怒る漢と削る男

FC東京を戦力外になった土肥と福西の加入が決まった。

衰えもあり塩田にポジションを譲った土肥だが、彼に期待するのはディフェンスの引き締め。FC時代に見せたスーパーセーブより印象に残っているのは怒ってDFラインを鼓舞する彼の姿。まあ、スーパーセーブがあると言う事はDFが危険なシュート打たせてるというのである意味セットなのだが、こうして怒れるGKというのは守護神ナミさん以来ではなかろうか。反応やキックで考えると高木の先発は揺るがないとは思うが、きっといい刺激になるはずだ。

高さと強さを兼ね備えた和製ボランチというのはここ数年のヴェルディには居なかった。ジュビロで磨かれた巧さもある。福西がボランチに入ることにより、外国人の補強は分からなくなった。彼がボランチの一角に入るのは間違いないだろう。

この二人の加入でFC東京との因縁というのはあまり感じない。むしろ柏戦が独特な雰囲気になりそうだ。土肥は元柏だし、福西は某掲示板じゃあめちゃめちゃ叩かれている。今から楽しみだ。


二年間チームのために頑張ってくれた金澤慎の大宮復帰が決まった。後半は出番もなかったし、大宮ユースの数少ない選手なので帰るだろうなという気はしていた。苦しい状況の中戦ってくれた事に感謝したい。大宮でのさらなる飛躍を願うのみだ。
AD

元旦国立

某掲示板にも書かれてたが、お約束のゼロサンキタ━(゚∀゚)━ッ!!

チケット買ってて良かった。これで元旦は四冠達成の瞬間を見ることが出来るか。

が、スタメンを見て一つ気になる事が。

杞憂であればいいのだが。。


さあ元旦は半袖で国立へ。
AD

ラストチャンス

平本が東京V復帰直訴も柱谷監督バッサリ


ふむふむ、やはりこれくらいの姿勢は見せないとね。これまでの行動を考えるとこれでも十分に甘いなと。そうなったのは彼の潜在能力を認めているからなのだろう。但しこれを逃せばもうチャンスは無いだろうな。

それにしても、二部から這い上がらなければいけない時期に自主トレさぼるって神経はどーなのよ?天狗になったと思われてもしょうがないでしょう。

意識の高い面々が集まった中でどうなるか。サポーターの期待に応える為・自分の為にやるっきゃないだろう。
AD

新人さんいらっしゃい

公式に新入団選手が発表された。面子を見たが、完全に闘将カラーじゃん(笑

という感想を持ったが国士舘の二人には頑張ってもらいましょう。
高木のライバルに自分の大学の後輩が入ったか。
清水の山本や磐田の松井と同年代でU-18代表に選ばれたこともあるのね。
ちょっと期待していいのかも。

ユース組は河野のみ、ってことは征矢智和はだめだったのか…。
てっきり高木駿・奥田・吉田も割って入るかなと思ったんだがな。
あーでも智和見たかった。四年後帰って来い。

そういや横浜FCも中田・須藤と、都並ファミリーが出来つつあるな。
二年後に三ツ沢で戦いましょ。
あ、勿論J1で。

まさかねえ

テーマ:
赤鹿のヘナギさんが移籍を志願してるとか。

何となく獲得に動きそうな気がするのは私だけだろうか。

哲さんは解説のとき柳沢をベタ褒めしていた記憶がある。
そして背番号13も佐藤がいなくなり空白となった。
味方を活かせるFW(ディエゴがより得点に絡む。)
となるとやっぱり動く気がする。

しかしもし来るならちょっとだけ楽しみはある。
誰も居ないのに華麗なスルーやサイクロン、そして伝説のQBKなどなど。
そういや5年前に国立でやった天皇杯(VS川崎)を見ていたのだが
完全に入ったと思う位置からキーパーにぶち当てたシーンは試合中に大笑いしたなあ。
そんな風なネタを楽しみに見るか。


まあ実際やらかしたら野次るだろうけど。

覚悟はしていたことだが

フッキが川崎に戻ることが正式に発表された。あれだけの能力がある選手だからパスを持っているチームは当然戦力として考えていたろうから、こうなることは覚悟していた。まさかこの後で完全移籍で獲得のお知らせ、とかいうサプライズはないだろう。
来シーズン彼と戦うことになるが、敵意を持つことが出来るだろうか。J1に昇格できたのは彼の力が大きい。どのチームに移ったとしても彼に対する感謝は忘れないだろう。元のチームで頑張っておくれ。

しかし大手掲示板じゃいきなり川崎と対戦という噂が。相手がジュニ・フッキ・テセ、って…昇格したてのチームには酷な話だ。


フッキが居なくなることで当然補強が必要となった。もう決まった事なので覆ることはないが、6億そのまま使えるのなら経験豊富な監督を、という思いを少し抱いたのも事実。が、来年のトップはもう固まっている。となると選手だ。ポポを獲得する噂もあるが、一人はFWだろう。残念ながらフッキ以上のFWはそうそう望めないが、来たFWとディエゴの相性がいい事を願ってやまない。残り一枠はシウバではない、と思っている。コンディション不良だっただけかもしれないが、決定機の外しっぷりを見ると、貴重な一枠にはとても使えない。試合をコントロールできるボランチが望まれる。守りは琢也さんお願いっ。


