包み結び 櫻撫子のブログ

包み結び 櫻撫子のブログ

包み結びから知る和の伝統文化



和紙や水引、花結び、折形のデザインを取り入れたラッピング、風呂敷の新しい使い方など日本の「包む」ことと「結ぶ」ことを中心に、和の伝統文化を現代の暮らしに活かし、未来に伝えていけるようなアイディアを提案しています。





🌸「包み結び 櫻撫子」は、登録商標です。

🌸和の「包むこと」と「結ぶこと」を通して、日本の文化を学んでみませんか?

🌸ただ今受付中の公開レッスン(詳細は上記の「レッスンのご案内」からお入りください)

 ☆小津文化教室   
  
  ◎折形 入門・初級講座 暮らしを彩る「折形」(全24回)
   毎月第3火曜日 12:30~14:30
   2年間24回の講座で折形の基礎をご紹介致します。
   どの月からでもご参加いただけます。

   7月期
   9月18日(火) 略式紙幣包みなど

   10月期
   10月16日(火)小物包みなど
   
   11月20日(火)食を彩る折形、かいしきなど

   12月18日(日)鶴のお年玉包みなど

 ☆LaLa Club    
 
  ◎ラッピング講座
   10月12日(金)10:30~12:00 ハロウィンでも大活躍マチあり袋

  ◎和の結び講座
   11月9日(金)10:30~12:00 「紅葉」を楽しむ結び

  ◎和の包み結び講座
   12月14日(金)10:30~12:00 詳細は11月

 
🌸ラッピング講座、ラッピング企業研修、風呂敷講座、折形講座、和の包み結び講座などの
  出張講座、グループ講座も行っております。
  お気軽にご連絡下さい。

須田直美へのお問い合わせ

テーマ:

9月の室礼のお稽古のテーマは「お月見」。

 

今回も手ぬぐいを入れた趣向で。

 

私のテーマは「仲秋の名月・十五夜のお月見」でございます。

 

〜お月見〜

 

ススキを生けた花瓶の下に秋草紋様の手ぬぐいを♪

 

〜光琳秋草の手ぬぐい〜

 

今回私が使った手ぬぐいは、東京国立博物館所蔵の重要文化財 尾形光琳筆「白綾地秋草模様小袖」の紋様をデザインしたもの。

 

ススキに秋の花を添える趣きで、萩やききょう、小菊が描かれた手ぬぐいを使ってみました。

 

〜不思議な画像〜

 

部屋の照明器具が「上弦の月」のように写ってしまいました…(^_^;)

 

〜芋名月〜

 

仲秋の名月は芋名月とも言われ、お芋の収穫を感謝する行事です。

 

秋の果物の梨とサツマイモとサトイモ。

 

十五夜の「五」にちなんで、お団子は5個。

 

後で、作りものの赤トンボもお団子の上に♪

 

〜本日の直会〜

 

梅花亭さんのお菓子。

 

銘は確か、「お月見」だったと…

 

満月と餅つきするウサギの意匠、見た目もお味も大変よろしゅうございました〜♪

 

ちなみ今年の仲秋の名月は9月24日…

 

 

ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

 

保存保存

保存保存