シリーズ Dr. つるきりの診察室 (症例 17 長期経過例 平行型希望例) | Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

元つるきり形成・皮フ科 院長、鶴切一三(つるきりかずみ)
JSAPS美容外科専門医のブログです。

現在はフリーランスDr.として
 火曜日に JR錦糸町のティーズクリニック、
 水曜日に 銀座すみれの花形成クリニック
 に勤務しています。


テーマ:

4年前に他院にて平行型二重を希望し埋没法を受けました。

切開法で平行型二重を希望して来院。

軽い蒙古ひだがあるのがわかります。

平行型二重にするための目頭切開は希望していません。

 

術前の状態です。

 

 

埋没法で作った平行型の二重が消え、末広型になっていました。

 

デザインです。

 

 

平行型二重の目頭側のスタート点は瞼縁ラインの延長線より

3ミリの高さに設定、眉毛側の上縁部は9ミリとし、皮膚切除幅

は4ミリとしました。

術中腱膜を露出し、White Line(腱膜の本体部)の前面で目頭

から目尻にかけて横切開し、腱膜を前転しやすくします。

平行型にするために目頭側の瞼縁側の眼輪筋を半月状に残

します。残す量は内眼角の角度により調整します。

これを包み込むように横切した腱膜と眼輪筋の筋層の上部と

を縫合します。

これは新しく作った平行型のラインが蒙古ひだに勝つためです。

ほかの部分は腱膜と眼輪筋の半分ほどを目尻まで縫合します。

こうして新たな平行型の折れ曲がりラインを作ります

この方法は 以前にも話しましたが、私のオリジナル法です。

 

術後1週間目の状態です。

 

 

右の平行ラインは蒙古ひだに勝っていそうです。

 

術後1か月目の状態です。

 

 

 

平行型になっています。

 

術後3か月の状態です。

 

キレイな平行型の二重になっています。

これは、右側の内眼角の角度の広さに影響されます。

 

術後2年6か月の状態です。

 

 

2年以上過ぎても平行型二重が保たれています。

閉瞼時も縫合ラインがどこにあるのかわかりません。

自然にできた二重の人の瞼と同じに見えます。

 

しかしこのような平行型を作ろうとしても、蒙古ひだの程度や、

内眼角の広さの違いで、左側は目頭側の二重幅の狭い

「わがまま二重」になることがあります。

 

この時に左右差が気になっても、自然な形なので、左側の目頭

切開は基本的には勧めません。

 

 

  *画像の加工はしておりません*

 

手術料 :  修正手術  39万円

        初回手術  36万円

 

リスク  まれに二重のラインが浅くなることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つるの二重まぶたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