ナビスコ杯広島(広スタ) ○1-0

今日は自宅にて。観戦に行った皆様お疲れ様でした。大悟のCKをシトンが決めたみたい。清水戦以外は必ず得点している。ヘディングは駄目かなと思っていたけど今日は頭で決めた。大きな柱が来たなという感じ。しかし欲を言うなれば、他の選手も点取って欲しいところ。町田の出番があるかなと思っていたけれど今日はなかったようだ。次に期待しよう。


勝った事は嬉しいのですが、その嬉しさをかなり減退させたのは・・・
これ
オープン戦とはいえこんなゲームをした事を恥と思って下さい
AD

ナビスコ杯予選 川崎(味スタ)□4-4

テーマ:
フロンターレと言えば飯尾の出番が気になるところ。敵チームユニでの登場を見るのは複雑な気持ち。あまり活躍されても困るので。別の試合ならどんどん活躍して欲しいが。ちなみに選手紹介時はブーイングではなく拍手。相手チームの選手に拍手するのはなかなか見られない。しかし、今考えるとこの雰囲気にチームとしてもぬるさが出ていたのかもしれない。

 シトン 平本
 平野   大悟
相馬     山田
    慶行
 戸川 林 米山
    高木

マルクスのCK大きく流れ後方に居た山根に。そこから相手左サイドのジュニーニョに展開。ジュニーニョからのクロスに誰かがシュートし、クリアされたボールを押し込んだのは寺田。まさしくパワープレー。あそこまでセットプレーで競り勝てないのは大問題だ。しかしどうにも調子が出ない。1vs1では攻撃も守備も殆ど相手に負けていた。パスをしてもインターセプトされ、突破を試みても止められ、弾丸ジュニーニョには好き放題。そうしてジュニーニョに決められ0-2。
試合前の予測では左サイドは完全に勝ったと思っていた。フロンターレの試合を過去に見たり、また知人との談話の中で、右サイドに不安があるのかなと感じていた。しかしそれは2年前であり、時が経つと選手も代わる。長橋が長橋・改になっていたのは自分も驚いた。試合を見た当時と比べても全然動きの質が違っていた。守りも悪くないしチャンスも作れている。そんな中で相馬が長橋を倒しイエロー。FKにヘディングで合わせたのはまたしても寺田。セットプレーで同じ選手から2点も決められるのはあまり見た事が無い。近くに居た人が「こりゃ8-0もあるかも」なんて言っていたがこのザルぶり&川崎攻撃陣の連動性の素晴らしさを考えるとその可能性も大いにあるなと感じていた。ジュニーニョの突破、我那覇のポスト、マルクスのキック、そしてセットプレー時の高さ。怖さを感じたのは浦和戦以来だ。カウンターから我那覇が突破し逆サイドへクロス。これをマルクスが押し込んでとうとう0-4。史上最低の試合になるかもしれない、そういった不安を感じハーフタイムへ。

  森本 シトン
    玉乃
相馬     山田
  戸田 慶行
 戸川 林 米山
     高木

前半は全員出来が悪かった。というよりサッカーをしている人間は一人も居なかった。後半にどういう手を打ってくるのだろう。FWを交代してきた。これが他のチームであれば、経験を積ませるためとも取れるが我々の場合はそうではない。勝ちに行っていた。オジーの激を受けてか皆の動きが出てきた。前半周りと合わずにイライラしていたワシントンも徐々に自分のプレーが出来るようになってきていた。段々とペナルティエリア付近でボールを持つ回数が増えてきた。そしてエリア内を突破したところで山根に後から倒されPKを得た。これを決めて1-4。もう行ける所まで行くしかない。
左サイドでボールがラインを割りそうだったが相馬がギリギリで追いつき抜け出した。グラウンダーのパスに大悟がシュートしたボールが寺田に当たりゴール。最初はオウンゴールと紹介され寺田のハットトリックかと思ったが記録は大悟のゴール。でも、本当に寺田にハットトリックされそうだったんだよな。あの時は義成が防いだけど。右からのクロスのこぼれ球の前に居たのは山卓。シュートはポストに嫌われてしまう。
何度かピンチはあったものの林を中心にどうにかしのぎ選手は前へ前へ。平野の突破から最後は森本へ。シュートは一度止められるが押し込んでとうとう3-4に。これは行けるぞという空気が流れていた。ワシントンのキープから平野にボールが出てシュートがゴールラインを割り飛び上がって喜んだが、何とその前にワシントンのファウルがあったと判断。何のファウルがあったというのだ、何の。
ワシントンがボールを持てば何かをやってくれる。身体の強さ、巧さがあるから相手のマークがあっても打破する、そんなプレーヤー。ゴールを背にしつつマーカーを引きつけちょこんと出したボールは森本の前へ。これを押し込みとうとう同点。何というドラマなんだこれは。
しかしロスタイム、ゴール前でファウルを与えてしまう。ここで蹴るのは神様・アウグスト。この選手のFKは要注意だ。最悪の展開が頭をよぎったがシュートは宇宙開発。ゴールキックの瞬間に試合終了。無駄に止めてロスタイムを消費するなよ、山西。

