いや素晴らしい

テーマ:
素晴らしいね、ミスターは。楢崎・吉田・バヤリッツァ・阿部・ヨンセン・玉田・直志・マギヌンがいなくともほぼベストの京都に勝っちゃうんだから。佐藤・新川・花井とは、他のチームから見たら誰?というメンツを使っても結果を残す。若い巻と津田のゴールでファンも嬉しい事だろう。ただ、この監督のいいところは、単純に若い選手を使うんじゃなく、ベテランも腐らせずに使っているところ。米山のボランチ起用なんてのもその表れでしょう。この日CBに増川と三木が入っているようにここは層が厚い。ボランチは今日出ている吉村に、直志と山口慶がいるもののここは層が薄め。となると、技術のしっかりしている米山を使わない手はない。先を見据えての起用という事だろう。ミスターも戦力としてみている、ということだ。こんな使える選手を出しちゃうバカなクラブもそういえばあったな。

さて、ヴェルディは、何も残らない試合をしてくれたそうな。ディエゴ不在とは言えほぼレギュラーで固めて磐田に0-3はまずいだろ。哲さんも苦労してるな。ただ、現地に来た人を大きく落胆させた事をチームは忘れてはいけない。

元ヴェルディが多い横浜FCはえらい試合をしちゃったようで。4番は5失点に関わってしまった。一人の責任ではないだろうが、これじゃあ何としても戻って来いなんて言われないな。危機感抱いて臨んでおくれ。
AD

ナビスコ杯 DERBY(A・味スタ)●0-3

テーマ:
  LEANDRO  HULK
       DIEGO
  大野敏隆  福西崇史
      菅原 智
服部年宏      和田拓三
  那須大亮  土屋征夫
      土肥洋一

後半 菅原 智→富澤清太郎 大野敏隆→河野広貴


相手の新しい試みが見事に当たってしまったなという試合。ボランチ起用されたブルーノ・クアドロスが羽生のパスを受けて放ったミドルが入ってしまい先に点を与えてしまった。その後もブルーノがフィニッシュと言うシーンが何度かあったが決定的なものを土肥がセーブして何とか食い止めた。セットプレーからバウルのパスを受けた那須のシュートは惜しくも正面。テクニックでかわして抜け出したレアンドロが放ったシュートは惜しくも枠外。このチャンス二つを逃したのが後々に響いてしまった。
後半は攻めていたが相手はFWまで自陣に戻って守備。これもプラン通りなのだろう。なかなか決定的な場面は作れなかった。
塩田のGKはミスキックに見えたが切れずにカボレがキープ。拓三が競り合っていたがファウルの判定。徳永のFKを佐原に合わされ0-2に。最後は近藤に流し込まれ0-3と完敗。
二点目を入れられた時点で勝負は決まった。佐原につき切れずどフリーにしてしまったのは問題だろう。ファウルも微妙ではあったがセットプレーで取られている点は修正しなければならないだろう。
あとは細かいミスと周りが見れていない事が気になった。前半に右サイドでレアンドロがキープして拓三に出したが相手DFが届く範囲に出してしまったレアンドロのミス。もう少し外に出していれば拓三がセンタリング出来ただけに勿体無かった。フッキは周りを使うことを覚えましょう。左にレアンドロや服部がフリーで待っているのに強引に密集地帯に仕掛けに行って取られるくらいなら簡単にプレーの出来る選手を使っておくれ。


