立春も春まだ遠し | 田中トシオのあったかぁい元気

立春も春まだ遠し

3日の節分4日の立春 北の国では吹雪の中 春は名のみ。

東京も大雪注意報だったが 幸い大混乱にならなかった





朝起きたら雪はほんのり残ってた 但し寒さは厳しく 庭の梅の木は
水滴が凍り付き 朝日に透けて花が咲いたようにキラキラ光ってる


            

土も凍りつき 厳しい寒さのなか ようやく花が開き始めた水仙が 必死に倒れまいと踏ん張っている




けれど春の訪れ 啓翁桜だろうか 友人から届いた桜がようやく満開になってきた


昨年いだいたシクラメンもまだまだ花は咲きつづけていいる



冬のあいだは 鳥のエサがなくなるので幾つかのエサ台と水を置くだけで沢山の野鳥が集まってくる


ツグミの仲間 尾長 すずめ しじゅうからなどが来て

梅の花が咲くころは 鶯やメジロも来て心和むひとときになる


あとひと月すればやわらかな日差しが大地を温め それを合図に花が一斉に開きだす


あっという間に冬は通り過ぎるが 春もまたいっせいに過ぎさっていくだろう


そして1年はあっという間に終わる。


田中トシオ