から積極的に守備していた柳沢とは対照的に脚が止まっているシーンが何度も見られた。どこか痛めたのかもしれないが。また、周りが見えなくなるのも伝わった。後半左からシュートを放った時那須が怒っていた。フリーで待っていたのだろう。パスを選択していれば結果は違ったかもしれない。能力は誰しも分かってるが、サッカーは11人でやるものだと分からないうちは成長が停滞するだろう。低レベルな審判に苛立つ気持ちも分からなくはないが、成長してプレーで黙らせるしかない。

審判の名前を聞いて嫌な予感はしたが(馬鹿山やお粗末尾の時に勝った記憶がない)、敗戦は自分達の責任。レフェリングの向上なんて期待できないのだから自分達が成長するしかない。

明るい材料は大黒に関してモノが違うとわかったこと。トラップや落としの正確で動き出しも早いこと。いい動きをしていたのにボールが来なくて晃誠に注文していたが今まであの動きを出来る選手はいなかったように思える。大黒の動きに応えられるようになれば質も上がってくるし、出番が少なくなる選手も、こういったハイレベルな競争相手に負けまいと自分をより高められるのでは、と期待している。次はディエゴが戻ってくるしより大黒にもシュートチャンスが増えるだろう。楽しみではある。