ワンサイドゲームとなったが悲観しすぎる事はない。ナビスコは三試合終わった時点で無理だと思っていたのでリーグ戦に専念してくれれば良い。
AD

出場選手 システム4-4-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第13節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 菅野 孝憲 2310万 +210万 アップ 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 1fp 5fp
DF 竹内 彬 名古屋 2860万 -250万 ダウン 0fp 0fp 0fp 2fp 0fp 0fp 2fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4540万 +340万 アップ 3fp 1fp 0fp 2fp 0fp 1fp 7fp
DF 吉田 麻也 名古屋 2810万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 2fp -2fp 0fp 4fp
DF バヤリッツァ 名古屋 3030万 +280万 アップ 3fp 1fp 0fp 2fp 0fp 0fp 6fp
MF 山瀬 功治 キャプテン 横浜FM 5880万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp 5fp
MF 中村 直志 名古屋 3260万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 2fp -2fp 2fp 5fp
MF マギヌン 名古屋 3190万 +530万 アップ 3fp 0fp 4fp 2fp 0fp 0fp 9fp
MF 小川 佳純 名古屋 2860万 +260万 アップ 3fp 0fp 0fp 2fp 0fp 2fp 7fp
FW ヨンセン 名古屋 5650万 +420万 アップ 3fp 0fp 1fp 2fp 0fp 1fp 7fp
FW ロニー 横浜FM 3220万 -280万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp

ベンチ入り選手
MF マルシオ リシャルデス 新潟 2040万 0万 変動なし 3fp -1fp 0fp 0fp 0fp 1fp 3fp
FW 玉田 圭司 名古屋 4130万 +540万 アップ 3fp 0fp 3fp 2fp 0fp 2fp 10fp
FW 杉本 恵太 名古屋 3570万 +470万 アップ 1fp 0fp 0fp 2fp 0fp 7fp 10fp



66fpと振るわなかったものの順位はアップ。あー何で俺フッキ選ばないかねorz
ベストイレブンにDHL揃い踏みなのね。
しかしベストイレブンに9fpの選手が多いって事は全体的に低調だったんだろうか。
AD

予想以上の出来

テーマ:
3月の開幕から二ヵ月半経過して、リーグ戦は中断。一段落したところでここまでの出来を振り返ってみる。

フッキという大きな柱が抜けて臨んだシーズン。一人のストライカーに依存しないチーム作りを目指していたのだろうが、破壊力に乏しかったのは否めない。事実、フッキが戻るまでの4試合で勝ち点は1、得点は3だった。去年までの4-2-3-1はワントップに柱となるストライカーが居て成り立つものであったが、レアンドロはそのチャンスメーカーなのでその類ではなく攻撃の型はなかなか出来ていなかったように思える。
守りでは4試合を終えて7失点で良いとは言えない数字ではあったが、今シーズン加入した那須の存在が大きく大崩はしないように思えた。

そんな中で朗報という他ないフッキの復帰。初戦の神戸戦でそれが現れた。シュート数は相手を大きく上回り、若き新星・河野のゴールで復帰後初勝利を手にした。続くダービーでは間接FKをフッキが決めて勝てる空気はあった。が、交代の失敗もありオウンゴールで力尽きて、さらには馬鹿な主審のせいでフッキが三試合の出場停止を喰らってしまう。

次の週は地獄を見た。若手主体で臨んだナビスコは、清水に5点取られる大敗。土肥・バウル・服部・福西を欠いている中ではこれが実力なのだろうと判断した。戻ってくれば大丈夫、そう思っていた。が、日立台でレギュラーメンバーを揃えていたにもかかわらず李忠成が戻ってきてそれがフィットした柏に5失点を喫してしまう。さすがに日立台でそれを目にした時は怒らずにはいられなかった。様々なブログでは哲さんの解任話まで出ていた。その判断は早いと思っていたが心配ではあった。が、この連続大量失点が後に生きてきた。

