自分

テーマ:

私という人間は

ただただちっぽけで

虚しくて

馬鹿で

理屈っぽくて

 

 

本当にくだらない人間です。

 

弱くて、強ぶって 

何も出来ないくせに、出来そうなフリをして

 

自分を創って偽って

 

そんな自分に反吐がでる

嫌気がさす

 

今はただ

壊れた心に偽りの自分を被せて

この世に存在している

 

それだけ。

ただそれだけ・・・・・

 

AD

最近更新してないなー

テーマ:
タイトル通り・・・
まぁ、このブログのテーマ自体
不定期更新とか書いてるから、間違っちゃいないんですけどねw

さて、久しぶりにちょっと思ったことでも書いてみます。

なんか、テレビで動物愛護団体がどうのーでジェニファーロペスに毛皮着るなとか、肉を食べないで野菜を食べようとかって言ってたのですよ。

で、私はその時ふと感じたのですが

植物愛護団体はいないんですか!?

動物を愛護しようって考えの人間が集まって、肉やら毛皮やらを取るなって言うのは、私の意見だと正直自己満足レベルだと思うんですが。
絶滅危惧種を救うとかって理由は私は嫌いじゃないですね

しかしながら

じゃぁ植物だって同じじゃないか?

生き物って点じゃ動物も植物も同位置にいるんじゃないでしょうか
植物にだって絶滅種は沢山ありますし、森林伐採とか騒がれてるし
植物は環境保護団体の専門なのでしょうか?

動物保護を目的とするなら、植物も搾取しちゃいけないんじゃないでしょうか?植物と動物が共存する世界がいわゆる自然なのですから。

その辺の矛盾ってか曖昧さがどうも引っかかったわけで・・・・
そもそも動物って何処までの範囲なんでしょうか
肉を食べるなーって言うけれど
じゃぁ

昆虫は?
昆虫はまぁ主食には滅多にしませんが、昆虫も絶滅危惧種は半端なくいるはず。
俗に言う動物は鳥、哺乳類、爬虫類
を指すのでしょうかね?
もし、この定義で動物愛護とか言うならばすさまじく中途半端というかなんというか・・・・・

結局何を守りたいのかさっぱりです。
自然?絶滅危惧種?環境?世界?
(*'-')?


ってもまぁ海外のニュースだったんで
一部の過激な人間がいるんだなぁー程度の関心ですが
本来の動物愛護団体ってのは
「捨てられたペット」
「動物の虐待」

等を扱うようですね。



それにしても
毛皮を着るなとか肉食べるなって

何も超有名人捕まえて言うこともないんじゃないかとか・・・・・


結論

バランスのいい食事を心がけましょう!


AD

続・ドラクエ8は何故面白いか

テーマ:
さて後半ですw

RPG三本柱

5-1:ストーリー
三本柱の一つ、RPGにおいて絶対的に必要なものです。
考察4に書いたとおり、ドラクエは王道中の王道のストーリーを演じていきます。王道故のシンプルさが「冒険している」という感じを引き立て、よりゲームの世界に入り込む要因になるのです。

5-2:バトル
さらにRPGの主要部分として、戦闘があります。
敵があらわれ撃破していく、その爽快感と緊張感がRPGの大切な部分です。
ドラクエの戦闘システムは非常にシンプルで、コマンドを選択して後はオート、ターン制なのでコマンド選択中は何もしなければ動きませんw
FFや他のRPGの戦闘はリアルタイムであったりタイミング合わせであったりと様々な技巧があり、それはそれでとても面白いです、が、ドラクエのシンプルで誰にでもわかりやすいシステムは遊ぶ人間を選ばない、こその楽しさがあり。さらに、実は非常に奥深く、自分の運の要素も結構大切になってくるので中々シビアだったりもします。

5-3:キャラクター
そして、最後に重要なのがキャラクターです。
先にも説明したように、ドラクエの主人公は自分というキャラクターです。
それをサポートするキャラクターが大切です。
ドラクエの場合は実質4からキャラクターが立ってきました。ドラクエはそこまで沢山のキャラを登場させないので、それぞれの個性が際立っているのだと思います。また、今回の8はキャラクターがより生き生きしていて、それぞれの個性が非常に良く出来ていると思います。


6:ドラクエという土台
発売するたびに行列、400万本突破と非常に強力なネームバリューを持っているゲーム。しかし、基礎は全て1からの継承であり、よりよい形に昇華していく。
この絶対的な土台が決して衰えないところがドラクエが継続的に面白い由縁であると思います。


取り合えず:結論
シンプル故に面白い、単純故に深い、王道故に感動する
ドラクエの面白味はこの原則に忠実であり、そこからさらに新しい物へと発展させていく所だと私は思います。


といっても、正直理由なく面白いというクオリティに達しているのだと思いますw
何はともあれ、(ノ゚Д゚)ノ ドラクエオモシレー
AD

ドラクエ8は何故面白いのか

テーマ:
やっとこさクリアして今は隠し要素を堪能しているといった感じです。
今回のドラクエは何故面白いのか?それを私なりに検証してみる。

1:RPGの原点
ドラクエの名前くらいは誰でも聞いたことがあると思います、がRPGって言うのが何か判らない人は結構いるかと思います。
RPGとはロールプレイングゲームの略で、プレイヤーがロールするゲーム
つまり、役を演じるゲームということです
キャラクターを操作し、自分の赴くままに行動することができるのがRPGの基本理念でしょう。

2:RPGの究極目標
これは既に実現されているのではないでしょうか。
最近のネットゲーム市場の巨大化により、MMORPGという大規模オンラインRPGがメジャーになりました。キャラクターを自分が自由に操作し、さらにチャットやキャラクターの強さなど全て自分好みに創っていく、仮想現実世界に仮想自己人格を作り出すのですからまさにRPGの究極目標と言えるでしょう。

3:しゃべらない主人公
では、ドラクエが他のRPGよりも爆発的な人気を得る理由はなんでしょう。
私はこう考えます。
RPGをプレイするうえで、絶対的に必要なものがキャラクラ-への感情移入でしょう、自分が操作するキャラクターに情が無ければ面白味もありません。
ドラクエと並んで代表されるファイナルファンタジー、こちらのゲームは主人公や他キャラクターの名前は最初から決まっていてしかも頻繁に会話します。
が、ドラクエは主人公の名前は自分で決め、主人公は絶対にしゃべらないスタンス、一見人気声優などを起用できないデメリットを持っていそうですが、実はこのスタンスがドラクエがRPGの理に沿っているのだと思います。
自分の考えを問われるときは「はい」「いいえ」のみの選択で、他では一切しゃべらないけれど、だからこそプレイヤーは感情移入しやすいのです。
プレイヤーの意思とは裏腹に違うことをしゃべりだしてしまったらそれは別の存在になってしまいますからね。
故に、ドラクエはプレイヤー=主人公の図式を形成しやすいのです。

4:王道中の王道
世界を征服しようとする魔王が現れて、それを倒すべき選ばれた勇者が立ち上がる。そんなどこにでもありそうな道筋を完全に別物で毎回繰り出すドラクエは、年齢層を気にせずに正義と悪の戦いを純粋に楽しめるのだと思います。
ストーリーの深さで言えばおそらく他のゲームの方が遥かに深みがあるのだと思いますが、ドラクエのシンプルさが幅の広い年齢層にうけるのだと思います。


とまぁ、こんな考察をしてみました。
まだ続きがあるのでまた明日行こうにw