試合後は「苦笑い」状態であった。前半だけで4失点したザルディフェンスに対して絶対野次を飛ばしてるんだろうなと思っていたが、4点差を追いつくなんて真似しようと思っても出来る事ではない。本当に我がチームは強いのか弱いのか分からない、けれど、ドラマを作るよなぁと。試合を振り返って気になったことをいくつか。選手が一人代わっただけでセットプレーの守備が格段に弱くなるのは困ったもの。それだけ寺田が高く、マルクスのキックの精度が良かったのかもしれないけれどマークの確認がしっかり出来ていたのかは疑問。ハットされてたかもしれないのだから。まだ動きが良くない選手が何人か居るがこれは徐々にコンディションを上げてもらうしかないだろう。今日の前半で動きが重かったがその状態で千葉戦を迎えてたらと思うとゾッとする。千葉戦まではまだ2週ある。その前にナビスコの第2節。前線からのプレスが戻る事を願おう。
AD

試合前の一コマ

今日の花粉の量は尋常じゃなかった。途中ドラッグストアで目薬買うべきだったな。先行入場でスタジアム入り。もう既にその時にベレーザ選手のサイン整理券は配布してました。いいのかなと思いつつも貰っちゃう私。今日のインタビューは戸田。次回の選手紹介の時に「ここで小林を紹介するのはありきたりな感じがするので」このコトバに何となく桐蔭組らしいなと思ってしまった。イヤーブックにて携帯のメモリに番号はあまり登録してないと言っていたが、町田の番号は欲しいらしい。
ベレーザのサイン会へ。澤、酒井、小野寺、川上、荒川の順でサインが行われていた。待っている間にベレーザ後援会の入会勧誘をしている選手の声が聞こえてきた。勧誘に借り出されていたのは舞蹴、須藤、伊藤、東山、田村の5選手。
「ただいまベレーザ後援会の入会受付を行っておりまーす」
「今ならもれなくキーホルダーがついてきまーす」
「一口3000円からでーす」
フロンターレサポーターの方も受け付けてまーす」
…っておいっ!笑ってしまったじゃないか。
いざサインしてもらう番にあまり喋る方ではないので最低限のお礼を言ったくらい。志保さんから手を差し出して頂け握手出来たのは感動。有り難いことでございます。その後ちょうど出口が後援会入会受付ブース。その時前に居た伊藤選手に入会希望を伝え、東山選手に会員証の手続きをして頂きました。あーリーグ戦早く始まらないかな。
AD

ファンタジスタ復活?

何でこんな時間まで起きて今更新してるんだ?>俺 録画してたドラマを見てたらすっかりこんな時間に。ええ、夜更かししても明日、いや、今日は早起きです。クリアファイルを貰うために。ベレーザの選手が何人か来るのも楽しみだけれど、戸田のインタビューも聞きたいな。時間が被らないことを祈ろう。

  平本 シトン
 平野   大悟
相馬     山田
    慶行
 戸川 林 米山
    高木

先日某掲示板に出ていた布陣は上記のものだった。一番注目すべき点は米山の右ストッパー起用。昨年最大の発見だったと思う。このポジションに入り彼の持っていた攻撃力が生かされるようになった。積極的に上がり、精度の高いクロスを供給し続けていた。去年のナビスコ準々決勝で決勝ゴールの前にドリブルで相手を交わしていたのを見て、こりゃぁDFのプレーじゃないなと驚いたのを覚えている。悪い意味でなく本来のファンタジスタだなと。これだけ足技が巧く攻撃も作れるDFは他に居ないと思うが、代表に選ばれない事が理解できない。やっぱりふしあ(以下自粛)ジュニーニョ対策で引き気味になるかもしれないが、ヨネの攻撃参加に期待したい。