ピクシーの愛称で親しまれたミスターことストイコビッチ監督率いる首位名古屋をホームに迎えたこの試合、ヴェルディは布陣を変えた。J2では守りを固める意図のあった4-2-3-1をさらに守備的にし、トレスボランチの4-3-1-2に変更した。トレスボランチの底に入った菅原のカバーリング能力を活かしたこのシステムで守備が固まり、ディエゴと河野のゴールで名古屋に勝つことが出来た。
ツートップの効果が現れたと実感できたのはフッキが戻ってからだった。新潟戦はスコアレスドローに終わったものの、クラシコでは幾度も素晴らしいカウンターを見せ、守備の固い横浜からフッキ・ディエゴ・福西のゴールで勝つことが出来た。続く札幌戦ではブラジル人トリオが揃い踏み。レアンドロを含めた三人がかみ合ったと感じさせる勝利だった。
大分での敗戦を経て臨んだ昨日はラッキーな面もあったがワンサイドゲームで勝ち、11位で中断前のリーグ戦を終了した。


ここまでは上々の出来だと思っている。どこまでJ1で通用するかと思われたフッキとディエゴだが、十分トップクラスの能力があることがうかがえた。それにレアンドロが加わることでJ1屈指の攻撃陣となった。しばらくはこれで行けるのではないか、と思っている。外国人頼みと言うのはチームとしてよろしくない、という声もあるが先ずはJ1残留が最優先。この形で問題ない。
が、将来を考えると若い選手が伸びないと厳しい。今の守りは那須が入ったとは言えほぼベテランで固まっている。徐々に彼らを脅かす選手に出て欲しいものだが、誰が入るか、となると今は名前が出てこない。出場停止等でチャンスは必ず巡ってくるのだからその時にポジションを掴んで離さないくらいの意気込みで臨んで欲しい。


シーズンの後半、どんなチームになっているのか。楽しみである。

清水(味スタ)○4-1

テーマ:
不発弾のせいで野球とブッキングしてしまいどちらかを犠牲にするしかなかったが、今回は野球をやめて味スタに。所用で入りはギリギリだったため、フードパークを堪能できず。塩ザムライを食べたかったが残り少なかったため断念、トホホ。


  LEANDRO HULK
       DIEGO
 大野敏隆   福西崇史
      菅原 智
服部年宏      和田拓三
  那須大亮 土屋征夫
      土肥洋一


右サイドから真ん中へ。シュートレンジに入ったディエゴがミドルを放つも西部にセーブされる。また、右サイドからフッキが持ち込みDFに潰されたところをディエゴが後ろからシュートするもこれも枠外。
今思えば前半最大のピンチだったろう場面。岡崎のポストプレーから右サイドの枝村に出されセンタリング。フリーで待ち構えていたフェルナンジーニョがボレーシュートも枠外。完全にやられた、と思っていただけにあれは助かった。そのちっこいおっさんがずっと激怒していた。もっと言え、言ったらイエローが出るから。と思ったらフッキがなだめていた。
フッキの左足シュート・左サイドからボールを受けた福西のシュート・フッキの二度のヘディングは全て枠外。攻めてはいるもののなかなかゴールを割れなかった。
清水陣内でのバックパスにレアンドロが猛然とプレスをかけに行った。そのプレスにたまらず高木和道がバックパス、とこのキックがゴール右に張り出していた西部が完全に逆を突かれた形となりそのままゴールに吸い込まれた。昔クリアボールを自分の顔に当てて独走許してゴールされたというやらかし歴のある男。こちらからしてみれば笑うしかないゴール。もし自チームの人間が同じことしてたら激怒だったろうな。
その直後にブラジルトリオの崩しからフッキが抜け出すが味スタの悪い芝にコケ気味でシュートを外してしまった。
その後大きな動きも無く43分。ボールを繋ぎ人も密集していて良く見えなかったが最後はフッキが抜け出し角度のないところからゴール。あれ?オフサイド?と思っていたら主審がゴールの判定。その瞬間、健太が副審に殴りかからんばかりに走り寄っていた。見ていて分からなかったが、大手掲示板によると、フッキがオフサイドポジションと副審が判定したが、そのフッキに出たボールは清水の選手からだったためオフサイドにならない、ということだった。
2-0で前半は終了。清水サポからは大きなブーイングが起きていた。