今年は移籍が多そうだ。どんなサプライズがあることやら。

浦和(夢の島)□1-1 四冠に向けて

テーマ:
得失点差でベレーザの優勝はほぼ確定。負けても優勝ではあったが、最後も勝ってリーグ戦を終えたい。選手達は勿論その気持ちだろう。そして気分良く乾杯といきたいところだ。

夢の島競技場について車から人が降りてきた。数年前の○卓っぽいな、と思ったら、何とラモス取締役だった。多摩陸以来の観戦か?来た理由は後に明らかに。


永里優 大野 荒川
     澤
 小林弥 酒井
豊田      近賀
  中地 岩清水
    松林

伊藤が外れてスリートップで臨んだベレーザ。後方からのボールを大野がはたいて左に張っていた永里がフリーで抜け出した。中に折り返したボールは大野を超えて荒川へ。シュートは山郷に弾かれた。
浦和がベレーザ陣内に攻め込み左サイドでボールを回していた。ボールが柳田に渡り、遠目のところから蹴りこんだボールは一直線でゴールに。あそこから決めるか普通、と思いつつも見事なゴールだった。
バックラインで不用意なミスがありボールをカットされる。安藤に持ち込まれシュートを打たれるがポストに救われた。あれが決まっていたら本当に試合の流れは大きく浦和に傾いていた事だろう。
今日のスリートップはテストのようなものだったのだろうか。すごく機能していた、とは言い難いものだった。永里がゴール近くに居た方が相手も嫌だったのではなかろうか。浦和相手に決めているイメージもあるし。もし、TASAKI と勝ち点が並んでいたならこの布陣は選択しなかったのかなと感じた。
惜しい場面は幾つかあったが得点には至らず前半を終了。


 永里優 大野
     澤
 伊藤   小林弥
    酒井
宇津木    近賀
  中地 岩清水
    松林

前半のプレーで脚を痛めていた柳田が退いた。浦和にとっては大きな痛手だが、こちらにとっては脅威が減った。ベレーザも動き、伊藤を投入する事で中盤に厚みを持たせようと試みた。
その二分後、ベレーザがゴールをこじ開けた。攻めて左に流れたボールを繋ぎに繋いで澤(?)が右に叩いたところを小林が押し込み同点に追い着いた。
その直後、左サイド豊田から最高のスルーパスが大野へ。キーパーを交わそうとしたが得点ならず。もし決まっていたらこのシーンだけでお金を払う価値のある素晴らしいパスだった。
その後バックラインの不用意なバックパスでキーパーが交わされ無人というピンチを迎えたがどうにか凌いだ。
左サイドの攻防から抜け出し最後は伊藤がシュートを放つも正面。
同点弾と同じような流れで繋ぎに繋いで最後は小林がシュートを放つもこれもキーパー正面。
このまま試合終了。今年のリーグ戦は引き分けで終了した。


試合後の優勝セレモニー。MOCから花束が送られた後、ラモス取締役の登場。元監督自らファミリーであるチームのお祝いにかけつけてくれたのか、と思いきや、澤200試合出場のプレゼンターだった。でも、これも凄い事。このために駆けつけたのだから。本当におめでとう。そして得点王となった大野へ花束を渡したのは、大野パパだった。恥ずかしそうにしていたのが印象的だった。

選手達は既に全日本選手権を見据えているだろう。キャプテンが言っていたようにきっと今日の試合には満足していないはずだ。それがベレーザの強さに繋がっている。狙うのは四つ目のタイトル。明後日から再びタイトルを目指して頑張って欲しい。が、明日はオフでもあるし、今日くらいは優勝の余韻に浸ってもらいたい。本当におめでとう。


疲れているにもかかわらず、待っているファンにサイン入りの写真を配ってくれた選手達。そのサインも全て手書き。練習後にマメに書いていたのだろうな。有り難い事。大切にします。

監督交代とか契約満了とか

昨日発表されたのはラモス取締役就任と柱谷監督就任。勇退するなら後任は哲さんと思っていたのでそれほど驚きはない。かといって札幌での出来を見ると期待大とは言い切れない。あれから五年。レッズのコーチ、そしてヴェルディのコーチとして経験を積んできた。この経験がどう出るか。それだけだと思う。

契約満了の選手が発表された。ここ2年に比べれば驚きは少ない。移籍金が欲しいところだが大橋は川崎にそのまま渡すのだろう。そのかわり何かがあるのかなという思いがあるのも事実。まあこれは後からわかることで。泰成はもう少し見たかった。彼が見せる縦への爆発力は忘れられない。彼なら間違いなく他のチームでもプレーできるはずだ。ピクシーに再会、なんてこともあるかもしれない。

