今日はとってもパワフルな方にお会いしました。

 

宮澤洋子さん。

 



「つながろう北海道」をはじめ

コミュニティづくりに30年以上携わっている方です。

 

世界平和や地球環境を守る活動の支援にも

力をいれています。

 

尊敬する大学の先輩、秋山財団の秋山理事長のご紹介で

はじめてお目にかかりましたが

「子育て支援に力をいれていきたい。

小学校に何の申し込み手続きをしなくても入学できるように

保育園に誰もが入れる仕組みを作りたい。

保育園を個人で探し申し込み手続きをしなければならない時代を

終わらせたい」

という思いに賛同してくださって

沢山のつながりある方々をご紹介くださいました。

 



お会いする前、今日の昼に、24条町内会を

商店街組合の小泉理事長と一緒にまわりましたが

そのときにお会いしたお店の女性も

「保育園選びが大変だった」

とおっしゃっていました。

 

やるべきことがクリアになっていきます。

 

勿論子育て支援以外にも数多くの課題がありますが

私が社会を変えたいと思った原点が子育てだったことを

今回思い出しました。

 

子育てが大変すぎてどうしてこんなに苦労するの?と

私自身が悩み、子育て支援を学びたくて大学院に入り研究をしたこと、

エッセイまで書きました。

 

子どもの成長とともに「子育て支援」が私個人には必要ではなくなりました。

だから声をあげなくなるんだということに

気づいたのです。

 

当事者じゃなくなるとこうなるんだ!と目が覚めました。

 

子どもを大切にする、ということは

母親を大切にすることから始まります。

 

ママファーストです。

 

母になった時、そんなに大切にされなかったような被害者感情も

思い出しました。

 

「やって当たり前」

「やらないと責められる」

 

悲しい記憶です。

 

原点に戻り活動していきます!



雨の中、一緒にご挨拶活動をしてくれた仲間たち!

ありがとうございました!




雨の中取材中に小泉さんが濡れないよう
傘を貸してくれた記者の方にも感謝申し上げます