相手が前線に送ったボールを服部がカットして大野へ。左に開いていたレアンドロにパスが通りPAへ。前には青山が居たがその脇を通るシュートを放った。これが西部にとってはDFがブラインドとなり見えなかったのかゴール左隅に転がった。ゴールの時は分からなかったが、後でVを見てものすごく巧いシュートだった。
相手は伊東・枝村を下げ兵働とマルコス・アウレリオを投入した。
セットプレーの後またボールを広い中へ。バウルに渡ったが相手のプレスが来ていたため後ろに。フッキがキープ後、ループを狙うも枠外。
兵働とアウレリオを入れてから相手ペースになった。アウレリオのループシュートは土肥が好セーブを見せたがその後は攻めに攻められた。事実兵働一人で三本シュートを放っていた。これでは点を取られたら波に呑まれかねないなとも思っていた。
が、それを破ってくれたのもブラジル人だった。CKからクリアボールをレアンドロがフッキへ預けターン。フッキはシンプルにレアンドロへ落としてレアンドロがドリブル。左後ろから全速力でフッキが上がりパス。フッキが勢い良く振りぬいてゴールに突き刺し試合を決定付ける四点目が入った。
フッキ・レアンドロと決めて次はディエゴが決めれば揃い踏み。フッキのスルーパスがディエゴに通りゴールは貰った、と思ったが惜しくも枠を外れてしまう。
今日の福西を見てパスミスもあり少し苛立っていたのだが、笑わせてくれたのがこの場面。ヴェルディのスローインとなりボールボーイからボールが投げられた。が、そのボールが見えなかったかのように福西はボールではなく水を取った。ボトルに手を伸ばす間に転々と。ここまで来ると本当に職人芸だ。
これであとは完封だ、と思ったらセットプレーのこぼれ球を青山にシュートされそのクリアミスがゴールに入ってしまった。完封で行きたかったがしょうがない。
セットプレーから菅原に渡りミドルを狙うも惜しくも枠外。ディエゴがミドルで外国人揃い踏みを狙うも西部にセーブされ得点ならず。その後相手にシュートは打たれたが点は与えなかった。
試合は終了。近い順位のチーム相手から大きな勝ち点3を手にした。



4-1だが実力どおりの結果とは言い難い。相手のプレゼントゴールとフッキのゴールで前半2-0と出来た事でこちらはそれほどリスクを犯さずに済んだという事だろう。カウンターで臨んだからというのもあるだろうがほぼ相手に後半は支配されていた。ミスが無ければ分からない試合だったと思う。そういう意味では慢心してはいけない。

内容については今日はこれくらいで良いだろう。レアンドロのお姉さんが昨日亡くなっていた事を先程知った。急な事でプレー出来る状態ではなかったと思う。が、彼はピッチに立った。MOMに輝いたことからも分かるように間違いなく今年一番の出来だった。苦しい状況の中チームのためにプレーしてくれた今日の事は忘れない。次週からはナビスコでリーグは暫く中断となる。可能であればすぐにでも故郷に戻して欲しい。彼が悲しみを乗り越えた後、共に戦おう。

出場選手 システム4-4-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第12節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 菅野 孝憲 2100万 +350万 アップ 3fp 5fp 0fp 1fp 0fp 2fp 11fp
DF 竹内 彬 名古屋 3110万 +520万 アップ 3fp 4fp 0fp 0fp 0fp 2fp 9fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4200万 +310万 アップ 3fp 4fp 0fp 0fp 0fp 0fp 7fp
DF 吉田 麻也 名古屋 2810万 +260万 アップ 3fp 4fp 0fp 0fp 0fp 0fp 7fp
DF バヤリッツァ 名古屋 2750万 -310万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
MF 山瀬 功治 キャプテン 横浜FM 5880万 -310万 ダウン 3fp -1fp 0fp 0fp 0fp 1fp 3fp
MF 中村 直志 名古屋 3260万 +540万 アップ 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 6fp 10fp
MF マギヌン 名古屋 2660万 -290万 ダウン 3fp 1fp 0fp 0fp -2fp 0fp 2fp
MF 小川 佳純 名古屋 2600万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp
FW ヨンセン 名古屋 5230万 -460万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
FW ロニー 横浜FM 3500万 +460万 アップ 3fp 0fp 12fp 0fp 0fp 1fp 16fp

