わたしが行っている 「切開法二重」について | Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

Dr.つるきりの二重まぶたのブログ 

元つるきり形成・皮フ科 院長、鶴切一三(つるきりかずみ)
JSAPS美容外科専門医のブログです。
現在はフリーランスDr.として
 火曜は JR錦糸町のティーズクリニック、
 今年2月から
 水曜に 銀座すみれの花形成クリニックに勤務します。


テーマ:

わたしが行っている切開法の特徴は


1)挙筋腱膜眼輪筋縫合固定術です。これは自然なまぶたの動きを再現するため、天然の二重の目頭から目尻までの組織構造を再現し、患者さんの希望する二重瞼を作ることができます。


2)そのためには、目頭から目尻までの全切開法が必要です。なぜならば瞼の中央の構造と目頭側や目尻側の構造が違い、また瞼の厚さは2倍以上違っているからです。

このことを理解したうえで、それぞれの部位で挙筋腱膜と眼輪筋を縫合固定します。最後に皮フと皮フを縫合します。

この方法ですと縫合ラインのへこみ・くいこみはできません。その結果 自然な二重ができるのです。


3)原則的に皮フ切除を行っています。切除幅は2~4ミリ程度です。

皮フ切除を行うことで、ぼってり感のないスッキリした二重ができ、二重が長持ちします。

「皮フを切除すると、瞼が閉じなくなるのでは?」と患者さんからよく質問されますが、大丈夫です。

チェック方法は 切除幅の皮膚をつまんでも、瞼が閉じていればO Kです。


この手術手技では 末広型でも平行型でも皮フ切除を行っています。

この方法ですと 蒙古襞(もうこひだ)を残したままで平行型二重を作ることができます。

目頭切開をしなくとも自然な平行型の二重が作れます。

かわいらしさを残したままで。


また 他院での重瞼修正には欠かせません。

他院で行った埋没法の糸も皮フ切除幅の範囲にあれば、同時に取り除くことができます。

他院で行った切開法でも食い込んだ、へこんだ傷を取り除きながら希望する二重を作ることができます。


4)程度の軽い「腱膜性眼瞼下垂」も改善できます。


5)術後6か月すると二重の幅は安定します。

しかし次のタイプは二重幅が狭くなることが最近わかりました。

それは顔の骨格が欧米系の人 見方を変えればおでこが出て奥目の人です。目頭から目尻まで腱膜と眼輪筋をしっかり縫合固定しても、時間がたつと埋没法と同じように固定部に負荷がかかりやすく、固定位置がずれるようです。この変化を起こす可能性高いのは、眉毛の位置が高い側です。


つるの二重まぶたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス