シリーズ Dr.つるきりの診察室 (症例 15 長期経過例 他院修正) | Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

元つるきり形成・皮フ科 院長、鶴切一三(つるきりかずみ)
JSAPS美容外科専門医のブログです。

現在はフリーランスDr.として
 火曜日に JR錦糸町のティーズクリニック、
 水曜日に 銀座すみれの花形成クリニック
 に勤務しています。


テーマ:

以前 他院で2回埋没法を受けたが二重が外れてしまいました。

来院時広すぎない、狭めの平行型の二重を希望していましたが、

シミュレーションしているうちに、 目頭側の二重幅の狭い

「わがまま二重」に希望が落ち着きました。

 

術前の状態です。

 

デザインです。

目頭側のスタートは内眼角の瞼縁の延長線から1.5ミリとし、

眉毛側の切開線の中央部(瞳)は瞼縁から10ミリ、切除幅は

4ミリ、外眼角部の瞼縁からの距離は4ミリとしました。

黒目(角膜)の内側から内眼角までの眼輪筋を半分ほど残しました。

これは蒙古ひだの影響を和らげるためです。

内部処理は腱膜を露出し、眼輪筋との付着部を横に切離し、切離

した腱膜と眼輪筋の2分の1層を縫合固定しました。

 

術後1週間目の状態です。

 

術後1か月目の状態です。

開瞼時の二重の食い込みが目立ちます。

閉瞼時は縫合ラインは目立ちますが、へこみはありません。

 

 

術後3か月目の状態です。

だんだん自然な瞼になってきました。

目頭側の幅の狭い「わがまま二重」になってきました。

 

術後6か月目の状態です。

開瞼時も閉瞼時も手術をしたとは思えないと言われました。

 

術後1年6か月目の状態です。

きれいな「わがまま二重」になっています。

術後6か月目と二重幅や黒目の大きさ(瞼裂高)は、ほとんど変

わっていません。

術後半年すると二重幅や形は変化しなくなります。

ただ 40歳前後になりますと、加齢変化で目じり側の二重幅が

狭くなりますので、経験的に平行型二重やわがまま二重の手術は

20代の方に適応と考えています。

40歳以上の方は先ずは眉下切開をお勧めします。

 

 手術料 : 初回手術 36万円

 修正手術 39万円~42万円

 リスク  : 左側の瞼は時に末広型に変化することがある。

                    まれに二重のラインが浅くなることがある。 

 

 

 

 

つるの二重まぶたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