ベンチ入り選手
MF マルシオ リシャルデス 新潟 2040万 +580万 アップ 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 4fp 9fp
FW 玉田 圭司 名古屋 3590万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp 6fp
FW 杉本 恵太 名古屋 3100万 -270万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp



固めすぎだな。波乱が起きない事を願うのみだ。

出場選手 システム4-5-1 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第12節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 水谷 雄一 京都 1420万 +240万 アップ 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp
DF 冨田 大介 大宮 2890万 -250万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp 2fp 3fp
DF 増嶋 竜也 京都 2280万 +380万 アップ 3fp 2fp 0fp 0fp 0fp 3fp 8fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4200万 +310万 アップ 3fp 4fp 0fp 0fp 0fp 0fp 7fp
DF 長友 佑都 F東京 1890万 -330万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
MF 佐藤 勇人 京都 2860万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
MF 渡邉 大剛 京都 2750万 -310万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp -1fp 0fp
MF 谷口 博之 川崎F 3660万 -320万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp 2fp 3fp
MF 中村 憲剛 キャプテン 川崎F 9750万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp 6fp
MF 小川 佳純 名古屋 2600万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp
FW ジュニーニョ 川崎F 6860万 -360万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp

ベンチ入り選手
GK 江角 浩司 大宮 2860万 -250万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp
MF 中山 博貴 京都 2070万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp
MF 菊地 光将 川崎F 840万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp 1fp 2fp



勝利チームが一個も無いという大外しで48fp…orz
一週間も空いてて相手が千葉なのに負けるかフツー>京都

浦和L(江戸川)●1-4

テーマ:
20分前に駅について少し走ってキックオフぎりぎりに間に合った。が、そこまでして見る試合ではなかった。
考えられないミスを同じ人間が二度もやらかしそれがゴールに結びつき前半で0-2のビハインド。
後半も目測誤りからCKに繋がりヘディングで三点目を決められ、北本にはハットトリックとなる四点目を許した。
0のまま終わるかとも思われたが木龍が押し込んで一点を返した。そのまま試合は終わり今シーズン初の敗戦となった。


90分サッカーをしていたのは大野一人だった。あとは何をしているのかさっぱり。あれだけ中盤でボールを持てなきゃゲームは出来ない。選手もそうだけど監督の采配にも疑問を抱かざるを得ない。浦和との相性を考えたら永里優季がスタメンで良かったのではなかろうか。そして一番の疑問が交代。永里投入はわかるけれど何故に下がったのが近賀?前半大野の次にサッカーをしていたのは近賀だったのに。三点目に繋がったCKも亜紗乃の対応次第では防げたもの。普通に近賀右SBでいいと思うのだけれどいつまでテストしてるんだろうか。


そんな1-4の試合で一番悔しそうな表情をしていたのは後半からCBに入った中地。外す人材を間違えたのではないかと思えてならなかった。というかフルで出た人間がもっと悔しがらないと。

そういや、松林不敗神話が崩れちまった…。

大分(九石ド)●0-2

テーマ:
こちらは中3日で向こうは中6日。この時点で半分勝負は見えていたもの。同じ条件で鹿島にホームで敗れたがこのチームがまだそこまで至っていないということ。急にそのレベルになるほど甘いもんじゃあない。ただ、審判が協会の飼い犬だったのはいかがなものか。
次はナビスコでやられた清水。次に向けて頑張ろう。