ナビスコ杯もお早めに

土曜の試合は先着1000名にクリアファイルが配られるそうな。これはもう早めに行くっきゃない。また一つ天皇杯グッズが増えそうだ。また、ベレーザのサイン会もあり、後援会加入者も募集するそうな。選手から勧誘された日には、あっさり入りそうな私。グアムキャンプ帰りの翌々日で、夕方から練習もある中でイベントに出席される選手の皆様はお疲れ様です。そういえば公式ページではまだベレーザのページは出来ていないみたい。公式があれだけ変わったんだから期待してしまいます、ええ。

第一回チキチキ・ブログ懇親会

ブログ懇親会に参加させて頂きました。大阪のバスツアーに参加された方が多く、また、ゼロックス杯でシトンが2点目を決めた後にハイタッチをした方も居て、「あぁ、○○さんってこの方だったんだぁ」という気分でした。実際の会は和やかなムードで私はいい雰囲気だったなと思っています。勝ち試合だったらまた違う良さがあったのだろうけどそれは次回開催時にとっとくということで。本日参加された皆様、楽しい時間を有難う御座います。スタジアムや次回以降でも宜しくお願い致します。

清水(味スタ)□0-0

テーマ:
今年初めての味スタ。1969シートの席割が変わったので前の方を確保しようと早めにスタジアムへ。ごくせんでも使われたであろう橋を登る時に視界に入ったのはFC・加地の壁画。FC色出したいのは判らなくもないが何故加地、という疑問を残しつつも入り口へ。サイバーエージェントのロゴが入った旗が多く並べられている。このスポンサーは本気だなと感じた。バックスタンドの真ん中にSB指定席が出来たので1969シートの範囲を確認したが、去年自分が座ってた席は1969シートのままなのであまり影響はなくほっとした。ロープで区切っていたがあれならお子さんが走り回るのも多少は防げる、か?3代目ヴェルアナは脊山さんが有力かと思われていたが宮崎さんだった。今年一年宜しくお願いします。選手紹介で戸田の時に清水サポからブーイングがあった。清水サポがブーイングとは結構珍しい気がする。
 シトン 平本
 平野   大悟
相馬     山田
    慶行
 米山 林 李
    高木
左サイドを突破するのは相馬。開始早々に市川を抜いてセンタリング。報知では代表左サイドに平山アピール、なんてことが書いてあったが、今一番いい選手は相馬だろう。しかしあの代表には正直呼ばれてもなぁという思いもあり複雑。本人は青いユニを着たがってるだろうけれど。さて、清水だが、守り重視という噂は本当であった。ヴェルディがCKの時には何と全員が自陣PA近くに居た。守って左のチェテウク、右の太田がカウンターを仕掛けるというものであった。一度はまってしまい太田にクロスを供給されチョジェジンにヘディングを許したが枠の外。これが前半最大のピンチだった。あとはほぼヴェルディが支配していた、というか相手が自陣でプレーしていた。新人を多く補強した清水だが、山西の獲得はヒットではないか。攻撃面ではあまり目立つ事は無かったがインターセプトが結構ありまずまずだったと思う。そうなるとヴェルディは相手の右を崩そうとする。林から相馬へ面白いようにフィードが通る。相馬専用カメラでもあるんじゃないかというくらい相馬の位置が分かっていた。クロスから大悟がヘディングするもフライ。一番惜しかったのは右サイドの山卓から左足でクロスが入り一樹がヘディングしたシーン。惜しくも右に外れた。もうヘディングに関しては期待しない方がいいのだろうか。
 シトン 森本
 平野   大悟
相馬     山田
    林
 米山 李 戸川
    高木
捻挫していた慶行がハーフタイムで退き、後半から戸川が久しぶりに登場。慶行の怪我を考慮したのと、林を一列前に上げて攻撃を作っていきたいという狙いがあったのだろう。復帰明けの戸川だが、フィードが良くなっていた。精度の高いロングボールも蹴られるようになり一歩上の段階に来たかなと感じた。清水は杉山を下げ澤登を投入。相変わらず自陣で引いている状態であったが、そんな中でも一回はチャンスが来るもの。セットプレーのカウンターから数的優位を作りチョジェジンへパスが通ったがシュートを義成が前に出てブロックしゴールを割らせなかった。これが一番危なかったシーンだ。その後はヴェルディは攻めに攻める。オーバーラップした米山が抜け出しそのまま決めたと思ったが枠の外。シトンが決定的なシュートを何本か放つもDFに当たったり西部の正面だったり。結局無得点のまま試合終了。