まあないとは思うけれど、たかぼー帰ってこないかな…。

TASAKI(江戸川)○3-1

テーマ:
シーズン報告会とほぼ優勝決定戦、どちらに行くか。後者を選択した。今日の試合に勝てばほぼ優勝が決まる。一時は自力優勝もなくなって今年は厳しいかなと思われたが勝ち続けてチャンスが訪れた。ここまで来たら掴むしかない。


  荒川 大野
 澤   小林弥
  伊藤 酒井
豊田     近賀
  中地 岩清水
    松林

相手も同じボックス型の4-4-2。右サイドからクロスが入りFWの背後にフリーで大石が走ってきてやばいと思ったがシュートは枠外に行き助かった。
左サイドでボールを繋ぎ一度後ろに戻し酒井へ。右サイドを近賀が疾走する。そして酒井からでた長いスルーパスが通り近賀がフリーに、と思ったら何とオフサイド。パスを出した主将は不満げだった。断定は出来ないけれど明らかなオフサイドだったのだろうか本当に。選手が満足していないということはやはり不安だなと感じさせる線審だった。
左サイドでボールを受けた荒川がDFからファウルを貰いFKを得た。直接ではなく一度戻してからロングボールが入りファーに居た岩清水がヘディング。このシュートは阻まれたが中に居た大野が押し込んでベレーザが先制した。
その直後に岩清水が相手にボールを当ててしまいピンチに。シュートされたが自分でタックルして防いだ。危ない危ない。
TASAKI側で信じられないミスが出た。PA内でボールを持ったDFがクリア。が、これが間近に居た荒川へナイスパス。大チャンスと思ったがもっと信じられない出来事が起きた。角度も悪くなく当然自分で行くものだと思ったが何故か中へ、しかも相手にパス。あれは見ている人全員がきっとポカーンとしたことだろう。その後もハンドしたり調子が良くないのかなという印象を抱いた。
相手のFK。ロナウジー女こと山本が直接狙ったが枠外。申し訳ないが、あの位置から決められるのはホントのロナウジーニョとかフッキとかだろうなと。
澤がミドルを放ったがポストに嫌われ追加点はならなかった。


 永里優 大野
 澤    小林弥
  四方 酒井
豊田     近賀
  中地 岩清水
    松林


右サイドにいた誰かから豊田に素晴らしいサイドチェンジが通った。最後は中の選手が決め切れなかったがあの展開力は素晴らしかった。
やや遠い位置から小林がループシュート。惜しくもバーに嫌われそれを荒川が押し込もうとしたがゴールならず。その後フリーになったシーンで自らループを狙うも枠外。永里と交代した。
相手のセットプレー。ボールはファーに流れシュートを打たれこれは弾いたが最後は山本に押し込まれて同点に追い着かれてしまう。
インターセプトから久々の中地オーバーラップや酒井の猛ダッシュや四方ーン、大野のヒールリフト等、おおっ、と思わせるシーンはあったがなかなか得点できなかった。
が、ゴールをこじ開ける時が訪れた。右サイドの近賀へパスが通った。中に折り返したボールはファーへ流れ最後は永里が詰めて勝ち越しに成功した。
その後、澤の絶妙なスルーパスが大野がGKと1-1になるが、これをキーパーに当てて外してしまう。また、大野がPAライン際からセンタリング。中で待っていた四方が押し込む、と思ったがヘディングは上に外れてしまった。もう1点が欲しい。
その執念が見えた。中盤でこぼれたボールを四方がスライディングカットしてこぼれたボールを誰かがスルーパス(競り合って良く見えなかった。。)このパスに対し相手の裏へ近賀・大野・永里が飛び出した。近賀が中へパス。これを大野が無人のゴールへ押し込み優勝を決定付ける3点目が入った。
岩清水がクリアしようとしたボールのバウンドが高かったのかボールは思いっきり後ろに。これはまずいと思われたが中地が戻りどうにか防いだ。
そして試合終了。大一番を制し、ほぼ優勝を決定付けた。


後半の最初辺りまでは天王山にしては物足りないなという印象を抱いていた。自分達のミスもそうだが、TASAKIも同様だった。後半開始直後に右の阪口に出したボールがラインを割ったのを見て、どうしちゃったんだろうかと。同点になったあたりからようやくこちらも緊張感が持てた。が、終わってみれば力の差がこの結果を生んだのかなという試合だった。こちらが何本か決定機をきっちり決めていればワンサイドゲームであったのだから。

後半の二点は今年のベレーザだなと思わせるものだった。共に今年右サイドにコンバートされた近賀が得点に絡んでいる。今年の初めは、本来OHやFWを務める選手がDFって守備はどうなのだろうと心配していたが、今や大きな武器になっている。カップ戦決勝でMVPを取ったよう、攻撃での貢献が非常に高い。シーズンもほぼ終了し今年のMVPは誰か予想する時期に入るが、ノミネートされていい選手だと思う。得点王濃厚の大野が最有力候補だが、結果はどうなるか。

試合後は今日のMDPに載っていたマイケルが人気で子供達にずっと呼ばれていた。江戸川と夢の島じゃそんな変わらないから来週も来そうだな。

来週も勝ち、いい雰囲気の中、アセロラドリンクで乾杯といきたいところだ。