やっぱり外車は国産よりカネがかかる | モトグッチV7Ⅲ Stoneとの日々

モトグッチV7Ⅲ Stoneとの日々

1970年生まれのおっさんライダーが初の二輪外車で感じたことを綴る。

ここ数日、真面目にグッチを降りようかどうしようか悩んでいた。その理由は、金がかかるから。どういうことか。

 

今回16000kmを超えて、一年点検という形でオイル交換とエレメント、エンジンのバルブクリアランス調整が入り、合計で6万円弱かかるという。

カネバンでの見積もりはオイル、フィルター交換、とバルブクリアランス調整、交換部品がヘッドカバーガスケット、ヘッドカバーボルトガスケット。もしかしてエンジン開けてみて何か不具合があったら、もっとかかるかもと言われていた。

うーん、完調を手に入れるためとは言え、車検ではない時期の6万円は、サラリーマン(お小遣い制)としてはちと痛い。いや、正確に言うと整備代だから家計費から捻出してもらおうと思っているけど、6万かかるというのは言い出しにくいし、少し気まずい・・・。

 

走行距離にもよると思うけど、バイクを置物として飾ってるわけではないので、これからも距離が進むと思う。そして、その度にエンジン開けてバルブクリアランス・・・っていうことになり、6万からのお金がかかってくるとさすがに自分の感覚から言うと趣味とは言え、小遣いの中で遊ぼうという範囲を超えてしまう。

 

うーむ。

多少わかってたとは言え、壊れたわけでもないメンテでお金がかかるというのがわかると俄然気が重くなってくる。やっぱ外車だわな。イタ車のクルマ(マイカーのパンダ4✕4)よりメンテにお金かけてる気がする。

 

グッチを乗り続けるのに解決策はないか?

 

カネバンはディーラーだから多少金額が張るとして、じゃあグッチの専門店とかはどうなんだろう?

杉並の「モトグッチ・リパラーレ」

 


とか、今後試しにオイル交換でも行ってみようか?

それもありだけど、オイル交換、エレメント交換くらいは自分でやってみようか。外車だからもう自分でメンテするのは止めにしようと思っていたけど、維持費を考えるとそれくらいはやってみるか。

エンジン開けて・・・まで行くとちと考えちゃうな、グッチのエンジン、ヘッドカバーなら開けやすそうだけど。

 

ま、いずれにしてもお金がかかっちゃうようなら、やっぱり身の丈に合った国産に戻った方が良いのか?ということも本気で考えてみた。実のところを言うとあと4年くらい残債があるので、衝動的に売っぱらってしまえ〜とはならないので、もちろんまだ乗るのだけど、人生何が起きるかわからない。いつものように青写真だけ描いておこう。

 

改めて、自分のバイク選びの条件(趣向)を当てはめてみる。

・2気筒エンジン

・V型(Lでも良いけど)なら尚良し

・できれば空冷(無理ならこだわらない)

・急かされないエンジン(ゆっくり走っても楽しい)

・タンク容量が多い方が良い(ロングツーリングしたいしね)

・あまり手間がかからないバイク(FI車が好ましい)

・荷物が積めるバイク

・リアキャリアが付けられるバイク

・峠道でも楽しいバイク(セパハン付けられると尚良し。クルーザータイプは嫌い)

・疲れないバイク(ふかふかシート、長距離乗れる)

・今はまだ重たくても401cc以上(高速で100km/h巡航が辛くない)

・できればシャフトドライブ(国産じゃ無理か)

・車重200前後(軽ければ軽いほどよい)

・シート高800mm以下

・で、ここに国産であることを入れる。

 

さぁ、チョイスしてみよう。

『ホンダ GL500』!いきなりネタ枠ですね(笑)。日本車で縦置きVツイン、シャフトドライブ!完璧ですけど、リアル昭和バイクでタマもなければまともに走らせるのに苦労しそうね。今の時代日本車でこんなの出ないね。今売ってたら95点(笑)。

 

次、『スズキ SV650』。水冷、タンク容量が14L、シャフトドライブではない(これはしようがない。シャフトに限るとFJ1300とか、ゴールドウイングになっちゃうしね)、あとケツが痛くなりそうなシート。ちょっと急かされるエンジン。ださいメーターフードとマフラー。この辺がいまいちね。一度「X」に乗ってるからイメージは出来る。意外性はないけど安心感はある。満足感は減るかな〜。75点。

 

『カワサキW800』。空冷、良いね、タンク15L、車重は220kgくらい。エンジンはバーチカルツイン(パラツイン)だけどクランク角たしか360度だったよね、乗ったことないな。セパハンは・・・似合わないかな〜。これの「カフェ」はイマイチ好きじゃないんだよね。このままのポジションで峠行っても楽しいなら、これはこれであり。デコラティブとか文句言ってたけどしようがない。80点。

 

同じカワサキだったら『Z650RS』。これ、Z900RSが2気筒だったら良いのに!って僕の妄想が現実化したやつ。Z2をこじらせてる自分としては、この格好でサスが2本出てなくてもこのまま出るんだったら欲しいな。ザッパーが4気筒じゃないと認めないなんて言う人もいるけど「ZAP=風を切る擬音」、軽快に走るスポーツ車の意味というなら4気筒じゃなくても良いだろう。完璧だと思うこのバイクだけどZ650・・・ニンジャ650と同じエンジンだとするとカワサキのパラツインはクランク角180度で眠くなるんだよな(笑)。そして、回るエンジンだから急かされるんだよね。結果、高速巡航とか長距離走ると良いんだけど街なかはVツインとか270度クランク角の方が楽しいんだよね。スタイルがすべてでも良いんだけどさ。もちろんセパハンも似合うし。

「Z900RSが買えなかった奴」という見られ方をしつつ、「わかってねーなー、俺はツインが好きなんだよ」とほくそ笑みながらサラっと乗るのもオツではある。90点!!