優勝を狙うのであれば下位チームへの取りこぼしは許されないし、勝ちたかった試合であったがサッカーはこういうもの。長いシーズン、決まらない試合もあるのかな。悪い試合では無かったと思うが、このメンバーであればもっと高いレベルの欲も出てくるもの。勝ちたかった。林と相馬の状態が良かっただけにそこから点が欲しかった。見ていてもやっていても楽しいサッカー、その楽しさを倍化させるのはやはり勝利だろう。どんどん上を目指して欲しい。



爽健美茶貰うの忘れてた_| ̄|○

時代を先取るニューパワー

こんなネタを記憶している自分はおっさんの一歩手前状態。という冗談はさておき、ヴェルディが変わってきている。サイバーエージェントがスポンサーとなり多少ネットに力を入れるのかなと思っていたが、まさかここまでのものとは思わなかった。選手作成のブログ、ヴェルサポ向けのブログ用スキン、公式ページの充実などなど。その影響があってか、サポのブログもまさにアメーバのように増殖中。JB Antenna に登録しているが、少し更新しないとあっという間に下の方、1週間近くだと下手すりゃリストに出てないというくらいに増えている(まぁ1週間も更新できない自分の状況はどうなのよ(汗))こんなにも影響が与えられるとは思わなかった。有り難い事です。

早速スキンを変えてみましたとさ。

大分(ビッグアイ)○2-1

大分とはキャンプ中に戦っている。その試合では敗れてしまった。韓国のカップ戦で優勝している。シーズン開始から飛ばそうという思いが伝わってくる。去年は低迷していたとはいえ決して油断できない。4年間開幕で勝っていないだけに今日は何としても勝たねばなるまい。

  平本 シトン
 平野   大悟
相馬     山田
    慶行
 米山 林 李
    高木
前からのプレスがしっかり出来ていて後では林と米山のカバーリングがあったため大きなピンチは阿部のシュートくらいしかなかった。この阿部選手が左サイドに入っていたのは少し厄介であった。攻撃の選手と思いきや守りもさぼることはないので山卓もなかなか突破できなかった。
先制はセットプレー。左サイドで得たFK、大悟が蹴ると見せかけて走りその後米山がシュート。これが直接入りヴェルディが先制した。
2点目は一樹から。ボールを奪いドリブル後、大悟に預け、大悟のパスから一樹が右足でシトンにパスを送り、シトンがそのまま打たず上本をかわして打ったシュートがパトリックに当たりゴール。大きな2点目を得た。

  平本 シトン
 平野   慶行
相馬     山田
    戸田
 米山 林 李
    高木

後半からピッチに入ったドドがロングシュートを放ち我々を脅かした。義成が前に出ていなくてももう少しコースがずれていれば入っていたシーン。この日の出来が今ひとつであった大悟にかえて戸田を投入。その後、シトンが抜け出してシュートを打とうとしたところで三木に倒されPKを得た。三木は一発退場。完全に我々の流れだと思っていた。ところが、まさかあのような展開になるとは・・・。
シトンのシュートは高嵜に弾かれてしまう。それでも相手は10人だ、何とか追加点が入るだろう。しかし、平本がフリーで抜けたシュートも弾かれ、数的有利の状況で平野がパスではなくシュートを選択し大きく外してしまう。前半からプレスを掛け続けて前線の体力が消耗したのか大分に攻められる。吉田のCKからマグノにヘディングシュートを決められてしまう。しかしロスタイムももう終わり、大丈夫かな、と思っていたら山卓が阿部にボールを奪われ最後はフリーのドドへ。シュートは幸い義成の正面だった。これで試合終了。最後はヒヤヒヤしながらもどうにか勝利した。

後半途中までの内容には満足しています。しかし、決める時に決めないとこういう展開にもなるということでしょう。そういった意味では賞賛すべき内容ではないでしょう。優勝を狙うのであれば10人の大分相手に4-0で勝たなければいけない試合だったのかなと。しかし、前日の雪もあり完全に満足の行く調整が出来なかったのかな、とも考えられます。来週はきっちり修正して欲しいものです。勿論選手も理解しているでしょう。

ワシントン、得点王狙えると思うのですが、PKだけはウチの神に蹴らせて下さい。