キッズ大陸よこはま中川園の入園式。

国際バカロレアのPYP(Primary Year Program)の認定取得状況についての共有と、バカロレア教育がどういうモノなのかを簡単に説明させてもらった。

 

教育は、二つの流れがいま存在している。

一つは、正解がある、従来の、受験教育。

もう一つが、正解がない問いについて取り組む、探求スタイルの教育。

国際バカロレアは、後者。

言葉を変えると、アクティブラーニング。文科省が推進する教育スタイルだ。

 

おそらく、5〜10年単位でみれば、教育の世界も変わっていくのだろう。

しかし、急にはかわりそうにない。

 

追伸

その後、園のスタッフミーティングで、園内でのマナーや施設の使い方、コミュニケーションスタイルについて、スタッフ全員で、Essential Agreement を作成。

バカロレア教育が、園運営にも活かされています。

自分たちで決めたルールは、上から与えられたルールよりも、責任をもって遵守できる!

 

さらにその後は、歓迎会!

園のなかで、お酒を少々いれながら、新人の歓迎!!

いい空気。

良い一年になる予感!