 

『ヤマハSCR950』。この空冷Vツインに首ったけ。一度試乗したことがある。乗った時に「なんじゃこのバイクは!?」とビックリした思い出がある。故障してんのかと思ったのだ(笑)。ドカドカと揺れてバラバラになるかと思った。でも、今になって考えるとクセになるというか、何というか。その時はこのバイクだけは「ない」と思ったんだけどね。ただ、重い。自分が気軽にオールマイティーに乗ろうと思うと用途と違うんだよな。このフレームとエンジンを使って220kgでスポーツバイクだったら最高なんだけど。改造しても良いか?とも思うんだけど「お金がない」という出発点から始まってフルカスタムは現実的ではない。65点。

 

ツインではないけど、『ホンダ GB350S』。20馬力のシングルで満足できるか?特に高速道路。もし、高速乗って「これで良いじゃん」という感想になるのであれば、一番現実的に最有力バイクになってしまう。いや、しまうというのは語弊があるな。これで満足というのであれば幸せなのかもしれない。空冷だしね。70点。体力がなくなってきたら相対的に点数上がるバイク。

 

あ、またネタバイク。『ヤマハ XZ550』。これ、水冷だけどVツイン。シャフトドライブなんだよね。丸目ライトにしてセパハンにしたらかっこ良さそう。ただ、モノはないし、キャブだし、こんなのいじってたらキリないけど。あったら90点

 

あ、『ヤマハ SRV250』・・・まだ言うか(笑)。これなら遅くても許せるかな〜。250だけど。点数は付けませんが、欲しい。

ま、いずれにしても手のかかる旧車は現実的ではないか。

 

あくる日、更に悶々としてカワサキEX-4でお世話になった東松山の『プラスワン』のWEBサイトを見てみた。

 

V7の残債残ってるけど、カネバンに30万くらいで引き取ってもらって、こっちに乗り換えるか。SRXは・・・さすがに古すぎるか。イナズマでもW650もあるじゃん。なんだったらZZRでも良いか、と正常な判断ができません(笑)。モードに入ると本当に発作的にやりかねないからなー。クルマは1台をずっと乗ってるのにバイクはどうしてこう色々乗りたくなるのだろう。

 

ふと、冷静になる。いやいや、6万円のためにバイク買い換えるか?まぁ、たかが6万円、されど6万円。息子と娘がこれから教育費がかかる時になって、これは真面目に大問題なのだ。予想される夫婦の会話の展開は

「○○の学校にこんなにお金がかかるのに、また整備代?もうバイクなんて降りれば?」

なんてことは避けたい。グッチにも乗り続けたいが、バイクからは降りたくない。

 

そして、先日カネバンから電話がかかってきた。

「良い子だったので、他に不具合なくて6万円切りそう」

だそうで。まだ引取りに行ってないが、その一言で心がフッと軽くなった。6万円より越えるか越えないかで良い悪いでもないんだけど、何なんだろうね。

 

ま、どのみちこれからも距離を乗ればそれなりのお金が出ていくのは目に見えている。

ずっと前にblogに書いた「島に行くかも」というセンは立場を考えて来年はおそらくなさそう。真面目に行くとしても再来年。

本当だったら友人に預けて、島には小さいバイクを持っていって、と考えていたけど、「本当に島に行くことになったら」今まで頭にもなかった「一度モトグッチは卒業して、カネバンに戻すかもしれない」ということが選択肢の一つに入ってきた。

 

で、数年後帰ってきた時に購入するバイクは国産になるかな。バイクを降りないという選択が筆頭にくるなら。

その時にZ650RSなのかSV650なのか、はたまたGB350なのか、少し古い中古を物色するのか・・・。自分でメンテして少しでもランニングコストが減るならばV7は乗り続けたいのだけど。終のバイクと考えていたグッチだが、ちょっとわからなくなってきた。

お金をかけないで維持する方法・・・みなさんはどんな工夫をしているのだろうか。

 

ただね〜。

こないだ、友達のドカと走ってたのだけどやっぱりどのバイクと走っても、走行性能は負けてても一緒に走って引けを取らない存在感がグッチにはあって好きなんだよなー。

結局、色々と考えるのだけど、悔しいかな今の自分の用途に完璧にマッチ、そして満足感を与えてくれているのはモトグッチV7なんよね〜。100点なんだよね。これが国産で出てたら良いのだけど。ぐぬぬぬ・・・。

 

お金の問題が解決できるのならずっとグッチに乗りたいのだよ。もっと稼ぐしかないか(笑)。

バイクの悩みは尽きませんね。